プロ入りしてから“唯一、完璧”なヒットを放った日…中日・岡林勇希が得た打撃の“確信”

プロ入りしてから“唯一、完璧”なヒットを放った日…中日・岡林勇希が得た打撃の“確信”

岡林勇希

 おぼろげながらつかんでいた自信は、確信に変わった。中日・岡林勇希外野手が覚醒の時を迎えている。3月のオープン戦で右手2本の指を負傷しながら、高卒3年目で念願の開幕スタメン。一時は不調にも陥ったが、見事に乗り越え右翼のレギュラーをつかんだ。7月の月間打率は驚異の3割7分5厘。リーグトップの好成績を残した。将来に向けて二塁守備にも着手。主力選手への階段を一段ずつ昇り始めた。

 天真らんまんな振る舞いは、首脳陣、チームメート、球団関係者、メディア、ファン……なぜか皆をとりこにする。複数選手の証言を得ているが、ウォーミングアップなどで岡林から“先制攻撃”を受けた先輩たちが、思わず“反撃”する写真や映像がSNS上で出回ると「岡林くんをいじめないで!」「もっと優しくして!」と熱狂的なバヤシファンから熱いメッセージも届くという。

 バンテリンドームでは、多くの応援タオルも目にするようになってきたが、「僕はスターじゃないんでね」と、本人はどこ吹く風。本拠地の最寄りにあるイオンでは、一人でスガキヤのラーメンを食べて「やっぱ誰にもバレないわ〜」とウキウキでLINEのメッセージを送ってきた。スリルに味をしめた(?)のか、同施設のフードコートを再び訪れ、今度はスターバックスでお気に入りの「コールドブリューコーヒー」と、サーティワンでトリプルポップ(お気に入りのフレーバーはポッピングシャワー)を注文。「ほら、やっぱバレないんだって!」と、何だかうれしそうだった。

 少々話は脱線したが、一時は打撃不振で打率が2割2分台まで下がったときもあった。前半戦が終了した際には「へばったときもありましたけど、そういう経験も後半戦やこれからのキャリアで生かすことができる。体力面などはまだまだだし、打撃の波もあるので、その波を小さくできるようにしたい」と振り返った。

■2度のへばりから脱した“転機”

 岡林は、今季「2度」へばった。最初は4月の中旬から5月中旬にかけて。「開幕からスタメンで使ってもらって無我夢中で試合に出続けていた。ちょっと歯車がかみ合わなくなってきて……」。4月17日の広島戦(マツダ)では初めてスタメンを外れた。「打てない自分に絶望しました。これくらいの打率で(シーズンが)終わるのかなぁなんて思ったりもした」。5月の試合前練習では、立浪和義監督からアッパースイング気味のティー打撃を伝授された。神宮の記者席から撮影した動画を本人に送ると「この感覚、すごく良かった」。やがて打撃の状態は上向いていく。

 交流戦ではオリックス・山本由伸、ソフトバンク・千賀滉大、楽天・岸孝之といった球界を代表する投手からもヒットを放った。さらに左キラーのソフトバンク・嘉弥真新也も捉えるなど才能を開花させつつあったが、ビジターで悪夢の6連敗を喫した千葉、札幌遠征では16打席無安打。チームの借金が増え続ける中、自分の打撃も見失い、2度目のへばりがバヤシを襲った。

 今年の転機となった1日がある。6月22日のヤクルト戦(バンテリンD)の試合前練習だ。立浪監督から呼び止められ、打撃フォームの改良を施した。シーズン当初は、あらかじめトップ(バットを持った両手を、弓矢のように一番引っ張ったところ)を作った状態からタイミングをとって打ち始めていたが、この日を境に、両手を体の正面に置いた。動きの大小はあるが、竜のヒットメーカー・大島洋平外野手のようなリズム、タイミングの取り方に近くなった。

 右足を早めに上げ、捕手方向にバットを引き、トップを作って、課題だった二度引きを防止。丁寧に、優しく着地させるイメージで右足の先端を地面に着け、そこから粘り強く下半身でボールを呼び込む。自然と生まれる“割れ”と呼ばれる上半身と下半身が反比例した動きを、最後にクロスするイメージでバットをシャープに振り抜く。注意点は、バットは体の近くを通し、体を離さないこと。変化球で泳がされても、最後の最後まで粘り強くボールを呼び込んでいく。

 指揮官からもらったアドバイスをもとに、森野将彦打撃コーチとともに少しずつ活路を見いだしていった。技術向上のために、仲間の客観的な意見も積極的に聞きにいく。岡林の打撃を陰で支えるのは、加藤翔平外野手。守備はもちろんだが、打席を見た感想を、ほぼ毎打席ごとに聞きに行く。加藤翔は以前、岡林についてこう話していた。

「あいつのセンスはすごいですけど、何よりすごいのは吸収力です。監督や首脳陣だけじゃなく、福留さんや大島さんといったすばらしいお手本がいて、ちゃんと話を聞いてしっかり自分のものとして表現できる。僕も、いろいろなアドバイスを上手に表現できたら違う野球人生だったろうなぁ……」

■プロ入りしてから「唯一、完璧」なヒットを放った日

 プロ1年目は、243打席(1軍で7打席、2軍で236打席)、2年目は285打席(1軍で62打席、2軍で223打席)と着実に経験を積んできた。今年は381打席(7月31日現在)立ってきた。その中で「唯一、完璧」な打席がある。

 7月14日のヤクルト戦(バンテリンD)。3回2死一塁で、先発・小川泰弘が投じた2球目の外角143キロをセンター前へはじき返したヒット。本人がスマホで動画を流しながら1コマずつ再生と一時停止を繰り返して説明してくれた。打ち終わりに顔が投手方向ではなく、ホームベース付近に残っている。「しっかり、残ってるっしょ!」と興奮気味に教えてくれた。

「今までにない完璧な打ち方だったんですよ。プロ入りして一番。めっちゃきれいな打ち方。(小川が)真っすぐ多めだったんで、外の真っすぐを狙い、それをしっかり振り抜くことができた。悪いと力んでヘッドが出てこず、ファウルか三遊間方向の弱いフライになっていると思う」。今でもあの好感触は忘れられないという。

 引き出しが増えて、打席の中でも配球を考える余裕ができた。現役時代は、猛練習と野性的な打撃で1581安打を放った森野打撃コーチとは常に配球論を交わす。本拠地の試合前には、必ずバント練習を行なってミートポイントの確認を怠らないのも、好調を支える要因なのかもしれない。

 どれだけヒットを飛ばしても「試合に負けたら意味がない」が口癖。「チームが勝つ瞬間がうれしいんですよ。みんなでハイタッチして。一体感? やっぱ勝ちたいよね」。高卒3年目ながら、勝利へ絶対的なこだわりを見せる。

 その一方で、優しさも人一倍。7月30日の2軍・オリックス戦(富田林)でプロ初登板した同期入団の竹内龍臣には、1日遅れたが「(初登板できて)良かった。一緒に頑張ろう」とメッセージを送った。「僕の夢は(石川)昂弥、竹内の高卒同期の3人で居酒屋に行くことかな」と話していた仲間が、ようやくたどりついた実戦のマウンド。昨年10月に右肘の疲労骨折で手術を経験し、2年間けがと戦った同級生のスタートを心の底から喜ぶ。ごく親しい知人の子どもからもらった「おさるさんへ」というファンレターを「お守り」と言って、こっそりカバンにしのばせる心優しき20歳。グラウンドで魅せるプレーと普段のギャップもまた魅力的なのだ。

 チームは、後半戦の開幕から広島に3連勝。最大13あった借金を1桁の9に縮め、Aクラス浮上へと加速する。背番号60は「目標はすごく大事。規定打席到達は最終目標ではないが、まずはケガなく、チームを離脱することなくやっていきたい。そこで(規定に)到達できれば、一つの目標は達成することができたと言える」。明るく、元気に、自分らしく。背伸びすることなく、すくすく成長する。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/56148 でHITボタンを押してください。

(長尾 隆広)

関連記事(外部サイト)