「感情がないわけではなく、感情を知らない」林原めぐみが綾波レイを演じる過程でたどり着いた“人間の表と裏”

「感情がないわけではなく、感情を知らない」林原めぐみが綾波レイを演じる過程でたどり着いた“人間の表と裏”

林原めぐみさん

『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイをはじめ、『名探偵コナン』の灰原哀や『スレイヤーズ』のリナ=インバースなど、数々の人気キャラクターを演じてきた林原めぐみさん。ほかにも『らんま1/2』女らんまや『ポケットモンスター』シリーズのムサシなどを演じ、世代を超えて愛されている声優の一人だ。

 そんな林原さんは、自身の演じたキャラクターとどのように向き合ってきたのか。ここでは、林原さんの著書『 林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力 』より一部を抜粋して、綾波レイというキャラクターに向き合った際の葛藤について紹介する。(全2回の1回目/ 後編を読む )

◆◆◆

■感情を知らない

 今でこそ、謎めいた無口なヒロインは、数多く世に放たれましたが、当時はあそこまで言葉数の少ないキャラクターは例がなく、参考に出来る人物も見当たらず、彼女と向き合うことに途方に暮れていました。

 一言発すれば、「もっと抑えて」「言葉が出すぎている」との演出。一見「抑えて」とは技術的に声を潜めることで要求に添えるようにも思えますが、それでは彼女になることはできない。なぜ、声を抑えるのか。なぜ、言葉を出さないのか。その「なぜ」の部分が私の中で腑(ふ)に落ちないと、音には出来ても肉声にはならない。

 アフレコ現場で、庵野(秀明)監督に、彼女のひととなりについて疑問をぶつけると、「レイは、感情がないわけではなくて、感情を知らない」との指示。

「??」

 だから? どうすればいいの?

 ときどきこの仕事は、名もなき壺(つぼ)作りの職人のようだな…と思うことがあります。

「床の間に飾る、ちょうどいい感じの壺が欲しい」とクライアントに言われたとして、どんな床の間? 光は? 掛け軸は? クライアントの趣味は? あなたにとってちょうどいいとは? 

 床の間にちょうどいいとは、ひっそりと厳かな雰囲気なのか、それとも一目でお客様の目を引く美しさなのか、土は? 色は? 輝きは? …と、探りながら練りあげる。そして、修正しながら、仕上げていく。仕上がったからといっておしまいではなく、その場に威風堂々と存在し続ける役目も担う。

 最初のテレビシリーズの『エヴァンゲリオン』のアフレコは、その「ちょうど」を探すために、みんなそれぞれ、どこか疲弊していましたね。

 話が逸れましたが、改めて「感情がないわけではなく、感情を知らない」とは、一体どういうことなのか…。

 そもそも感情とは何か、どこから生まれるものか、ないわけでなく知らないということは、知っていくことでどう変化するのか――。もう出口がない迷路に入り込んでしまったような、哲学のような、ただの自問自答のような、ちょっとだけ、いやかなり、心が病みました(笑)。

 当時、レイと歩くためのヒントを、さまざまな心理学の本やスピリチュアルな本によって補おうとしましたが、あまりに学術的すぎて、有名ではあっても参考にはならなかった本も数多く、何ページも読み進めることなく断念した本もありました。もともとその手のジャンルは好きではありましたが、心や、感情や、心理なんて、人の解釈によって変わるものだし、そもそも形のないものの答えなんて、そうかんたんに手には出来ないものです。

 それでも、乱雑に読んでいく中で私なりに得たもの。それは…?

■感情とは何か――人間の表と裏

 人は?をつく生き物だということ。

 そんなことは誰でも知っている、わかっている。ただ、その?をつく相手は、なんと! 「自分」だってことです。

 自分に上手に?をついて自分をごまかして、体面を保っていることに気が付いていない人は意外と多い。っていうか、実は、ほとんど。

 わかりやすい例をいくつか。

 (1)いつも何かと「胃が痛い」と言っている人がいて、いい医者や薬を紹介しても忙しいからとか、理由をつけて一向に病院へは行かないとします。でもその人はいつも「つらい、良くなりたい、どうすれば?」と、嘆いています。でも病院に行かない、薬も飲まない。

 だとしたら…それはもう、根本的には治りたくないんですね。でもそんなこと本人に言ったら大変!

「お前に何がわかる、血を吐いたこともあるんだぞ」

 すごい剣幕で怒られることもあるでしょう。確かに99%治りたいのは本当。でも、深層心理の1%が治りたくない。治ってしまったら、「大丈夫ですか?」と気にかけてもらえなくなるかもしれない。ちょっとした遅刻やミスを許してもらえなくなるかもしれない。「1%の治りたくない」が、同じ場所に居続けさせてしまう。そして、それを本人は全く自覚していない。まさに自分で自分に?をついてしまっている状態。

 もちろん、大きな病気だったらどうしようと、怖くて行けない場合もあります。それはそれで自分と向き合えない弱さをごまかして、病院に行けない理由を並べ続けてしまう、という負のスパイラル。

 (2)彼氏と別れたい、でも出来ない。「いくら言っても別れてくれないの〜」と相手のせいにしたり、「このままじゃダメだって、わかってはいるんだけどねえ〜」と言いながら本当はわかりたくないし、わかっていない。だって、わかったら一人になっちゃうから、わからないままでいることにする。ゆえにズルズルと…。

「一人になるのがさみしいから別れられないの、私」と、自分の気持ちをちゃんと自覚しているならまだいい。ようはその自分をごまかして相手のせいにしてしまうと抜け出せない。なぜならそこを自覚して律しないと、無意識に他人を(彼氏含む)自分のさみしさを埋めるただの道具にしてしまうし、なんなら相手が変わっても同じことを繰り返してしまう…。

 (3)子どもがやりたがっているのならいいんだけれど、「この子のために!」「この子の夢なんです!」と、無理やり自分の夢を押しつけまくっているステージママなども自分の夢と子どもの夢をすり替えている。

 子どもは本当はどこかで苦痛かもしれない。でも子どもゆえに親の喜ぶ顔を見たくてある時期までは無理してがんばってしまう。ママを喜ばせたい、悲しむ顔は見たくないから、我慢してしまう。しかし、大きくなってから、ママがどれだけ良かれと思っていたとしても…子どもはつらかったという事実があったとしたら…。お互いかなりしんどい。

 (4)度を越えた彼氏の自慢、ブランドの自慢、やたらめったらあれこれ自慢。自慢にはなぜだか人が寄ってくる。「いいなあ」とか、「うらやましい」とか。そんな賞賛で心を満たして、実のところ心はすぐに渇いてしまう。ゆえに自慢が過度になってしまったり、そうしないといけない気持ちにかられてしまったりして、疲れてしまう。

 本当に充実している人は、過度な自慢はしない。良いものを紹介したり、説明してくれたりはしても、圧倒的に穏やか。

 基本、妬(ねた)み、嫉(そね)み、過度な自己肯定や他人否定の中には、自分を保つための?が隠れています。本人が気が付かない(気が付きたくないから、心が防御している)無意識な?。

 なんかもう、やんなっちゃうでしょ?

 こんなものに気が付いてしまったら、多少なりとも、いやいや、かなりの人間不信になりましたよ。そして、とどめは自分まで嫌いになってしまう自己否定の闇、病み、が待っておりました…。

「感情がないわけではない、知らないだけ」の、「感情とは?」を探す旅の途中。まだレイの心にまでちゃんとたどり着いていないのに…。

◆ ◆ ◆

 この続きは、『林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力』(KADOKAWA)に収録されています。※海外では翻訳版(英語・簡体字・繁体字)も発売中。

「そこは私の席じゃないんだ…」灰原哀役・林原めぐみが『名探偵コナン』の現場で抱いた“嫉妬のような気持ち”とは へ続く

(林原 めぐみ)

関連記事(外部サイト)