“ホームランを打つ練習”の衝撃…元同僚が見た西武・山川穂高の天性の才能

“ホームランを打つ練習”の衝撃…元同僚が見た西武・山川穂高の天性の才能

山川穂高

 みなさん、こんにちは! 埼玉西武ライオンズOBの米野智人です(ヤクルト→西武→日本ハム)。

 昨年からライオンズの本拠地ベルーナドームのライトスタンド後方でピンクのお店「BACKYARD BUTCHERS」を営業させていただいています。いつもご来店くださっている皆さま、本当にありがとうございます。

 現在、ライオンズは投打ともに絶好調で快進撃を続けている。僕もベルーナドームに向かう時の気持ちは晴れやかで、今日はどんな試合になるのかと楽しみにしている。

 勢いのあるチームの攻撃陣の立役者の1人が、どすこいポーズでお馴染みの“アグー”こと山川穂高だ。2013年にドラフト2位でライオンズに指名され、「おかわり2世」と期待され入団。ライオンズは、中村剛也の後継者として見た目もそっくりな体型の山川を将来の4番にという思いだったのだろう。

 2014年、山川の1年目。僕はシーズン最初の春季キャンプは2軍スタートで高知県の春野町にいた。軽い体調不良で同じく2軍キャンプスタートになった山川も、プロとしての第一歩を高知県春野町からスタートさせた。

 初日から全体練習には参加せず、1人別メニュー。その時点でなかなかの大物感だ(笑)。

 みんなが朝から様々なメニューをこなしている中、室内練習場の隅っこでひたすらティーバッティングを続けていた姿が印象的だった。その練習方法も独特で、ティーアップされたボールの下にバットの軌道を入れてフライを打つ感覚で、何球も何球も繰り返し打ち続けていた。

 それを見ていた僕は、初対面のときに挨拶して以来、初めて山川に自分から話しかけた。

米野「山川、なんでフライ打つ練習ばかりしてるの?」
山川「あ、これっすか? ホームランを打つ練習です」
米野「なるほど。ゴロを打たないように角度をつけるってことね」
山川「そうっすね! 僕は足も速くないし、プロでもホームランを打てないと終わりだと思ってるので」
米野「まあ確かにそうだね(笑)」
山川「ライオンズもそれに期待して僕を指名してくれたと思うので」

 そんな会話から、“プロでホームランバッターになるんだ”という山川の強い信念を感じた。

 僕の記憶では、これが山川との初めての会話だった。本人は覚えていないと思うが、もしかしたら本当に「おかわり2世」になるかもしれない! そんな予感がしたことを覚えている。

 中村剛也にバッティングのことを聞いたときにも、練習からゴロを打たないように意識していると言っていた。「練習でゴロが多いときは調子が悪いときですね」と。これが自分の中でのバロメーターになっているのだろう。

 とはいえ、プロの投手を相手に試合で角度をつけてボールを遠くに飛ばすのは、かなり高度な技術が必要だ。中村も高卒で入ってきて1軍でホームランを量産するまでになるには、それなりの年月がかかっている。中村は高卒4年目に22本を放ち、7年目に初の40本塁打以上となる46本を記録した。

■規格外の場外弾VS愛車を守る選手たち

 初めて臨んだプロのキャンプで体調を回復させ、全体練習に参加した山川の打撃練習を初めて見たときは衝撃だった。

 打球の飛距離と速さが半端ではなかった!

 西武第二球場(現CAR3219フィールド)にはレフトに高いネットが設置されているが、それを軽々と超えてしまうほどだった。センターバックスクリーンの後方にあった室内練習場の屋根にも、何発も当てるくらい規格外の飛距離とパワーだ。

 当時の室内練習場と選手寮付近のスペースに、ベテラン選手(現在の西口文也二軍監督など)が車を駐車していた。山川がバッティング練習を始めると、みんな、グローブをはめて自分の愛車を守っていたほどだった(笑)。

 山川には、持って生まれたフィジカルの強さを感じた。高卒で同期入団の森友哉にも体の強さを感じたが、山川はそれをさらに規格外にした感じだ。今季、打点王争いをしている元ライオンズの浅村栄斗(楽天)にも感じたような、スイングの強さだ。

 見ている方も気持ちがいいくらいのフルスイングは、周りが思っている以上に難しい。ピッチャーに対してタイミングをとるのがうまくないと、フルスイングはできない。そうしたスイングをしていた3人とも、球界を代表する選手に成長している。

■中村剛也と山川穂高の相違点

 山川と中村は体型も似ていて、2人ともホームランバッターという共通点を持つが、タイプは少し違う。

 中村は、打球が高く上がって滞空時間の長い、きれいな放物線を描くアーティストだ。

 一方、山川は弾丸ライナーでスタンドに突き刺さる、パワフルなホームランバッターだと感じる。

 山川がプロ1年目、2軍の地方遠征に出かけた新幹線で隣の席になったことがある。そのときに、バッティングのことを色々聞いた。僕が思っている以上に緻密に考えていて、意外な印象を受けた。

「こういうピッチャーのときにはあの球に気をつけて手を出さないようにして、カウントを取りにきたあの球をあっちの方向に打つように少しステップをこういう感じにして、ボールに対してこういう角度でバットが入っていくようにイメージして打ってます」

 僕の印象とは違い、1年目だが相手を研究して、自分なりの準備をして打席に入っているんだと感心した。若いうちからこういう準備をして試合に入っていくことは、その後の活躍に大きく関係する。

 110kgの巨漢(※)からは想像できないが、特技はピアノで書道も得意だ(※球団発表では103kgだが、先日、本人がSNSで110kgと投稿)。パワフルなバッティングに目がいきがちだが、そんな繊細な部分も今の活躍につながっているのかもしれない。

 山川が若手だった頃、中村がケガで2軍調整していたときがあった。西武第二球場でのイースタンリーグに出場していた2人は、打席に立った姿がそっくりだった。

「あれ、また山川が打席にいると思ったら、あ! 違う。中村だ」と見間違えるほど、構えが似ていた。

 ベンチに座っているときの雰囲気もそっくりで、中村の後輩で山川の先輩だった選手(美沢将)は、攻守交代のときに間違えて中村の背中をポンとたたき、「さぁ、頑張って!」と声をかけて送りだそうとした。

 直後、それに気づいた美沢はごまかそうとしたが……。

中村「おい! 今、絶対に山川と間違えたろ!」
美沢「いいえ、あ! はい、すいません!」
ベンチ「(爆笑)」

 懐かしい思い出だ(笑)。

■青木宣親も見込んだ才能

 山川のプロ1年目は、1軍では14試合に出場して2本塁打。2軍のイースタンリーグでは21本塁打を放ってホームラン王を獲得している。将来の4番候補として、周囲を期待させた。

 その年のオフシーズン、僕は山川を自主トレに誘った。以前から沖縄で自主トレに参加させてもらっていた、スワローズ時代の同級生でチームメイトだった青木宣親にその旨を伝えると快くOKをもらった。山川も故郷の沖縄に帰っているタイミングで、自主トレの場所は実家からすぐ近くだった。

 打者としてのタイプは違えど、当時メジャーリーガーだった青木と一緒に練習できるのはプロ1年目の山川にとって大きな刺激になったと思う。青木から打撃技術や、野球に取り組む姿勢などを伝授してもらっていた。

 青木も山川の才能に驚いていた。今はまだまだ荒削りだけど、ここまで強い打球が打てるバッターはなかなかいない、と。「1軍でもホームランバッターになれるよ!」と期待していた。

 その後、青木の言葉どおりに山川はホームランバッターとして球界を代表する選手になり、オールスターにも4度出場。みんなに親しまれるキャラクターとサービス精神で、ファンの方々をさまざまに楽しませている。

 今年の山川は、昨年と一昨年の悔しさを全てぶつけているかのような大活躍だ。打撃フォームを調整し、好不調の波を抑えて開幕から好調をキープ。チームも優勝を狙える位置につけている。

 僕のお店はオープンから2年目で、いつかベルーナドームで過去に在籍したライオンズとスワローズの日本シリーズを見てみたいと思ってきたが、現実味を帯びてきた。今シーズン、その願いが早くも叶うかもしれない! セの村上宗隆、パの山川穂高という、球界を代表するホームランバッターの対決も楽しみだ。

 ライオンズファンのみなさん。今シーズンは最後までライオンズの試合を応援できるように、選手とチームと一緒に戦い“暑い夏”を“熱い夏”にしましょう!

 そして最後の最後まで、みんなであのポーズができるように山川選手を応援しましょう。

 どすこ〜い!!!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/56291 でHITボタンを押してください。

(米野 智人)

関連記事(外部サイト)