“武装怪獣”も登場? 昔なじみが勢ぞろいする『ジュラシック・パーク』シリーズ最終章 「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」を採点!

“武装怪獣”も登場? 昔なじみが勢ぞろいする『ジュラシック・パーク』シリーズ最終章 「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」を採点!

©2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

■〈あらすじ〉

〈ジュラシック・ワールド〉の恐竜たちが世界中に放たれてから4年。人類は恐竜との安全な共生の道をまだ見いだせずにいた。

 そんな中、恐竜の保護活動を続けるオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、人里離れた山小屋で、ジュラシック・ワールド創設に協力したロックウッド氏の亡き娘から作られた、クローンの少女・メイジー(イザベラ・サーモン)と暮らしている。ある日、近くの森に住み着いていた恐竜ブルーの子供とメイジーが密猟者に連れ去られ、オーウェンたちは救出に向かう。

 その頃、古植物学者のサトラー博士(ローラ・ダーン)と古生物学者のグラント博士(サム・ニール)は、ある目的で恐竜を研究するバイオテクノロジー企業に潜り込んでいた。

■〈解説〉

 1993年から続く『ジュラシック・パーク』シリーズの最終章。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ監督。147分。

中野翠(コラムニスト)

★★★★☆恐竜にほとんど興味が無いのに、このシリーズは特別。2時間27分という長さを感じさせない。愉しい悪夢という感じも。

芝山幹郎(翻訳家)

★★★☆☆ウニやイクラを盛りすぎた海鮮丼の趣。昔なじみの勢ぞろいは楽しいが、途中から箸が進まなくなる。文明批評も半端。

斎藤綾子(作家)

★★★☆☆シリーズのファンなら見逃せない。映像は見事で捕食される恐怖で悪人は絶体絶命。これで終わるわけなしの展開。

森直人(映画評論家)

★★★★☆まさかのお祭り集大成。ノリで行こうぜ的な大団円だが、西部劇や『007』等を交配した爽快なノンストップアクション。

洞口依子(女優)

★★★☆☆登場する恐竜たちは最早“武装怪獣”?!『ロスト・ワールド』の系譜か。懐かしい面々もアニマトロニクスに押され気味。

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(米)
TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中
https://www.jurassicworld.jp/

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年8月11日号)

関連記事(外部サイト)