《104年ぶりの快挙》「あの時二刀流は最大の危機だった」大谷翔平にトラウトも“同情”「どん底」から這い上がりベーブ・ルース以来の金字塔

《104年ぶりの快挙》「あの時二刀流は最大の危機だった」大谷翔平にトラウトも“同情”「どん底」から這い上がりベーブ・ルース以来の金字塔

大谷投手 ©?時事通信社

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(28)が8月9日のアスレチックス戦で6回を無失点、5奪三振と好投し、今季10勝目(7敗)を挙げた。1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」の金字塔を打ち立てた。さらに、この日は第4打席で25号ソロホームランを放ち、メジャー通算でイチローの117本を超える日本人単独2位となった。大谷の二刀流は世界最高峰の舞台で完成の域に達したといえるだろう。

 しかし、その二刀流については、日本ハム時代は両立が不可能と懐疑的な見方をされ、メジャーでも断念する瀬戸際に追い込まれるなど紆余曲折があった――。

■37点台の防御率に限界説

 2020年は、大谷が18年オフに受けたトミー・ジョン手術からの復活を懸けたシーズンだった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦の開幕は延期。大谷は2シーズンぶりの登板を目指す中、マイナーで長い回を投げることもできなくなるなど困難な調整を強いられた。ようやく始まった7月のオープン戦でも、その投球は本来の姿にはほど遠かった。

 7月26日のメジャー復帰戦は一死も取れず、5失点でKOされた。8月2日の2度目の登板も二回途中2失点の乱調。球速145キロにも満たない投球もあり、右肘付近の「屈筋回内筋痛」との診断を受けた。

 0勝1敗、防御率は実に「37.80」。投手としてのシーズンは屈辱的な数字で幕を閉じた。失意のどん底にいた大谷を、チームメートで主砲のトラウトは「あんな彼を見るのはつらかった。(リハビリを)一生懸命やっているのを見てきたから」と思いやった。

 その数日後、二刀流の継続を問われた時の大谷の返答からは力強さが消えていた。

「可能性があればやりたい」

 この時、確かに挑戦の終わりが近づいていた。

■球団は投手断念も想定

 8月24日、敵地ヒューストンでのアストロズ戦前に大谷は外野と一塁で守備練習を行った。そこまで打率1割8分1厘と指名打者(DH)としても不振だった。マドン監督(当時)は、この守備練習の意図について、大谷の卓越した走力や肩を守備に活かせないのは惜しいとした上で「若いのに打撃だけでは退屈かもしれない。守備は打撃にも役立つ」と表向きにはポジティブな理由を挙げた。

 しかし、それは建前だった。大谷はこの年、既にDHだけで試合に出場していた。守備に就かないDHは、他の野手よりも打撃成績で高い数字が求められる。

「エンゼルスでは、大ベテランのプホルス(現カージナルス)を筆頭に、守備に難があったり年齢的に休ませたかったりで、DHで使いたい選手がいても投手を兼ねる大谷の負担軽減のため使えませんでした。大谷が好調なら別ですが、打率1割台でDHの枠を使い続ければ、たとえ球団や監督が許したとしても、特別扱いとなって他の選手との間に不協和音が生まれかねなかったのです」(エンゼルス担当記者)

 批判をかわすためにも、大谷はプホルスの定位置の一塁のミットを手に、守備練習を続けたというわけだ。実際、米メディアは、盛んに二刀流の限界説を書き立てた。シーズン終了まで実際に守備につくことはなかったが、

「2021年を見据えた処置でもありました。20年のように投打で不振ならDHを返上させ、(日本時代に経験がある)右翼とかで守備に就かせることもチームは想定していたと思います。右肘の手術を受けた時以上に、二刀流で続けられるかどうか、一番危うい時期でした」(同前)

■「エンゼルス入団時に続くバーゲンセール」と言われた契約

 その年のオフ、大谷は初めて年俸調停の権利を手にした。渡米時は、「FAなら200億円超の価値がある」とされながらも、労使協定の年齢制限の影響で日本ハム最終年の年俸2億7000万円からも激減。メジャー1〜3年目は最低保証の年俸6000万円程度でプレーしていた。ようやく大きな契約を結べる可能性が生まれたが、一方で大谷の二刀流は“底値”にあった。長年、MLBで活動する代理人が当時を振り返る。

「金銭を二の次にして野球に取り組む大谷には些末なことかもしれませんが、毎度タイミングが悪いな、と。メジャー入りの時は規則の壁に泣き、年俸調停の権利を得ると、交渉で強気に主張できる材料が乏しくなっていましたから」

 現行制度下では前例がない二刀流選手の評価を巡り、交渉は調停にもつれる寸前まで難航した。ぎりぎりで調停を回避した結果は2年総額850万ドル(約8億9000万円=レートは当時)だった。「9勝、46本塁打」でMVPに輝いた昨年、そしてルース以来の快挙を達成した今年の成績を考えると「エンゼルス入団時に続くバーゲンセール」(前出の代理人)だった。

「なぜ2年契約にしたのか。21年に活躍する可能性も考え、1年にとどめておけば良かった。我々仲間内では(大谷の代理人の)バレロの失態という評価になっています」(同前)

■「野球の神様」ルースに肩を並べた

 一方でそれは結果論だとの声もある。

「当時、大谷が21年シーズンにあれだけの成績を残すと予想できた人はいるでしょうか。バレロとしては、右肘故障再発の可能性もある中で去年は300万ドルに抑えられたものの、今年550万ドルに増額させて落としどころを見いだしたとも言えます。リスクヘッジはしていました。ただ、これをはるかに超越するほど、大谷のここ2年の活躍がすさまじかったということ」(駐米ジャーナリスト)

 大谷はこの契約直後、キャンプ序盤にアリゾナ州テンピでマドン監督、ミナシアンGMと鼎談に至った。その場で大谷は、投打同時にプレーする「リアル二刀流」や登板日前後のDH出場という画期的な現在のスタイルを希望した。体の負担や故障のリスクが増したとしても、大谷は二刀流の望みをつなぐため、賭けに出て、そして勝ったのである。

「野球の神様」ルースに肩を並べた今、二刀流の継続に異を唱える者はいない。

(木嶋 昇/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)