「これなに最高、信じらんない!」マンガ大国フランスで“BL専門コミコン”を作った女性 「腐女子は隠れろ」論争にレイプ問題も…

「これなに最高、信じらんない!」マンガ大国フランスで“BL専門コミコン”を作った女性 「腐女子は隠れろ」論争にレイプ問題も…

フランスでBL専門イベント「Y/CON」を主催しているヴァレンティーヌ・テジエさん

 日本文化の総合博覧会であるジャパンエキスポに25万人が集まり、漫画「ONE PIECE」の販売部数が累計3000万部を突破するなど、フランスはヨーロッパ随一のマンガ愛好国である。その中で、日本ではボーイズラブ(BL)と呼ばれる男性間の恋愛を描いたジャンルも着実に人気を拡大している。

 ヒット作の売れ行きは15万部を超え、BL専門のファンイベントも毎年のように開催されている。 とはいえ2013年には同性婚も合法化されているが、伝統的にはカトリックの国なので極右を中心に反同性愛運動も根強く存在する。その中でBLが定着した背景には、熱烈なBL愛好家たちの存在があった。

 パリ郊外・アルキュイユという街に住むヴァレンティーヌ・テジエさんは、フランスのBL業界(現地では「yaoi=やおい」と呼ばれることが多い)の有名人だ。「Y/CON」と呼ばれるBL専門イベントを2011年から主催している。現在32歳の彼女は、21歳でこのイベントを設立し、全く別ジャンルの会社も起業している。彼女のBL歴は17年におよび、出会いは15歳の時だったという。

「初めてBLを読んだ時? それはもう『これなに最高、信じらんない!』っていう感じでしたよ。小さい頃からマンガは好きで『ドラゴンボール』とか『犬夜叉』を読んでいました。それで高校に入った頃に友達が成人向けのエッチな漫画を貸してくれて、それを私が気に入ったのを見て『これもどう?』とBLを勧めてくれたんです。今でも自分の一番好きなジャンルはBLです」

 BLの魅力を尋ねると、登場人物や絵の美しさもさることながら、自分が「部外者」であることがポイントだという。

「私は女性なので、男同士の恋愛においては部外者です。だからこそ、まるで登場人物の女友達になって彼らを応援しているような気になる。ハッピーエンドの作品が多いのもいいですね」

 今ではフランスでもBLはジャンルとして定着しているが、17年前はまだマイナーで、ファンであることもあまり表立っては言いにくい雰囲気があったという。テジエさんも友人たちと学校でマンガの貸し借りをしていたが、BL作品は家だけで読むという友人もいたという。日本でも「腐女子は隠れろ論争」はいまだに存在するが、フランスでも事情は同じのようだ。

 15歳でBLに出会ったテジエさんが、専門イベントを作ろうと決心したのは19歳の時だった。

「2009年のジャパンエキスポで『Yaoi』のファンを集めた30人ほどのオフ会がありました。当時はBLが趣味の仲間と集まる機会も少なく、ねえあれ読んだとか、この作品おもしろかったよとか、そういう会話をすることも難しかった時代で、本当に楽しい時間でした。ただこの時私たちは『I love yaoi』と書いたバッジをしていたんですが、それを見た他のマンガ好きに『あいつらやおいなんか読んでるぞ、まじかよ』と言われてショックを受けたんです」

 BLがフランス社会の中で偏見にさらされていることは知っていたテジエさんも、“マンガ仲間”からのこの露骨な偏見にはショックを受けた。

「マンガを読んでる時点で、当時は彼らだって社会からオタク視されていたじゃないですか。それなのに私たちのことを馬鹿にするなんて……。フランスでは、みんな自分の趣味を愛する権利があるはずです。あまりに頭にきたので、『Yaoi』のファンが偏見を気にせず胸を張って自分の趣味を語り、他のファンと交流できるように専門のイベントを作ることを決意しました」

 こうして生まれたのが「Y/CON」である。雰囲気としては、コミコンの縮小版を想像していただけるといいかもしれない。2100平方メートルの会場を2日間借し切り、BL漫画や小説の原作者を招いてファンとの交流をするとともに、コスプレやカラオケ大会、アニメの上映などのイベントをおこなうのだ。既に開催7回を数え、2011年の初回は401人だった参加者も「みのりの手」等の作品で知られるスカーレット・ベリ子さんを日本から招いて開催した2018年には2500人まで増えた。第8回は今年の12月に予定されており、日本のみならずアメリカやヨーロッパ中からBL作家が参加する予定だという。

 フランスでBL人気がぐっとのびたきっかけは、やはり日本発のあるトレンドだったという。2012年からBL作品を手がける出版社「Taifu(台風) Comics」で編集者をしていたギヨーム・カップさんは、その成長過程をこう語る。

「当初のBLは『性的なシーンだらけで読み物としては面白くない」というマイナスのイメージがありました。しかし2010年ごろから日本で新しい世代の作家が次々と生まれ、作品が多様化したことでファン層も拡大しました。フランスで特に人気が高いのはキヅナツキ、紀伊カンナ、ヨネダコウなどの作家たち。その人たちがBL×サイエンスフィクション、BL×音楽のような他ジャンルの要素を取り入れ、男性同士のセックスシーンが続くだけではない作品が増えたんです」

 フランスでBL作品を扱う出版社はTaifu Comicsを含め主に4社あり、国内でもBL作家は増えつつあるが流行の発信地は今でも圧倒的に日本だという。

「BL業界の編集者はみんな、日本でどんなものが売れているかをいつも気にしています。BL専門の口コミサイト『ちるちる』や、日本地域のアマゾンのランキングをチェックするのもマストですね」(同前)

 フランスでのBLの広がりを語るうえで、性的マイノリティに対する理解の変化とLGBT文化の一般化を無視することはできない。フランスにおけるBLの歴史についての論文を書いたローランさんによると、フランスのBLファンコミュニティは、1990年代終盤にネット上で形成されはじめていたという。

「日本の作品を勝手に翻訳してFAXで回し読みしたり、メーリングリストを作って自分たちで同人誌を作りはじめたコミュニティがあり、それにTonkam (フランスで漫画の翻訳を手がける出版社のひとつ)が目をつけて、正式に翻訳・出版することになったという流れです。アンダーグラウンドなところからスタートしたのは日本と共通ですね」

 しかしそれから20年ほどで、フランスのLGBTを取り巻く環境は大きく変わった。2013年に同性婚が合法化され、社会全体が多様性を認める方向に大きく舵を切った。

 以前は特別視されていたLGBTに関する作品も、もはやメジャージャンルの1つだ。BLマンガは女性向けのジャンルと思われがちだが、この流れの影響が生み出す新たな需要をしっかり受けとめているという。

「フランスのBL読者2000人に調査をしたのですが、実は過半数が性的マイノリティの人々でした。異性愛の女性も多いのですが、それ以上にゲイ、レズビアン、トランス男性(出生時の性別は女性だが性自認が男性の人)が多い。他の人に性的欲求を抱かないアセクシャルの人が含まれていたのも興味深いです。要するにヘテロ男性とトランス女性以外は読んでると言った方が早いかもしれません」(ローランさん)

 自身もトランス男性であるローランさんは、トランス男性がBLに手をのばす理由はよくわかるという。

「トランス男性は『どういう男性になりたいか』を自分で考える必要があります。その時に、フランスで長らく主流だったマッチョな強い男性像とは全く違う男性を描くBL作品が参考になるんです。BL作品の登場人物はよく泣くし、とてもロマンチックで傷つきやすい。だから『強くなろうと思えない人』には親近感があるんです」

 一方、BLマンガがゲイの間で急速に広まったのには、『バディ』などの日本のゲイ雑誌が近年休刊してそこで活躍していた作家がBLに流れ込み、以前より毛深くマッチョな男性的な登場人物を描く作品が増えたことも影響しているという。

「強くマッチョな男性」という価値観をどう作り直すかはフランスでも大きな注目を浴びるテーマで、BLが多くの女性に支持される理由にも影響している。

「今の女性たちは、女性の体が男性目線の単なる性的な対象として描かれるのにうんざりしてきているんじゃないでしょうか。BLは女性をそのストレスから解放したと言えるかもしれません」(同前)

 フランスでの人気拡大がしばらく続きそうなBLマンガだが、BLマンガに多い“ある展開”が徐々に問題になりつつあるという。それは登場人物が、相手の同意なしに性的な関係に至るケースが多いことだ。

「性行為に同意が必要なのは異性愛でも同性愛でも同じです。たとえフィクションの中であっても、全てが許されるわけではない。たとえ日本で人気がある作品でも、強制的に関係を持つ作品の翻訳は慎重に見極めています」(前出・カップさん)

 まだそれが理由でフランスでの翻訳・出版がストップした事例はないというが、今後はますます重要な基準になっていく可能性が高いという。

「レイプで始まる恋愛を肯定することはできません。BLは今までマイナーなジャンルだったのが、出版社や編集者の努力でやっとここまで市場が育ってきたのです。性的合意をめぐる議論で悪いイメージがついてしまったら、BLというジャンルの可能性ごと潰してしまうことになる。それは非生産的だと思いませんか」

(柳下 雄太/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)