〈#ちむどんどん反省会 が話題に〉泥沼離婚トラブルから悪役が急増?いい人に戻った嶋政伸55歳の“名前事件”とは

〈#ちむどんどん反省会 が話題に〉泥沼離婚トラブルから悪役が急増?いい人に戻った嶋政伸55歳の“名前事件”とは

シェフ役は2度目となる嶋政伸

 今年4月から放送中のNHK・連続テレビ小説『ちむどんどん』。9月末の最終回に向けて残り2カ月を切る中、SNSではドラマの展開や内容を巡り「#ちむどんどん反省会」をつけてツイートする視聴者が増えている。

?みなが思わず突っ込みたくなる異色の朝ドラを、より楽しむために、 「週刊文春」 が報じてきた秘話を大放出。最終回が近づく今、もう一度読み返したい記事をあらためて公開する(初出:週刊文春 2022年6月30日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)。

◆◆◆

「黒島さんは店に来て3年目、6年目と立ち振る舞いや落ち着きぶりを演じ分けていてスゴい!」

 放送中のNHK朝ドラ「ちむどんどん」。ヒロインの黒島結菜を周囲に絶賛するのは、25年ぶりに朝ドラ出演中の嶋政伸だ。

 嶋はヒロインが働くイタリアンレストランの料理長・二ツ橋光二役。

「黒島は、オーナー役の原田美枝子に好意を抱く姿など、嶋のコミカルな演技が好きで、テストでは『面白いですね!』と感心していました」(ドラマ関係者)

 嶋のドラマデビューも、1988年の朝ドラ「純ちゃんの応援歌」。両親は高島忠夫と寿美花代、兄は政宏という“高島ファミリー”の末っ子として、当初は爽やかな役が多かった。

「実直な新人ホテルマンを演じ、『姉さん、事件です!』のセリフで有名な『HOTEL』(90年、TBS系)はシーズン5まで続く大ヒット。その後も新人弁護士などの好青年役が続きました」(スポーツ紙記者)

■泥沼離婚トラブルから悪役が急増していたが……

 私生活では08年に女優の美元と結婚するが、泥沼訴訟の末、12年に離婚。

「その離婚トラブルの頃から、心に闇を抱えた悪役が増えた。本人もキャラごとに表情を使い分けるなど役作りにはこだわり、大河ドラマ『真田丸』の北条氏政役などの怪演ぶりが高く評価されるようになっている。普段は近眼のためにメガネをかけていて、物静かな人なのですが」(同前)

 ヴァイオリニストの高嶋ちさ子の父で、嶋の叔父の嶋弘之氏に話を聞くと、

「政伸は面白い子でした。小さい頃、池に石を投げているときに石と一緒に池に飛び込んだこともありましたね(笑)。忠夫もジャズドラマーとして神戸で有名でしたが、政伸もジャズ好きでドラムも歌もうまかった」

 15年に14歳下の医師と再婚。今年3月には第2子の次男が誕生するなど、現在の私生活は順調な様子。

 20年には「アパレル・デザイナー」で26年ぶりに映画主演。プロデューサーの井口喜一氏が明かす。

「真っ直ぐな性格の一方、デザイナーのクレイジーさも持ち合わせている役でした。嶋さんは、『20代から30代にかけての実直な役、40代のヒール役を経て、50代は今回みたいな両方が混ざった役ができたら』と話していました」

 朝ドラでも酒乱ぶりを見せつつ、「HOTEL」のようないい人役を熱演中だ。

 6月20日放送の回では、二ツ橋が大ケガで入院し、レストランが大混乱という展開になったのだが、

「実は今年1月には嶋さんがコロナ陽性となって、撮影スケジュールが変更されるドタバタもありました」(前出・ドラマ関係者)

■高嶋の名前にもある“事件”が起こっていた

 一方、嶋の名前にもある“事件”が起こっていた。

「今年に入ってから、嶋の漢字表記をずっと使っていた『高』から、『』に変更したんです。字画などが気になったようで、心機一転ということのようです」(芸能プロ関係者)

 父は芸名の「高島」で活動、兄の政宏は「嶋」で活動していた。前出の弘之氏に聞いてみると、

「戸籍は『嶋』のはずです。私も格好いいから『』を使っていました。ちさ子はどっちでもいいと気にしていないようですね(笑)」

 名前もイメチェンしたことだし、今後は「まさかやー」な役も見てみたい!

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月30日号)

関連記事(外部サイト)