「“嵐超え”のフレーズは絶対NG」Snow Manが60億円超・ランキング1位でも喜べないジャニーズ事務所の“複雑な事情”

「“嵐超え”のフレーズは絶対NG」Snow Manが60億円超・ランキング1位でも喜べないジャニーズ事務所の“複雑な事情”

Snow Man。左から岩本、佐久間、宮舘、向井、渡辺、ラウール、深澤、目黒、阿部(Johnny’s netより)

 2022年も下半期に突入。上半期の音楽シーンを振り返ると、目立ったのはジャニーズ若手人気グループの活躍だ。先日発表された「オリコン上半期ランキング2022」のうち、音楽ソフトの売上金額を集計した「アーティスト別セールス部門トータルランキング」のトップにSnow Manが輝いた。

■メガヒット連発のSnow Manだが…

 金額は実に、60.1億円。50.2億円で2位の嵐に約10億円の差をつけた。3位の乃木坂46、4位のSixTONES、5位のBTSなど並み居る人気アーティストを抑えて堂々の1位となった。

 しかもSnow Manは昨年に引き続き2年連続の上半期1位。2009年度より発表を開始した「アーティスト別セールス部門トータルランキング」史上、男性アーティストによる上半期2年連続1位は初の記録だという。ライブ映像作品が50万枚以上の売り上げ、シングルも80万枚以上のメガヒットを連発。さぞかし関係者も喜んでいるかと思いきや、多数の人気グループを抱えるジャニーズ事務所ならではの悩みもあるというのだ。

「ジャニーズは基本的にCDデビュー順で年次が決まります。いまだに年功序列の部分があって、先輩グループを立てなければいけないシチュエーションも多いんです。Snow ManやSixTONESの売れ行きが好調なのはもちろん喜ばしいことですが、最近は他グループと売り上げのケタが違ってしまい、内部の気まずい思いもあるそうです」(キー局音楽番組AP)

 今回の「アーティスト別セールス部門トータルランキング」発表の際も、事務所側からいくつか“注意点”があったのだという。ジャニーズに詳しいアイドルライターが明かす。

「今に始まったことではないのですが特に今回は“嵐超え”というフレーズは絶対NGでした。あの嵐ですら成し遂げていない記録ですし、ランキングでも2位の嵐を上回っているので、メディアとしては嵐を引き合いに出したくなるところですが、そこは自主規制した記者やライターもいたと思います。オリコンからも『ランキングのWEB掲載はご遠慮ください』などというアナウンスがありました」

 活動休止中でも2位に入る嵐はさすがと言ったところだが、ベテランや功労者に気を使わなければいけない事務所としては、バランスをとるのもなかなか難しそうだ。事実、今年のオリコン上半期ランキングの記事で、嵐が見出しに踊ったスポーツ紙やWEB記事はほぼなかった。

■一般的な知名度は嵐の足元にも及ばない

 ただ、これらの事象は単なる先輩への“忖度”だけでもなさそうだ。前述した売上ランキングなどの数字で現れる結果よりも、実態はさらに複雑だという。

「Snow Man、SixTONESの『スノスト』だけではなく、King & Prince、なにわ男子と、ここ数年でデビューした若手グループの勢いは本物です。事実、今回の『アーティスト別セールス部門トータルランキング』でも4組全てがトップ10入りしている。表紙を飾れば雑誌の売れ行きもいいし、カレンダーだってバカ売れする。ですがこれだけ数字を持っていても一般的な知名度は、嵐の足元にも及ばない現状があります」(前出・アイドルライター)

 音楽番組も苦慮しているようだ。

「若手グループの中でも特にSnow ManはSNSに強く、番組に出演すれば高確率でツイッターのトレンド入りするのは確か。それでも彼らが確実な高視聴率を持っているわけではないですし、これは他の若手グループも同様です。いくらCDや映像作品が売れていても、実際に世間ではどれだけの人が応援していて、どれだけの人が興味を持っているのかを正確に計る指標がないのはつらいところですね」(前出・キー局音楽番組AP)

 しかも、ジャニーズは若手だけではない。

「長時間の音楽特番を組むにしても、売上やSNSの反応を見ると若手をゴールデン帯に持ってくるのを即決できそうなものですが……。関ジャニ∞を筆頭に、KAT-TUNやキスマイ(Kis-My-Ft2)、Hey! Say! JUMPやSexy Zoneなど、若手の先輩にあたる“中堅グループ”のほうがまだ一般層には知られていますよね。レギュラー番組はドラマの番宣なども込みで組まれているので局によって“推しグループ”に差はありますが、チーフプロデューサーや編成のお偉いさんなどは、構成を決めるのに相当頭をひねっています」(同前)

 嵐は誰もが認める国民的グループ。それを若手グループが売上で超えただけでも快挙と言ってよさそうではあるが、完全な“代替わり”が実現するのはまだ先のことになりそうだ。

(近衛 真奈美)

関連記事(外部サイト)