《スクープ撮》ジャニーズJr.「7MEN侍」本克樹と元「乃木坂46」斉藤優里が神楽坂で路チュー&手繋ぎデート「交際は2年以上で友達とWデートも」

《スクープ撮》ジャニーズJr.「7MEN侍」本克樹と元「乃木坂46」斉藤優里が神楽坂で路チュー&手繋ぎデート「交際は2年以上で友達とWデートも」

神楽坂を歩く2人。しきりに周囲を気にしている様子だった ©文藝春秋 撮影/上田康太郎

 7月19日23時半、日中の暑さが残る熱帯夜の東京・神楽坂。人気のない暗い路地裏で黒いバケットハットを被った男女が唇を重ねた。数秒ほど見つめ合い熱いキスを交わすと、男性はずらしていた白いマスクを、女性は薄茶色のマスクを口元に戻し、お互いの指を絡めて路地裏を抜けようと歩き始めた。

 人通りが多い道に出ると男性はキョロキョロと辺りをうかがっている。それもそのはず、男性はジャニーズJr.「7MEN侍」の本克樹(23)、女性は元「乃木坂46」の斉藤優里(29)だからだ。

■「将来有望」早稲田大学院生の知性派ジャニーズJr.

 斉藤は2019年6月末に乃木坂46を卒業しているが、本は現役のジャニーズタレント。「7MEN侍」は2018年2月に結成された現在6人組のバンドグループで、本はキーボードを担当している。昨年4月、早稲田大学大学院創造理工学研究科の修士課程に進学した。

「早稲田大学大学院で経営システム工学を学んでいる“理系男子”の本は、『Snow Man』の阿部亮平が率いる『ジャニーズクイズ部』に所属する頭脳派ジャニーズです。ジャニーズ事務所で大学院に進学しているのは阿部に続いて2人目で、二足のわらじを履いて活躍しています」(スポーツ紙記者)

 現役ジャニーズアイドルで大学院生。このインテリポジションで仕事も順調だ。Jr.ながらに、『Qさま!!』(テレビ朝日系)など様々なクイズ番組に起用される場面が増えている。

「クイズ番組だけでなく、『NHK短歌』(NHK)にレギュラー出演中で、過去には舞台の主演も何度か務めています。将来有望なジャニーズJr.のひとりですよ」(同前)

 一方で、2011年に乃木坂46の1期生としてデビューした斉藤は、2019年6月末にグループを卒業。2021年5月末で所属していた「乃木坂46合同会社」を退所し、現在はプロデュース業やクリエイターとしての活動に力を入れている。

「グループ在籍時は選抜とアンダーを行き来している中堅メンバーでしたが、夏曲で選抜に抜擢されることが多いことから“夏女”とファンのあいだで呼ばれていました。バラエティ力も高く、8年間レギュラー出演していたラジオ番組『Nutty Radio Show THE魂』(NACK5)も好評でしたよ」(アイドル誌ライター)

 事務所退所後、ファンクラブを開設。月額550円で、オリジナルグッズの販売やファンクラブサイト限定の写真や動画を配信している。昨年12月には、ABC-MARTで販売される「adidas Originals ミッキー&フレンズコレクション」のモデルにも起用された。

 そんな斉藤だが、乃木坂在籍時からスキャンダラスな一面ものぞかせていた。加入から間もない2012年6月に彼氏とのプリクラが流出。ファンらに衝撃が走り、乃木坂運営は「メンバー加入以前の行動については原則、犯罪行為を除いて不問といたしております」と声明を発表する事態に発展した。

「週刊文春」(2015年8月13、20日号)では、俳優の太田将熙(27)との交際と“誕生日朝帰りパーティー”が報じられたこともあった。このパーティーが開催されたのは2015年7月19日。“夏女”はちょうど7年の時を経て、2022年7月19日に冒頭のシーンを繰り広げたわけだ。

■路上キス後、時間差で同じマンションへ

 19日夜、2人が待ち合わせたのは、路地裏でキスを交わす3時間前。20時過ぎ、神楽坂の路地裏に、黒いバケットハットを被り、モノトーンのワンピースを着た斉藤が佇んでいた。ほどなくして斉藤のもとに同じく黒いバケットハットを目深に被った本が近づいて行く。白いTシャツ姿で白いワイドパンツに黒いリュックとラフな格好だ。

 合流した2人はそのまま路地の奥へ進み、一軒家風のレストランの前で立ち止まった。入り口にある暗証番号を入力し、店の中へと入っていく。この店は従業員と顔を合わせることなく料理を楽しむことが出来るコンセプトの隠れ家レストランだ。

 3時間ほど食事を楽しんだ2人は、談笑しながら店から出てきた。この日は斉藤の誕生日前日ということもあってか、斉藤は手に入店の際には持っていなかった「CELINE」の白い紙袋を提げている。CELINEのアイテムは斉藤のInstagramにもたびたび登場する。彼女のお気に入りブランドなのだろう。

 店から出た2人は、店前ですぐに唇を重ねた。その後、50メートルほど歩いた人気のない路地で立ち止まり自然な流れでまたキスをし、手を繋いで駅へと歩いて行った。

 2人が向かった先は斉藤の自宅マンション。先に斉藤が自宅に入ったが、本は斉藤のマンション周辺を歩きまわり、時間を潰して約30分後に同じマンションへと入っていった。

 その後、本がマンションから姿を現したのは、翌20日朝9時頃。黒いハイビスカス柄のシャツとジャージパンツに着替え、銀縁の眼鏡をかけている。

■「ゆったん」「ぽんちゃん」と呼び合う仲良しカップル

 誕生日を一緒に迎えた2人は、約2年にわたって交際を続けている。きっかけは2020年3月に2人が共演した舞台「脳内ポイズンベリー」だったという。2人の共通の知人が交際について明かす。

「舞台で共演した2人はすぐに意気投合していました。舞台が終わってからも2、3カ月ほど食事などのデートを重ねて、2020年6月に交際が始まったと聞いています。2人が出会った時、斉藤さんには彼氏がいたのですが、その彼氏と別れてすぐに本さんと交際を始めました。

 交際してからは記念日やお互いの誕生日を祝ったり、よく旅行にも行っています。お互いを”ゆったん””ぽんちゃん”と呼び合う本当にごくごく普通の仲良しカップルですよ」

 そう言って、この知人は複数枚の写真を差し出した。写真には味の素スタジアム内で「FC琉球」のえんじ色のユニフォームを着た2人が写っている。

「今月3日、斉藤さんの古くからの女友達とその彼氏を交えた4人で、味の素スタジアムで行われていた『FC琉球』と『東京ヴェルディ』の試合を観戦していました。本くんがサッカー好きなんですよ。その後、4人は居酒屋に移動して飲み直したそうです」(同前)

 2年以上にわたって順調に愛を育んでいるように見える2人。しかし、実はお互いに打ち明けられない秘密を抱えていた。斉藤のマンションでのお泊りから4日後、本が入っていったのは斉藤ではない別の女性が待つマンション。そして斉藤も、新宿の雑踏でサラリーマン風の男性に腰を抱かれ、密着するように歩いていたのだ――。( #2 へ続く)

ジャニーズJr.「7MEN侍」本克樹が元乃木坂46斉藤優里と「東大王美女」と“二股交際” しかも斉藤はサラリーマン男性と…《泥沼の四角関係スクープ撮》 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)