〈写真多数〉九州の山中にポツンと佇む“心霊廃墟”…「阿蘇観光ホテル」の知られざる歴史がすごかった

〈写真多数〉九州の山中にポツンと佇む“心霊廃墟”…「阿蘇観光ホテル」の知られざる歴史がすごかった

阿蘇観光ホテル外観

 熊本県阿蘇山、現在も火山活動を続ける中岳火口から西に約5km離れた標高780m程の中腹に、急傾斜の赤い切妻屋根を備えた大型の廃墟がある。

「阿蘇観光ホテル」と呼ばれるこの物件は、近年、『呪怨』シリーズで知られる清水崇監督のホラー映画『輪廻』(2005年製作)や、心霊ドキュメントDVD 『稲川淳二 恐怖の現場』(2013年)のロケ地となって以降、九州でも指折りの心霊スポットとして有名になってしまった。

 事実、webブラウザやYouTubeの検索結果でも、ほとんどのコンテンツで当物件は廃墟、または心霊スポットとして言及されている。

 しかし、阿蘇観光ホテルと言えば、元々は戦前の国家事業にルーツを持ち、昭和天皇にも愛された由緒正しい名門ホテルであった。

■日本ホテル建築の源流…昭和天皇も愛した名門ホテル

 2019年、筆者は当時居住していた四国某県から、未明の愛媛県・八幡浜港に車で乗り付け、大分県臼杵港行きのフェリーに乗船した。早朝5:50発、距離にして67km、所要時間2時間25分の船旅だ。

 臼杵港に到着した後は、国道57号線に沿って阿蘇方面を目指す。途中、いくつか寄り道を挟みつつ、阿蘇カルデラ周縁部の外輪山に到着する頃には、時刻は既に夕方に差し掛かっていた。この日は阿蘇中岳南の麓にあるペンションに一泊し、翌日の阿蘇観光ホテルへの訪問に備えた。

 翌日は不運にも朝から雨が降っており、当初の予定に暗雲が垂れ込める。

 幸い、昼前には雨足が弱まり、時折晴れ間が覗くようにもなったが、道中で立ち寄った「道の駅 阿蘇」から遠目に見る阿蘇の山々は依然として濃い霧に覆われており、天候は予断を許さない。

 道の駅からは県道111号線(阿蘇吉田線)に入り、阿蘇カルデラの山々と原野が創り出す雄大な景色を横目に見ながら、阿蘇観光ホテルの付近を目指した。

 到着後、ドローンでその姿を捉えに行く。

■上空から見た阿蘇観光ホテルの姿は…

 徐々に高度を上げると、濃霧の切れ間にその姿が浮かび上がってきた。

 遠目には、建物自体は比較的原形を留めているようにも見える。

 しかし、ドローンで寄っていくと、窓はほとんど全て破られており、垣間見える内部の様子からも、荒廃は明らかだ。

 特徴的な屋根の赤色は、所々被覆材が剥がれて色褪せ、湿気の多さを反映してか、一部は苔が覆っており、庇の下のベランダには、雑草だけでなく、松と思われる樹木が根を張っている個所もある。

 薄暗い霧の中に佇む阿蘇観光ホテルは、心霊スポットと呼ばれるのも無理からぬ印象があり、かつて名門ホテルであった時代を想像するのは難しい。

 果たして、阿蘇観光ホテルとは、いかなる経緯で当地に建設され、どのように特別なホテルであったのか。

■阿蘇観光ホテルの「本当の姿」

 改めてその沿革を辿り、心霊スポットとなる以前の阿蘇観光ホテルの「本当の姿」を、今一度確かめていきたい。

 阿蘇観光ホテル建設計画の始まりは、大正から昭和初期に遡る。

 第一次世界大戦(1914〜1918年)で戦地となった欧州各国では、戦後、破壊された生産設備やインフラに頼らず外貨を獲得できる産業として、国際観光、今でいうインバウンド事業が流行していた。

 当時、第一次世界大戦の戦後不況、そして関東大震災後の復興事業に伴う輸入超過に喘いでいた日本政府もまた、欧州各国の事例に倣い、国策としてインバウンド事業に取り組む方針を打ち出した。

 1930年には鉄道省外局に国際観光局が設置され、同局の斡旋と大蔵省の融資のもと、全国に14の「国際観光ホテル」が計画される。

 これらのホテルは、当時米国を中心にブームとなっていた世界一周旅行の航路に組み入れる形で、その大半がそれぞれ米国とアジアへの玄関口であった横浜港と長崎港を結ぶ日本横断ルートに沿って配置された。

■「ホテル」の先駆け

 この中には、横浜の「ホテルニューグランド(1927年開業、1934年改築)」「日光観光ホテル(1940年開業、現・中禅寺金谷ホテル)」「蒲郡ホテル(1934年開業、現・蒲郡クラシックホテル)」「名古屋観光ホテル(1936年開業)」「雲仙観光ホテル(1935年開業)」など、現在も地域を代表する老舗ホテルが名を連ねている。なお、これら14の国際観光ホテルの先行事例として大阪に建設された「新大阪ホテル(1935年開業)」は、大阪中之島の「リーガロイヤルホテル」の前身である。

 1939年に竣工した阿蘇観光ホテルは、このような錚々たるホテル群の一員であった。

 これら14の国際観光ホテルの建築は、いずれも外国人客向けに洋風の意匠を取り入れて設計された。阿蘇観光ホテルについては、スイスの山小屋風の急傾斜の切妻屋根と、緩い傾斜の和風の瓦屋根を備えた各部が組み合わさった和洋折衷の意匠で、いずれの屋根も鮮やかな赤色で葺かれた。このようなデザインが採用された理由としては、阿蘇の山々の風景が、欧州の代表的観光地であったスイスの高原のイメージに重ねられた為ではないかと推測されている。

 また、国際観光ホテル事業を契機として、外国人向けに旅館とホテルとの違いを明確にする必要が生じ、現在の旅館業法における旅館とホテルの定義(旅館=和式の構造設備を持つ施設、ホテル=洋式の構造設備を持つ施設)へと繋がっていった。こうした経緯から、14の国際観光ホテルは、日本ホテル建築の源流ともいえる。

 こうした様々な施策に加え、1940年の開催が決定していたいわゆる「幻の東京オリンピック」への期待もあって、1930年代中頃の訪日外国人は年間4万人、消費額は1億円を上回り、国際観光政策は大きな成功を収めた。1936年時点のインバウンドによる外貨獲得高は貿易収入の第4位を占める程で、戦前の国家財政を支える柱の一つとなった(第1位は綿糸綿布、2位は生糸、3位は人絹)。

■プロパガンダとしての国際観光政策

 ところで1930年代といえば、1931年の満州事変、そして1933年の国際連盟脱退と、政治的には日本が国際的孤立の道を歩んだ時代でもある。そのような時勢にあって、なぜインバウンド事業が国策として推進され、しかも成功したのか。

 背景の一つとしては、当時の国際観光政策には、外貨獲得だけでなく、日本の対外イメージ向上のプロパガンダという裏の役割もあったことが挙げられる。国際的な対日感情が悪化しつつあった時代だからこそ、政府は益々、国際観光政策に注力したのである。

 また、国際連盟脱退に伴って生じた円安が、訪日外国人の誘致にとってはプラスに働いたという皮肉な事情もあった。

 だが、1937年の日中全面戦争開戦を契機に、いよいよもって対日世論は本格的に悪化する。訪日観光客数は落ち込み、1938年には東京オリンピックの返上が閣議決定された。その後、日本が太平洋戦争に突入すると、国際観光政策は継続困難となり、1942年には国際観光局も廃止される。

 1939年竣工の阿蘇観光ホテルは、実際には、戦前にその役目を果たすことはほとんどなかったのである。

■戦後の隆盛、そして衰退

 第二次世界大戦後、阿蘇観光ホテルは一時的に米進駐軍に保養所として接収されたが、後に民間企業である九州産業交通に払い下げられた。

 戦後も阿蘇観光ホテルはかつての国策ホテルとして相応の格式を保ち、1957年には昭和天皇が宿泊され、大変気に入られたとの記録がある。その後も陛下は阿蘇を訪れた際に2回も同ホテルに宿泊されている。

 残念ながら、1964年には開業当時の建物が火災により焼失したものの、後に赤い切妻屋根の意匠を受け継いだ新棟が再建され、営業は続いた。現存する阿蘇観光ホテルの特徴的なデザインは、初代の建築をオマージュしたものなのである。

 ところが1990年代になると、不況のため親会社の経営が悪化し、阿蘇観光ホテルは設備が古く宿泊客が減っていたこともあって、1999年12月16日に惜しまれながらも閉館が決定した。3棟の建物のうち別館2棟は解体されたものの、本館の建物はそのまま残された。

 後日、筆者が晴天の日に同地を再訪した際には、山肌を覆う木々の緑の中に、屋根の赤色が鮮やかに浮かび上がって見えており、心霊スポット然とした佇まいとは全く異なる印象を受けた。

 その姿は、かつて国家財政の柱となるべく建設され、戦後は昭和天皇を始め多くの人々に愛された名門としての矜持を、人知れず示しているかのようであった。

写真=Drone Japan
※空中撮影は各種法律を遵守して実施しています

(Drone Japan)

関連記事(外部サイト)