なぜロッテに“長距離砲”が生まれないのか 安田尚憲と山口航輝に期待

なぜロッテに“長距離砲”が生まれないのか 安田尚憲と山口航輝に期待

安田尚憲

 前半戦を46勝44敗1分、楽天とゲーム差なしの4位で終えた千葉ロッテマリーンズ。春先の体たらくを考えればよくここまで追い上げてきた……というのが実感です。

 さまざまな数字でやはり見劣りするのは12球団最低のチーム打率.225とリーグ5位の53本という本塁打数。

 マーティン、レアード両外国人の不振がすべてと言ってしまえばそれまでですが、今日はもっと根本的な部分を掘り下げたい。

 ズバリ!

 ロッテの生え抜き日本人選手で1シーズン30発以上打った選手って誰以来かわかりますか?

 なんと落合博満さんが1986年に50本でタイトルを獲得して以来、誰も記録していないのです。これは歴史の浅い楽天を除いてワーストだろうと思いきや、阪神の生え抜き日本人選手は1985年に掛布雅之さんが40本、岡田彰布さんが35本打って以来現れていない。上には上がいるものですが、阪神は佐藤輝明、大山悠輔選手のいずれかが近い将来クリアするでしょう。ロッテの現役日本人選手では井上晴哉選手が2018年に打った24本が最多。このままだと、ロッテだけが35年以上空白ってことになりそうです。

 いろいろと原因を考えたのですが、今回はあえて「試合前のフリーバッティング」を取り上げます。

■長距離打者を育てる指導とは方向性が違っていた?

 パ・リーグファンの方ならみなさんご存じの通り、福岡ソフトバンクホークスは長打力の有無にかかわらず全ての打者が試合前の練習で多かれ少なかれ全力で柵越えを狙っています。それも「本塁打は中段にある通路よりも上まで飛ばすように(PayPayドームの場合)」というのが不文律。

 これはホークスOBでもある多村仁志さんに伺ったのですが、「右打者のフリー打撃はポール外側……つまりファウルゾーンのスタンドを目掛けて打つように」という指示さえもあったんだとか。打撃投手の緩いボールをそのタイミングで打てば、実戦のボールはホームランになるという理屈でしょう。

 こうした考えは全て王貞治球団会長の監督時代(1995〜2008年)からみっちり教え込まれてきたこと。もちろん素材もあるでしょうが、結果として小久保裕紀、松中信彦、柳田悠岐、松田宣浩といった長距離砲が次から次へと育っています。

 比べてロッテはどうか?

 常時見ているわけではなかったのですが、前任の伊東勤監督時代(2013〜2017年)の練習中は、コンパクトなフリーバッティングをメインにしている選手が多かったように思います。あるいは「試合でホームランを打てない選手が大振りをしても仕方がない」という考えがあったのかもしれませんし、打球を転がしたり、右方向を狙うという練習は、より実戦的と言えなくもない。

 さらに遡ってバレンタイン監督時代(1995年、2004〜2009年)は「練習をしすぎて試合に疲れを残しては本末転倒」という指導理念が根底にありました。当時のロブソン打撃コーチはティーバッティングでおもちゃのように短いバットを振らせていましたから、飛距離云々より練習量そのものが総じて軽かった。でも、それが優勝という果実をもたらしたのですから誰も否定はできないのですが、一方でこうした長きにわたる練習スタイルの積み重ねが、ともすれば長距離打者を育てる指導とは方向性が違っていたのではないかという気もするのです。

■「全力で打つのって凄く体力を使うんですよ」

 あるコーチの方に伺ったことがあります。

「7分間、全てのボールを全力で打つのって凄く体力を使うんですよ」

 ですから、「全力で行けよ」とハッパをかけてもコーチが見ていない隙に何球か「流して」しまう選手は数多くいるんだとか。

 投手でも同じようなことがあります。これは亡くなられた関根潤三さんが仰っていたのですが、「ブルペンでストレートを投げ続けるのって、すごく疲れるんだよ。変化球を交えると、ちょっとだけ楽なんだ」。

 なかなかブルペンで最初から最後まで見続ける機会はありませんが、おそらく100球全てストレートを投げるピッチャーはそうそういないでしょう。

 しかし、ソフトバンクは柳田選手ら主力が、フリーバッティングで手抜きすることなく、フルスイングで当たり前のようにずっと打っています。すると、それを見ている若手たちは自然と全力で振り続けざるを得なくなる。その連鎖がチームの「伝統」を形作っていくんだと思います。逆に言えば強打者の育つ環境は一朝一夕にできるものではない……。

 千葉ロッテには安田尚憲という期待の長距離砲がいます。関係者によれば、「ボールを飛ばす」ことに関しては同期の村上宗隆、清宮幸太郎に決して引けを取らないと言いますし、フリーバッティングでもライトスタンドに特大のホームランを飛ばしています。

 しかし試合になると彼の打球で飛距離が出るのはライトのポール際がほとんどで、前半戦のホームラン数は2本のみ。レフトや左中間の方向はもちろん、右中間にもあまり大きな打球が飛ばないのが気掛かりです。専門的なことはわかりませんが、日々の鍛錬でそれを克服できれば、もう1人の期待の長距離砲・山口航輝選手と、故障の癒えた井上晴哉選手と合わせて30本をクリアする力は十分に持っているはずです。

 幸い、前半戦に大きく構想が崩れたリリーフ陣は東條、小野、ゲレーロ、益田の4枚にオスナという助っ人が加わったことで形が整ってきました。もちろん打線は両外国人の復調が一番ですが、加えて安田、山口の2人には今からでも新和製スラッガー伝説の第一歩を作り上げてほしい。と言っても、一足飛びに30本は打てるわけはないので、まず10本。前半戦で一番ホームランを打ったのは山口の8本ですが、日本人で早く誰かに10本打ってほしいものです。

 優勝戦線はまだまだ大丈夫ですよね。なんたって、滑り込みセーフは、ここ数年来のお家芸になっていますから??

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/55494 でHITボタンを押してください。

(松本 秀夫)

関連記事(外部サイト)