「ソフトバンク行くってよ!」山川穂高“移籍情報動画”流出で揺れる西武の舞台裏

「ソフトバンク行くってよ!」山川穂高“移籍情報動画”流出で揺れる西武の舞台裏

ホームランで球宴も沸かせた山川 ©共同通信社

“日本野球機構公式チャンネル”にアップされた、ある動画が物議を醸している。7月26日に行われたオールスター第1戦の試合前、オリックス・吉田正尚の打撃練習を撮影した映像に、待機中の選手の会話が偶然拾われていたのだ。

A「アグー、ソフトバンク行くらしいよ」

B「えっ?」

A「アグー、ソフトバンク行くってよ!」

B「アグー? 来年じゃないの?」

 この「アグー」とは沖縄出身の西武・山川穂高のことを指す。

「巨漢の体型と同県特産のアグー豚を引っかけたあだ名。別角度で見ると、打撃ケージの傍にいたのは楽天・浅村栄斗とソフトバンク・柳田悠岐。声からAが浅村でBが柳田と見られる。元西武の浅村が耳にした情報を柳田に語っていたところ、思わぬ形で拾われてしまったようです」(スポーツ紙記者)

 山川は2018、19年と2年連続で本塁打王を獲得。20、21年は数字こそ落としたものの24本塁打を放っており、今季もすでに、30本塁打に達している。

「ただ、今年の推定年俸は1億3000万円。20年度の2億1000万円から大きく下げており、実力から考えると格安です。待遇に不満を持っていてもおかしくない。年俸も安いとなれば、一塁手不足に悩むソフトバンクが放っておかない。大砲好きの巨人も動くでしょうし、岩手の富士大出身とあって、楽天も動向を注視しています」(夕刊紙デスク)

■実は今オフの注目は山川ではなく…

 奇しくもオールスター明けの29日はソフトバンク戦。山川は試合前に王貞治球団会長とバッティング談義に花を咲かせていた。

「藤本博史監督とも、肩を触られながら談笑するなど、終始和やかなムードでした」(在福テレビ局関係者)

 だが先述の動画でBが「来年じゃないの?」と言っているように、山川の国内FA権取得は来年だ。今オフで注目されるのは森友哉捕手。順調なら8月中に権利を取得する見込みだ。

 通例ならば昨年末の契約更改で複数年契約の打診があったはずだが、森は5000万円増の2億1000万円の単年契約を結んだ。

「本人は球団の評価に『まあ、まぁまぁって感じ』と苦笑いしていた。引き留めには相当な苦労が予想され、実際に水面下では阪神、巨人、楽天が調査を進めています。森は元々阪神ファンで、巨人の阿部慎之助は憧れの捕手。楽天は元西武の石井一久がGM兼監督を務め、どこも可能性は十分です」(前出・デスク)

 昨年は最下位に沈んだが、今年は好調で、球宴明けに首位に浮上。だが2年連続で主力の流出となれば、暗黒時代に逆戻りもある。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年8月11日号)

関連記事(外部サイト)