「色んな意味でヤベぇ」悩める中年時代のトム・クルーズを救ったのは「空前絶後のバカ映画」だった!?

「色んな意味でヤベぇ」悩める中年時代のトム・クルーズを救ったのは「空前絶後のバカ映画」だった!?

60歳にして、キャリアは最盛期(写真:Getty)

 主演作『トップガン マーヴェリック』の興行収入は100億円を突破! 60歳にしてキャリアハイを更新したトム・クルーズだが、そんな世界的スターも過去には奇行や悪評ばかりが目立つ時期があった。

 トムが失速した40代の頃のエピソードを、ライター・加藤よしき氏の新刊『 読むと元気が出るスターの名言 ハリウッドスーパースター列伝 』より一部抜粋してお届けする。彼が再浮上できた、意外すぎる理由とは?(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

 トム・クルーズが大変だ。60歳にして、立て続けにアクション映画で主演しているのだが、明らかに若い頃より無茶な体の張り方をしている。普通は歳をとると体への負担を減らしていくものだが、彼は世間一般の真逆をいく。何しろ最新作『トップガン マーヴェリック』(2022年)では操縦こそしていないものの、本当に戦闘機に乗っている。つまり超高速でグルングルン曲芸飛行をする飛行機の中で演技をしているのだ。

 近年では、代表作『ミッション:インポッシブル』(1996年)で本当にビルからビルにジャンプして足を骨折したり、潜水シーンのために水中で6分も息を止める訓練(どんな訓練だ)をしたそうだが、それにしたって戦闘機に乗り込むのは別次元だ。肉体への負荷は大きいし、もしミスがあれば大事故になる。スタッフはもちろん、撮影に協力している米軍だって気が気でない。

 米軍を心配させる俳優なんて他にいないだろう。このスケールの大きさ、まさしくハリウッドスターの鑑である。

 彼の輝かしいキャリアを振り返りながら、彼がどんなふうにキャリアを重ねて来たのか、何故に60歳手前にして戦闘機に乗り込むことになったのか、そしてどこへ向かっているのかを考察していきたい。

■青春漫画よりスゴイ! 展開が早すぎる10代

 トム・クルーズ、本名はトーマス・クルーズ・メイポーザー4世。

 高校時代はレスリングに熱中し、選手としてかなりイイ線にいったというが、アキレス腱断裂で選手生命を絶たれる。幼少期に受けたイジメ、両親の離婚、選手生命の危機と、10代にしてかなりの激動の人生を送っているが、ここから彼の人生はさらに加速する。

 レスリングから身を引いたトムは高校演劇の世界に身を投じるが、彼の舞台の観客の中に偶然にも芸能エージェントがいた。エージェントはトムの楽屋に突撃すると彼の才能を絶賛し、一緒に仕事をしないかと熱弁。この気合に胸を打たれたのか、トムは高校卒業後にプロの俳優を目指してニューヨークへ向かい、無数のオーディションを受ける。まるで青春漫画のような展開だが、トムの人生は漫画より展開が早かった。

 19歳で映画デビューを飾り、早々にその存在感が注目を浴びる。そして1983年には映画『卒業白書』に主演。台本には「パンツ姿で家中で踊る」と1行だけ書かれていたシーンを監督と膨らませていき、結局は1分近く踊り続ける名シーンを作り上げ、ゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた。まさに新進気鋭の若手スターだ。

 一方で同時期にしっかり痛い目にもあっている。『卒業白書』と同時期に主演した童貞を捨てるために旅をする若者たちを描いたコメディ『爆笑!? 恋のABC体験』(1983年)は、本人的に出演に乗り気ではなかったが、エージェントに出演を命じられて断り切れず出たという。結果、映画は興行/批評の両面で失敗した。邦題が『爆笑!』ではなく『爆笑!?』と「?」マークがついている辺りに限界が感じられるように、日本でも劇場公開すらされなかった。

 後のインタビューでは本作での経験を「自分が何をやりたくて、何をやりたくないかを学んだ」「よいスタッフと、よい監督とだけ仕事をしなければならない。そうして成長しなければ」と語っている。この発言の通り、彼はここから仕事相手を一流映画人にしぼってゆく。高額のオファーでも意にそわない役なら断り、逆に出たいと思ったら自分から営業に行った。

■運命の出会い! 才能が爆発する20代

 フランシス・フォード・コッポラ(『ゴッドファーザー』『地獄の黙示録』)、リドリー・スコット(『エイリアン』『ブラックホーク・ダウン』)、マーティン・スコセッシ(『タクシードライバー』『アイリッシュマン』)……この頃にトムが組んだ監督は巨匠ばかりだ。おのずとトム・クルーズというブランドは高まり、ルックスだけではない、実力派俳優としての評価も固まっていった。

 トムのブランド力を一気に高めたのは、言わずと知れた戦闘機映画の傑作『トップガン』(1986年)だろう。無鉄砲な若きパイロットの挫折と成長を描いた青春モノで、コテコテのロマンスとド迫力の空中戦が話題になり、世界中で大ヒットを記録。

 レザージャケットに大門サングラスことティアドロップ型サングラスでキメたトムは、どこからどう見ても文句なしにカッコよく、世界中でフォロワーが続出する。ここ日本でも織田裕二主演で戦闘機映画『ベストガイ』(1990年)が作られるなど、大いに話題となった。

 冒頭に引用したトム・クルーズの発言はこの頃のもので、ポール・ニューマンに言及しているのは『ハスラー2』(1986年)で共演したからだ。ビリヤードに人生を懸ける男たちを描いた『ハスラー』(1961年)の25年ぶりの続編で、トムはポールに挑戦する血気盛んな若手選手を演じた。そしてこの作品でポールは61歳にして、アカデミー主演男優賞を受賞している。

 そして1989年、トムはオリバー・ストーンの『7月4日に生まれて』(1989年)でアカデミー主演男優賞候補になる。アメリカ独立記念日である7月4日に生まれた少年が、やがて愛国心に燃える青年となってベトナム戦争に飛び込むが、戦地で悲惨極まりない体験をしたうえに、やっとの思いで帰国したら社会のゴミ扱いをされてドン底まで落ちていく。

 本作はベトナム帰還兵モノとして高い評価を受け、アカデミー賞の受賞こそ逃したが、トムの俳優としての評価は頂点に達した。

■ついに社長! 勢い止まらない30代

 トムはひとりの俳優として80年代を駆け抜けた。そして90年代になると俳優の領域を超えて、映画制作者としても活躍を始める。1992年にはクルーズ・ワグナー・プロダクションズを設立し、プロデューサーの地位を得た。

 ちなみに同年の来日時、彼は日本の記者に名刺を渡したそうだが、そこにはカタカナでトム・クルーズ、漢字で「社長」と書かれていたという。スターとしての来日インタビューの場で名刺配りをしているあたり、彼の経営者としての本気度が窺い知れる。

 俳優業も相変わらず絶好調で、法廷映画の傑作『ア・フュー・グッドメン』(1992年)のような重厚なサスペンスから、不老不死の吸血鬼らの耽美な世界を描いた『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994年)、とある夫婦の性生活が暴走していく『アイズ ワイド シャット』(1999年)、カエルの雨が降ってくる中での群像劇『マグノリア』(1999年)といった作家性の強い作品まで、幅広く活躍する。後に大変なことになるスパイ映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの1作目を立ち上げたのもこの頃だ。

 トムの勢いは留まるところを知らず、90年代を猛スピードで駆け抜けていく。なお先述の名刺を渡したときのインタビューで、本人は自分について以下のように語っている。

「ガキの頃からケンカ、しっぱなしだった。鼻を折ってしまったくらいハデにやってきた。不良と呼ばれてきたけど、でも、命だけは粗末にしなかった。自分なりに精一杯、生きてきた。きっと生きることが好きなんだろうね」

 精一杯生きる……それは今日も一貫しているトムの人生哲学だ。しかし、人生はそう上手くいかないもの。40代、世間一般でいう中年にさしかかる頃、トムのキャリアに初めて陰りが見え始める。

■中年の危機! 失速した40代

 まず2001年、トムの不倫が原因でニコール・キッドマンと離婚。またトムは新興宗教サイエントロジーにハマっていた。サイエントロジーは邪悪な銀河連邦といった単語が飛び出すSF的な教えを説く団体で、トムはその思想に従って「精神医学はニセ科学」といったどう考えてもアウトな失言をかましてしまう。

 さらに2005年にテレビのトークショーに出演した際にテンションが上がりすぎて、ソファーの上で飛び跳ねるなどの奇行を見せる。世間のイメージは急激に悪化し、映画会社ともトラブルが起きた。『ミッション:インポッシブル3』(2006年)はシリーズの中では大ヒットとは言えない結果で、ロバート・レッドフォードが監督・主演したポリティカルサスペンス『大いなる陰謀』(2007年)もイマイチに終わった。

 もちろん渡辺謙や真田広之ら演じるSAMURAIと共に明治政府と戦う『ラストサムライ』(2003年)や、宇宙人の襲撃からひたすら逃げまわるパニック映画の傑作『宇宙戦争』(2005年)といった話題作もあったが、ゴシップが先行し、20〜30代の頃に比べると失速したのは否めない。

 俗に「中年の危機」という言葉があるが、40代のトムも危機的な状況にあったと言っていいだろう。ところが、こうした危機をトムは1本の映画で乗り切った。

 ゼロ年代後半、トムは『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(2008年)というコメディに出演する。戦争映画を作っていたスタッフが、色々あった末に本当の戦場でロケをすることになる偏差値が地表スレスレのコメディ映画の傑作だ。強烈なシーンが連発するが、その中でも観客は、トムのパフォーマンスに驚愕した。

 トムは特殊メイクで太ったハゲ頭の短気で強欲な映画プロデューサーに変身して、それまでのイメージと全く異なるキャラクターを熱演したのだ。

 何かにつけて激怒しては放送禁止用語を連呼しまくり。最後はダンスナンバーをBGMに1人で踊り狂う。無茶苦茶な役で新境地を開拓しつつ、同時にパンツ姿で踊っていた『卒業白書』の頃の初心を取り戻す離れ業を披露したのだ。

 たけし軍団もビックリの“みそぎ”的な怪演は高く評価され、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネート。さらにこの扮装のままMTVムービー・アワードのステージでジェニファー・ロペスと一緒に踊る大フィーバーを巻き起こす。

 そして、この頃から何となく「トム・クルーズは色んな意味でヤベぇ」という世論が形成されていった。いち俳優やいちプロデューサーを超えて、ある種の怪人的な魅力を放ち始めたのだ。

(本記事の初出は「 tayorini 」by LIFULL介護より)

?

「ハリウッドきってのおしどり夫婦」はなぜ破綻したのか? 世界で最もセクシーな男・ブラピの歪んだ私生活 へ続く

(加藤 よしき)

関連記事(外部サイト)