「剛でラジオドラマをやりたいんだけど、何かいい題材がない?」と… 草g剛が語る『新しい地図』になって“初めて”の仕事

「剛でラジオドラマをやりたいんだけど、何かいい題材がない?」と… 草g剛が語る『新しい地図』になって“初めて”の仕事

草g剛さんに朗読してもらう前提で、金沢知樹監督は映画の原作となった小説を書いたという

「新しい地図」をスタートした約5年前、草g剛さんがラジオドラマの脚本として出会ったのが、8月19日に公開される 映画『サバカン SABAKAN』 の原作小説でした。

 収録中に感動で泣いてしまったというほど、本作に思い入れのあった草gさん。映画の公開を記念して、草gさんが同い年の金沢知樹監督と少年時代の思い出について語った対談を 「週刊文春WOMAN2022年夏号」 より全文公開します。(全2回の1回目。 後編 を読む)

◆ ◆ ◆

■『新しい地図』になって初めての仕事

草g いよいよ8月に映画が公開されますね。ここに来るまで長かった。そもそも一番最初は、ラジオドラマでしたもん。

金沢 「剛でラジオドラマをやりたいんだけど、何かいい題材がない?」と、映画でもエグゼクティブプロデューサーを務めてくださった飯島さんに声をかけていただいたんです。僕が生まれ育った長崎県長与町を舞台に、子供時代の体験をたっぷり反映させた物語のアイデアをお話ししたところ、ゴーサインを頂戴することができて。剛さんに朗読してもらう前提で、映画の原作となった小説を書いていきました。

草g (香取)慎吾と(稲垣)吾郎さんと3人で「新しい地図」を始めた時(2017年9月)、それまでの活動ではやったことのない仕事もしたいねという話になったんですよ。最初に僕がやるはずだったのが、『サバカン?SABAKAN』のラジオドラマだった。だから収録の日に、「よし、『新しい地図』になって初めての仕事だ」と思った記憶があります。

金沢 そんなに初期の仕事だったんですね。

■撮影に入ると、こっちがビビっちゃうくらいの情熱

草g 金沢さんも立ち会ってくれたけど、スタジオで6時間ぐらいかけて、ほぼ最後まで小説を読みましたよね。子供たちのセリフも僕が1人で全部読んで。本番中、読みながら感動で涙が出てきちゃったくらい素晴らしいお話だったし、いい仕事ができたなって超手応えがあったんですよ。

 そもそも僕はサバ缶が大好きで。昨日家に2個しかなくて、そろそろ買っておかないとなと思ったくらい。でも、なかなか放送されないなぁと思っていたら、事務所の人に「ラジオドラマ、なくなりました」と言われて、エーッと。

金沢 僕も、超手応えがありました(笑)。ただ収録から少し経ったところで、プロデューサーから「この話は映像にしたほうがいいんじゃないかな」と。剛さんの朗読が素晴らしかったおかげですよ。より広い層に届けられる話だとイメージが広がっていったんです。

草g オリジナルの脚本を書いて監督までするとなると、ものすごいエネルギーが必要になってくると思うんです。金沢さんは今は普通の青年ですけど、撮影に入るといい意味でこっちがビビっちゃうくらいの情熱で引っ張ってくれて、だから僕も自然と自分の役になれたと思っている。主人公の2人の男の子(番家一路と原田琥之佑)は演技経験がなかったんでしょう? すごく良かったですよ。

■金沢さんとは、子供の頃に見てきたものが似ている

金沢 単純にあの2人と一緒に長崎に行きたいと思ったんです。一路はオーディションでいろんな子供たちを見た中で、演技は一番ヘタだったんですよ。今回の映画にも少し出てる弟は天才子役なのに、兄の一路はオーディションを受けてはずっと落ちてると。でもまったく腐ってなくて、気になるヤツだった。一方の琥之佑はちょっと不良っぽい感じが魅力なんだけど、お祖父さんがあの俳優の故・原田芳雄さんと聞いて、納得した。

草g 生まれ育った街の風景は全然違うけど、金沢さんと僕は同じ1974年生まれで、子供の頃に見てきたものが似ている。映画を観ていると心が和むし、時間の流れが緩やかになった気がして、故郷だったり子供時代だったり、忘れかけていたものを取り戻していくような感覚がありました。試写の翌日も、朝起きたらじわっと映画のことを思い出して。なんか、残る作品なんですよね。

金沢 試写の後、剛さんから「マジで良かったんだけど!」と言っていただけて、めちゃくちゃ嬉しかったです。

■どのシーンの演技も一発オッケー

草g でもさ、その場でもっと感想を言いたかったのに、「ちょっとごめん」みたいな感じで、すぐ女優さんと喋りに行きましたよね。

金沢 貫地谷しほりさんが号泣してらしたんですよ。剛さんとはお話しする機会がちょくちょくありますけど、貫地谷さんはあの時聞いておかないと、涙の理由がわからないぞと思ったんです。

草g そう? 女優さんと喋るほうがいいんだなと思ってたけど(笑)。

金沢 違う違う!! ええっと、話を戻していいですか?(笑)この映画は僕にとって初めて監督する作品で、しかも相手は「草g剛」。ずっと一緒にやりたい、脚本を書いてみたいと思っていた俳優なんです。自分の書いたセリフを読んでもらえることだけで、めちゃくちゃありがたいんですよ。

 でも、現場に出たらありがたがるだけじゃなくて、演技で気になることがあったら怖くても言おうと決めていました。そうしたら、僕の想定を全部超えてくるんです。どのシーンの演技も一発オッケーで。

草g そうでした?

■役の中に「人」が出ているところが好き

金沢 完璧でした。ただ、剛さんのほうから「ごめんなさい、もう一回やらせてもらっていい?」と言われたシーンがあるんですね。剛さんが娘役の女の子と一緒に公園にいる、何気ないシーンでした。僕としてはオッケーだったと思ったから、「どうしたんですか? 剛さん」と聞いたら、「欲が出た」と言ったんです。たぶん、「芝居しちゃった」って意味なのかなと。

草g たぶん、そうかな。それで、もう一回やったんですよね。

金沢 言葉で説明しろと言われたら難しいんですが、確かに2回目の方が良かった。

草g あそこは娘役の女の子と、初めてお芝居するシーンだったんです。子供って素朴で、そこが素晴らしいから、僕がお芝居お芝居しているとダメだったんですよね。例えば声のトーンも「こうやったほうがお父さんに聞こえるんじゃないかな?」とか考えていたんだけど、ちょっとわざとらしかった。もっとフラットな感じのほうがいいなと思って、「もう一回やらせて」とお願いしたんです。

金沢 剛さんの芝居って、こうやって喋っている時と演技している時とで実はあんまり乖離してない。裏表がないというか、役の中に「人」が出ていると思うんです。そこが好きなんですよ。

■長いキャリアの中のドでかい出会い

草g 演技経験のない子たちが画面の中であれだけ輝いているのを見ると、演技って何なんだろうなと思います。自分の中で、いつも論争しているんですよ。「役をしっかり作って、これまでとは変わった自分を見せたいな」「いや、やっぱり自分のままでいいんだ」と。今の僕の結論としては、監督の言う通り、どの役も「草g剛」でいいんじゃないかなと思う。

金沢 例えば『ミッドナイトスワン』で剛さんが演じたトランスジェンダーの役は、「なりきっている」と絶賛されたじゃないですか。あの役もじゃあ、本人的には?

草g 凪沙という人は僕自身の現実とはかけ離れているけれども、凪沙も僕なんだと思っています。

金沢 長いキャリアの中で、役者さんから影響を受けたことっていろいろあると思うんですけど、ドでかい出会いってありますか? 高倉健さんとの出会いは大きかったと伺ったことはあるんですが。

草g そうですね。あとは大杉漣さん、田村正和さん。

■ものすごく自信になった、田村正和さんからの一言

金沢 田村さんの話、聞かせてほしいです!

草g ご一緒した『じんべえ』(98年)というドラマで、僕は眼鏡をかけた少しおとなしめの青年の役だったんですけど、松たか子さんが不良に絡まれたところを僕が庇って、追い払うシーンがあったんですね。その回のオンエアが終わった後に、田村さんが「草g君、あのシーン良かったよ」と褒めてくれたんです。冗談なんだけど、「この間の回のオンエアは、僕よりあなたのほうが素晴らしかったよ」と。まだ20代前半だったからものすごく自信になりました。

映画「サバカン SABAKAN」

?

1986年夏、長崎。小学5年の僕は、家が貧しくクラスメートから避けられている竹ちゃんと“イルカを見るため”ブーメラン島を目指す。主役の子役・番家一路&原田琥之佑を支えるのは、尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほり、岩松了、草g剛ほかの豪華キャスト。


●8月19日(金)全国ロードショー 
https://sabakan-movie.com/#modal
?2022 SABAKAN Film Partners

 

text:Daisuke Yoshida photographs:Takuya Sugiyama
hair&make-up:Eisuke Arakawa styling:Akino Kurosawa

くさなぎつよし/ 1974年埼玉県生まれ。91年にCDデビュー。2005年橋田賞、07年読売演劇大賞杉村春子賞など受賞多数。20年の映画『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀主演男優賞を受賞。Disney+でドラマ「拾われた男」が配信中。

かなざわともき/ 1974年長崎県生まれ。お笑い芸人を経て、バラエティ番組の構成作家に。2003年劇団K助を旗揚げ。主な映像脚本に、国際エミー賞最終候補にノミネートされた『半分ノ世界』、TBSドラマ「半沢直樹」、Netflixドラマ「サンクチュアリ」など。本作が初監督作品となる。

「『BISTRO SMAP』で作るからレシピを母ちゃんに聞いたら…」 草g剛の“食べるとなぜか調子が悪くなる”家庭の味 へ続く

(「週刊文春WOMAN」編集部/週刊文春WOMAN 2022夏号)

関連記事(外部サイト)