文春野球「コミッショナーだより」6月号

文春野球「コミッショナーだより」6月号

文春野球「コミッショナーだより」6月号の画像

 こんにちは。コミッショナーの村瀬です。2022年のコラムペナントレースも前半戦が終了しました。さて、今月はどんな動きがあったでしょうか。

 それではおしながきです。

1、2022年ペナントレース前半戦終了時の順位
2、月間最優秀コラム・ベストゲーム発表
3、6月期 個人タイトル発表
4、「文春野球フレッシュオールスター2022」出場選手発表

■1、文春野球コラムペナントレース前半戦終了時の順位

▼パ・リーグ順位表(7月21日 前半終了時点)
順位 チーム   ? 試合 勝 負 総HIT
1  日本ハム   16  14 ?2 18,300
2  埼玉西武   16 ? 9 ? 7 15,379
3  ソフトバンク 16 ? 8 ? 8 ? 7,199
4  オリックス  16 ? 6 10 10,222
5  東北楽天   16 ? 4 12 ? 5,337
6  千葉ロッテ  16 ? 3 13 ? 5,151

▼セ・リーグ順位表(7月21日 前半終了時点)
順位 チーム  ? 試合 勝 負 総HIT
1  ヤクルト  18  15  3 35,126
2  横浜    18  13  5 24,253
3  中日    18  11  7 21,764
4  広島    18 ? 9 ? 9 19,419
5  巨人    18 ? 8  10 12,561
6  阪神    18 ? 2  16 ?7,899

■2、月間最優秀コラム・ベストゲーム発表

◆6月期 最優秀コラム賞

6月1日 「『パパ、ちょっと残念な報告があるねん…』一緒に楽天を応援していた息子が、突然阪神ファンになった日」
東北楽天ゴールデンイーグルス かみじょうたけし

6月7日 「私設応援団“ツバメ軍団”からの引退…31年ぶりに“観戦”した名物応援団員の1日」
東京ヤクルトスワローズ 長谷川晶一

 今月は秀逸なコラムが連発されましたね。特にスタンド目線からのコラム2つが甲乙つけがたい素晴らしさでしたので、最優秀コラムに決定です。かみじょうさんは共に楽天を応援してきた息子さんが阪神ファンに鞍替えする宣言をするというせつなくもあたたかいコラムでした。もうひとつの長谷川さんのコラムは私設応援団・ツバメ軍団を引退した佐々木誠さんの一観客復帰試合と31年の応燕生活のお話。どちらもひいきのファンでなくとも一読の価値あり。

◆6月期 ベストゲーム賞

6月24日 横浜DeNA(石塚隆) 1527 ― 1019 広島(河合洋介)

 2019年のデビュー以来、3年間無傷のまま連勝記録を作っていた広島のスポニチ河合洋介さんにはじめて土を付けたのは横浜のライター石塚隆さんでした。記者とライターの違いはあれど、互いにそれぞれの強みを存分に発揮した対決は4ケタというハイスコアでの接戦となりましたが、最後は石塚さんが500HITのリードを保ったまま試合終了。今後の2人の対戦も楽しみですね。

■3、6月期 個人タイトルの発表

 続いて個人タイトル3部門の発表です。

◆6月期 首位打者

月間打率3傑 パ・リーグ
1位 .457 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 .172 原口あきまさ(ソフトバンク)
3位 .159 小笠原聖(埼玉西武)

月間打率3傑 セ・リーグ
1位 .361 三輪正義(ヤクルト)
2位 .275 岡田昌尚(中日)
3位 .257 菊田康彦(ヤクルト)

文春野球打撃10傑 パ・リーグ(6月30日現在 規定打席:3)
1位 .175 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 .136 上杉あずさ(ソフトバンク)
3位 .134 今井豊蔵(日本ハム)
4位 .080 田尻耕太郎(ソフトバンク)
5位 .074 G.G.佐藤(東北楽天)
6位 .074 林田悟志(東北楽天)
7位 .073 フモフモ編集長(埼玉西武)
8位 .071 鈴木長月(千葉ロッテ)
9位 .070 黒川麻希(埼玉西武)
10位 .069 河内一朗(東北楽天)

文春野球打撃10傑 セ・リーグ(6月30日現在 規定打席:3)
1位 .213 三輪正義(ヤクルト)
2位 .202 菊田康彦(ヤクルト)
3位 .179 西澤千央(横浜DeNA)
4位 .173 長谷川晶一(ヤクルト)
5位 .131 若狭敬一(中日)
6位 .127 河合洋介(広島)
7位 .098 ガル憎 (広島)
8位 .091 長尾隆広(中日)
9位 .066 笑福亭べ瓶(ヤクルト)
10位 .058 チャリコ遠藤(阪神)

◆6月期 本塁打王

【パ・リーグ】
1位 2170 斉藤こずゑ(日本ハム)
「『忍者麺』って何? BIGBOSSの背後の広告に秘められた物語」 (5/6)
2位 1929 山口史朗(埼玉西武)
「“入寮日に財布を忘れた西武のドラ1左腕”隅田知一郎 故郷・長崎への愛がすごかった」 (5/6)
3位 1912 黒川麻希(埼玉西武)
「価値ある“敗北”を手に帰国 秋山翔吾に今こそ伝えたい『おかえり』&『がんばれ』」 (6/22)
4位 1742 ななつぼし(日本ハム)
「『BOSSが撒いた種がジャブのように効いてくる』今季のファイターズ、負け試合でも面白い理由」 (6/2)
5位 1542 えのきどいちろう(日本ハム)
「日本ハム・吉田輝星21歳、青春を超えていけ 秋田のファンは最高の拍手でねぎらった」 (6/28)

【セ・リーグ】
1位 4250 笑福亭べ瓶(ヤクルト)
「傘を大切にするスワローズファンがカープの“赤傘企画”について思うこと」 (4/28)
2位 3737 長谷川晶一(ヤクルト)
「私設応援団“ツバメ軍団”からの引退…31年ぶりに“観戦”した名物応援団員の1日」 (6/7)
3位 3004 三輪正義(ヤクルト)
「批判の声とも向き合って…ヤクルト・中村悠平に三輪広報が思うこと」 (5/20)
4位 2531 寺田光輝(横浜DeNA)
「『俺の武器ってなんや?』万年補欠→プロ入団→医学部入学…“異色すぎる”元ベイスターズ投手の告白」 (3/31)
5位 2452 長尾隆広(中日)
「『今日は泣いていいですよー!』 20歳で開幕スタメン、中日・岡林勇希から届いたメッセージ」 (3/31)

6月のホームラン王は
パ・リーグ 斉藤こずゑ(日本ハム)
セ・リーグ 笑福亭べ瓶(ヤクルト)

◆6月期 勝利数

【パ・リーグ】
1位 上杉あずさ(ソフトバンク) 3勝1敗
2位 えのきどいちろう(日本ハム)2勝0敗
   青空百景(日本ハム)    2勝0敗
   今井豊蔵(日本ハム)    2勝0敗
   斉藤こずゑ(日本ハム)   2勝1敗
   山口史朗(埼玉西武)    2勝0敗
   黒川麻希(埼玉西武)    2勝1敗
   野島慎一郎(千葉ロッテ)  2勝0敗
   木村幹(オリックス)    2勝1敗
   田尻耕太郎(ソフトバンク) 2勝2敗
   かみじょうたけし(東北楽天)2勝2敗
   河内一朗(東北楽天)    2勝1敗

【セ・リーグ】
1位 後上翔太(巨人)  4勝1敗
   三輪正義(ヤクルト)  4勝0敗
   若狭敬一(中日)    4勝0敗
4位 西澤千央(横浜DeNA) 3勝0敗
   菊田康彦(ヤクルト)  3勝0敗
   長尾隆広(中日)    3勝0敗
   笑福亭べ瓶(ヤクルト) 3勝1敗
8位 石塚隆(横浜DeNA)  2勝0敗
   檜山靖洋(横浜DeNA) 2勝0敗
   河合洋介(広島)    2勝1敗

 熾烈な個人タイトル争いの行方にもご注目ください。

【タイトル概要】
・首位打者の目安になる打率の数字は、閲覧した数(PV数)のうち何人がHITボタンを押したかによって算出されます。
・本塁打は一本のコラムで一番多くHITを稼いだ数です。飛距離みたいなものだとお考え下さい。(1人1本のエントリーとなります)
・測定値は24時間後のHIT数ではなく、測定日時点でのHIT数。最終的な本塁打王はペナント最終日での一番HIT数を稼いだコラムに決定します。
・最多勝は対戦における個人の勝ち星です。(負け数は数えません)

■4、「文春野球フレッシュオールスター2022」出場選手発表

 7月23日(土)に行われる「文春野球フレッシュオールスター2022」の出場メンバーが決定いたしました。今年もたくさんの応募作品の中から勝ち抜いた、6人の書き手が選出です。以下ご紹介します。

【イースタン・リーグ】
ヤクルト 伊勢屋秀一(初出場)
「あの月に向かって――大杉勝男のスイングが僕を変えた」
巨人 もんぷち(初出場)
「アダム・ウォーカーの髪型とヘアバンドがもたらす今季のジャイアンツへの影響」
巨人 西尾克洋(初出場)
「元木大介が野球教室にやって来て、登戸の町も元木も大変なことになった話」

【ウエスタン・リーグ】
中日 k-yad(初出場)
「あの夏の記憶――森岡良介が紡いだ父と私の物語」
オリックス とく(初出場)
「ローズ、カブレラ…”ラ行”の選手が活躍? オリックス最強の外国人選手の名前はこれだ」
阪神 たなてつ(2年連続2回目)
「追跡調査 『イカ焼き』は甲子園球場のメニューになれるか?」

「文春野球フレッシュオールスター2022」は明日午前11時のプレーボールです。

 どうぞお楽しみに!

 文春野球はフレッシュオールスターの翌日から後半戦がはじまります。ますます熱い戦いにご期待くださいませ。

 以上、文春野球コラムペナントレースコミッショナーだより6月号でした。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/56084 でHITボタンを押してください。

(村瀬 秀信)

関連記事(外部サイト)