父は宮沢和史! “インテリ青年”宮沢氷魚が芸能界を目指した理由

父は宮沢和史! “インテリ青年”宮沢氷魚が芸能界を目指した理由

宮沢氷魚

 NHK朝ドラ『ちむどんどん』。婚約者・大野愛(飯豊まりえ)と別れ、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)に想いを募らせる新聞記者の青年、青柳和彦を演じるのが宮沢氷魚(ひお)(28)だ。

◆ ◆ ◆

■「氷魚」という名は、釣り好きの父・和史が命名

 NHK関係者が言う。

「現場では黒島さん、飯豊さんと和気あいあいの雰囲気。撮影が無い日にも和菓子を大量に差し入れしてくれたり、飾らない人柄でスタッフからも人気です」

 1994年、米サンフランシスコで生まれた宮沢。父は「島唄」のヒットで知られるTHE BOOMの宮沢和史、母はタレントの光岡ディオンという芸能一家だ。鮎の稚魚を意味する氷魚の名は、釣り好きの父・和史が命名したという。

「帰国後、幼稚園から高校まで東京のインターナショナルスクールに通い、英語はペラペラ。13年に“合格倍率10倍以上”とされる名門カリフォルニア大学サンタクルーズ校に入学しました」(事務所関係者)

■“インテリ青年”が芸能界入りを志したキッカケ

 大学2年時に帰国し、国際基督教大学(ICU)に編入。インターナショナルスクールを経て、ICUからカリフォルニア大ロサンゼルス校に留学した小室圭さんと同じような学歴だ。

「ICUでは生命科学などを学び、卒業論文のテーマは『東京都内の川の環境の変化』。英語で100ページ近くの論文を書き上げた。今も川が好きで、気持ちをリセットしたい時は等々力渓谷公園などに川の流れを眺めに行くそうです」(同前)

 そんな“インテリ青年”が芸能界入りを志したキッカケは、「中学生の頃に武道館で父のライブを見たことだった」と複数のインタビューで明かしている。

■ラッキーアイテムは両親からプレゼントされたポール・スミスの財布

「ただ芸能界の厳しさを知る父・和史さんは当初、反対していた。それでも氷魚君は留学中に事務所に履歴書を送り、モデルデビュー。15年9月に初めて『メンズノンノ』に載った時は和史さんが発売日に自ら買ってきて、誰より喜んでいたそうです」(同前)

 親子の絆は、でーじ深い。

「氷魚君は以前から『僕のラッキーアイテムはポール・スミスの財布』と言っていますが、これもご両親からのプレゼント。ボロボロになるまで15年以上使い続けていました」(同前)

 宮沢が俳優として本格デビューしたのは、17年10月のドラマ『コウノドリ』(TBS系)。以降、順調にキャリアを重ねてきた。『グッバイ・クルエル・ワールド』(9月9日公開予定)の大森立嗣監督が明かす。

■父に取材を申し込んだところ、メールで返事が…

「僕が氷魚君に『髪の毛をピンクにしてほしい』と提案すると、『凄く良いと思います』と即答してくれました。叫ぶような場面でもニュアンスを軽く伝えるだけで、『分かりました』と。素直で役への理解力が高い。余白部分にすーっと言葉を入れていく。あと、純粋で隠し事をしない。『日本語より実は英語のほうが得意。やっと日本語に慣れてきた』『歌が苦手でカラオケで歌えと言われるのが得意じゃない』と明かしてくれたり。本当に良い意味で育ちが良いんだろうなと(笑)。その自然体の魅力は役者として大きな武器になっていくと思います」

 そんな息子を父はどう見ているのか。宮沢和史に取材を申し込んだところ、メールで返事があった。

「まだまだ駆け出しですが、他の方にない個性を彼なりに磨いているようです。私にもお声をかけていただき大変光栄なんですが、これまで氷魚と仕事で接することは避けてきました。それは彼の方針でもあります。現在『連続テレビ小説』で注目していただいている時だからこそ、そっと遠くから見守りたいと思っています。親バカだと思ってお許しください」

 父の愛は、風に乗り、鳥とともに息子に届いている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年7月28日号)

関連記事(外部サイト)