〈#ちむどんどん反省会 が話題に〉原田美枝子63歳か?撮影の合間に“ちむと?んと?ん”している意外な習い事とは

〈#ちむどんどん反省会 が話題に〉原田美枝子63歳か?撮影の合間に“ちむと?んと?ん”している意外な習い事とは

〈#ちむどんどん反省会 が話題に〉原田美枝子63歳か?撮影の合間に“ちむと?んと?ん”している意外な習い事とはの画像

? 今年4月から放送中のNHK・連続テレビ小説『ちむどんどん』。9月末の最終回に向けて残り2カ月を切る中、SNSではドラマの展開や内容を巡り「#ちむどんどん反省会」をつけてツイートする視聴者が増えている。

 みなが思わず突っ込みたくなる異色の朝ドラを、より楽しむために、これまで 「週刊文春」 が報じてきた秘話を大放出。最終回が近づく今、もう一度読み返したい記事をあらためて公開する(初出:週刊文春 2022年6月23日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)。

◆◆◆

「あなたはクビ!」

 NHK朝ドラ『ちむどんどん』で、黒島結菜演じる主人公・暢子に何度もクビを宣告しているのが、レストランのオーナー・房子を演じる原田美枝子(63)だ。

 沖縄の言葉で「胸がワクワクする」を意味するタイトルの今作。朝ドラ出演は、『水色の時』以来、実に47年ぶりの原田も、ワクワクしているようだ。

「厳しい役ですが、『最近、優しい役が多かったから“クビ”って言うのも格好いい』とノリノリ。黒島さんを可愛がっていて、沖縄出身の彼女と『沖縄はそばや豚肉が美味しい』と話をしていた」(NHK関係者)

■芸能界入りの切っ掛け

 58年、東京・大塚に生まれた原田。朝ドラの現場で「黒島とオーディションの話で盛り上がっていた」(同前)というが、芸能界入りの切っ掛けは映画のオーディションだった。

「最終選考で落選したが、芸能事務所から声を掛けられ、15歳で映画デビューを果たした」(芸能記者)

 76年に『大地の子守歌』、『青春の殺人者』で数々の新人賞を受賞。大物俳優たちにも愛された。

「ドラマ『新・座頭市』で共演した勝新太郎とは、写真集を共作。ドラマでの共演をきっかけに松田優作夫妻と親交を深めた。松田は鳥取砂丘で行った石橋凌との結婚式で、カメラを回して撮影をしていたほど」(同前)

 黒澤明監督の映画『乱』(85年)に抜擢されたのは、25歳のとき。

「米アカデミー賞にノミネートされるなど、高い評価を受けた。黒澤監督は『映画が盛り上がったのは原田君のおかげ』と声をかけたそうです」(映画関係者)

 98年の映画『愛を乞うひと』では娘を虐待する母と、その娘の30年後を一人二役で演じ、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得。平山秀幸監督が語る。

「企画が立ち上がった時から主演は原田さんで、と思っていました。母娘の一人二役も『二役も出来るのが嬉しい』と引き受けてくださった。終盤のバスのシーンでは、彼女が思いを吐露し、涙を流す。『ワンカット、ワンテイクだけ』と決め、4分ほど長回しで撮影しましたが、見事に一発OKでした」

 母から虐待される娘を演じた浅川ちひろが続ける。

「虐待シーンの後は、『ごめんね、痛かったよね……』と優しく声をかけてくださいましたが、撮影中は本気で怖かった(笑)。打ち上げで『女優は鏡を大切にしないといけないから』と、手鏡を頂きました。宝物です」

■原田美枝子が娘と“ちむどんどん”している意外な趣味

 私生活では3人の子どもを儲けた。長女の優河(ゆうが)は今年、『妻、小学生になる。』(TBS系)の主題歌を手掛けた歌手。次女の石橋静河は原田と同じ道を歩み、今や大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演するほど。

 実は原田には、娘と共通の趣味がある。

■40代後半で体重を落とすために始めたのは……

「うちには15年程前から通っていただいています」

 そう語るのは、原田が通う乗馬クラブのオーナー夫人だ。40代後半で体重を落とすために始めたというが、想像以上にハマった。

「ご自身の馬も持っていて、多い時は週に1、2回。17年には競技大会で入賞もされた。娘さんと一緒のこともあります。常連さんたちとよく談笑されていますが、初めての方が『CMの声がする!』と驚かれたことも(笑)」(同前)

 なんと朝ドラの合間にも乗りに来ているという。

「6月にもいらっしゃって『撮影が忙しくなるから、時間を見つけたら伺います』と言っていました」(同前)

 乗馬もよっぽど“ちむどんどん”するのだろう。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年6月23日号)

関連記事(外部サイト)