「マンガは新人でもベテランと戦えるメディアなんですよ」7つのペンネームを使い分ける「超一流マンガ原作者」の正体

「マンガは新人でもベテランと戦えるメディアなんですよ」7つのペンネームを使い分ける「超一流マンガ原作者」の正体

マンガ原作者・樹林伸はなぜ「7つのペンネーム」を使い分けるのか? 写真はイメージです ©iStock.com

「小汚い雑誌だった」…サンデー編集者から格下扱いされていた「ジャンプ」が“最強のマンガ誌”になれた理由 から続く

「小説で毎回ペンネームを変えていては、どんなに面白い作品を書いても売れないでしょう。でもマンガの場合は中身さえ面白ければ売れる。新人でもベテランと戦えるメディアなんですよ」

 業界内ではその名を知らぬ人はいないと言われる、マンガ原作者の樹林伸(きばやし・しん)氏。そんな彼が自身の名を売ることを捨て、あえて「7つのペンネーム」を使い分ける理由とは? ライターの伊藤和弘氏による新刊『 「週刊少年マガジン」はどのようにマンガの歴史を築き上げてきたのか? 1959ー2009 』より一部抜粋してお届けする。(全3回の3回目/ #1 、 #2 を読む)

◆◆◆

■「7つの名を持つ原作者」樹林伸

 樹林伸という名は、一般にはそれほど知られていないかもしれない。しかし、マンガ業界では「超」がつく有名人だ。

『金田一少年の事件簿』の原作者・天樹征丸、『Get Backers奪還屋』の青樹佑夜、『エリアの騎士』の伊賀大晃、『ブラッディ・マンデイ』の龍門諒、『探偵犬シャードック』の安童夕馬、『神の雫』(「モーニング」連載)の亜樹直。これらすべてが樹林のペンネームである。

 人呼んで“7つの名を持つ原作者”――。

 多くのペンネームを使い分け、平成後半には常に「マガジン」で複数の連載を抱える“平成の梶原一騎”とも呼べる活躍を見せた(2022年も「伊賀大晃」が連載)。さらに本名で小説まで書くのだから、梶原以上かもしれない。

 いくつもペンネームを持っているのは、「読者に先入観を与えず、常に新人として向き合いたいから」と樹林は説明する。

「小説で毎回ペンネームを変えていては、どんなに面白い作品を書いても売れないでしょう。でもマンガの場合は中身さえ面白ければ売れる。新人でもベテランと戦えるメディアなんですよ」

 もともと樹林は「マガジン」編集部在籍中から名物編集者として内外に知られていた。1987(昭和62)年の入社と同時に「マガジン」に配属され、『コータローまかりとおる!』の蛭田達也や『あいつとララバイ』の楠みちはるを担当した。

「楠さんは営業マンをやっても良かったんじゃないか、というくらい喋りもすごく面白い人で。台詞の入れ方、キレっていうんですかね、いつも『うまいなぁ』と思っていた。盛り上げどころをどう作るかなど、後に原作者になる上でとても参考になりました」

 五十嵐隆夫編集長が提唱したプロデューサー・システムによって、早くからストーリー作りにも積極的にかかわるようになった。1990(平成2)年から始まり、「な…なんだってー!!」の名フレーズで知られるノンフィクションマンガ『MMR マガジンミステリー調査班』(石垣ゆうき)には、主人公の「キバヤシ」として登場する。樹林にひと目でも会おうと、アポなしで編集部を訪ねてくるファンも珍しくなかったそうだ。

 2017(平成29)年から「マガジン」第11代編集長を務める栗田宏俊は、1994(平成6)年の入社後すぐに「マガジン」に配属された。指導社員になったのが8年目を迎えていた樹林だった。

「マンガ作りのイロハはすべて樹林さんに教わった。それまで持っていた編集者の概念をくつがえされました。たとえば、編集者は『ネームを切れるようにならなきゃダメだ』と言うわけですよ」

 ネームとはコマを割り、台詞とラフな絵を入れた下書き原稿。通常、マンガ家はまずネームを書き、編集者のOKをもらってからペン入れを始める。ある意味ではペン入れ以上にクリエイティブで、「マンガを描く」うえで最も重要な工程といっても過言ではない。

 梶原一騎や小池一夫が活躍した昭和の時代には、原作者は小説やシナリオの形式で書いていたが、最近はネームで原作を書く者が主流になっているという。絵を入れるマンガ家もその方が助かるし、編集者も文字だけの原稿よりイメージしやすいだろう。

 マンガ編集者にとって、ネームは生原稿以上に身近なものだ。ネームを正確に読み取り、そこから完成原稿をリアルに想像することで作品の良し悪しを判断できる。

 しかし、マンガ家が書いたネームを「読む」ことと「自分で書く」ことは大きく異なる。ごく簡単なものとはいえ、曲がりなりにもコマを割って「絵」を描かなければならない。台詞を入れるということは、すなわち原作を書くということでもある。マンガ編集者なら書けて当たり前、というものでもないだろう。

■「とてもマンガ家さんをリスペクトする人なんです」

 栗田編集長はこう続ける。

「つたないながらも自分でネームが切れるようになると、“ネームを作る”とはどういうことか、描き手の角度からわかるようになりました。樹林さんはとてもマンガ家さんをリスペクトする人なんです。絵が描けない編集者が上からものを言っても反感を買う。編集者もネームを書いて、同じ土俵に立って一緒に考えることで、マンガ家さんも素直に意見を聞いてくれるんだというわけです」

 令和に入って本数は減ったが、前述したように2022年現在も樹林は「マガジン」に連載を持っている。もちろん原作者として優秀だからに違いないが、栗田編集長によると「後進の編集者に対する教師役として買っているところもある」という。

「最近はキャラクター作りが先行するので、マンガ家さんも編集者もストーリーを緻密に組み立てられないところがある。樹林さんに原作を頼むと、それを現場で教えてもらえるわけですよ」

■納得できればいつでも書き直す

 先に触れた『キラキラ!』の安達哲に加えて、『シュート!』の大島司、『GTO』の藤沢とおる、『金田一少年の事件簿』のさとうふみやなど、何人もの売れっ子を発掘した名伯楽としても知られる。

「売れる絵には2種類あります」と樹林は指摘する。

「味かデッサン力。どちらかがないといけない。僕自身が担当した作家でいえば、大島司や朝基まさしはデッサン力、両方持っているのが藤沢とおるです」

 朝基まさしも樹林が育てたマンガ家のひとりだ。「マガジン」で連載した『サイコメトラーEIJI』『クニミツの政』『シバトラ』はいずれも安童夕馬(樹林)の原作。ちなみに、3作すべてがテレビドラマ化されている。

 樹林との出会いは高校生のとき。「マガジン」の月例新人賞に短いギャグマンガを投稿したら最終選考に残った。そのとき電話をかけてきたのが、まだ新人だった樹林だ。その後、大島司のアシスタントを経てデビューした。

 朝基は次のように樹林を評する。

「コマの割り方や演出方法など、マンガの“見せ方”はかなり樹林さんに教えてもらいましたね。編集者としても群を抜いているし、原作者としてはすごく柔軟な姿勢を持っています。梶原一騎は一字一句直させなかったと聞きますけど、樹林さんはまったくそんなことはない。僕や編集者の意見も聞いて、いいと思えばあっさり変える。もともと編集者ですから、冷静にマンガを見られる目を持っているんでしょうね」

 朝基の出世作『サイコメトラーEIJI』は、駆け出しだった栗田編集長も担当のひとりだった。その当時、まさしく朝基の言葉を裏付ける体験をしたという。

「樹林さんはつまらないプライドがなくて、とにかく“面白い”ということが価値観の最上位にある。『サイコメトラーEIJI』のネームで、2時間くらい樹林さんともめたことがありました。最後には『じゃあ、お前が原作書け!』と言われて、徹夜して書いたんです。翌朝、それを樹林さんに見せたら『なるほど、こういうことか。よし、これで行こう』と。この人、すげえ!と思いました。

 駆け出しの後輩と2時間もやり合ったら、普通はプライドもあって引けないでしょう。それをあっさり自分の意見を捨ててしまえる。『先輩も後輩も関係ない。とにかく面白いものを作ればいいんだ』と公言して、それを体現していたし、他人が出した面白いアイデアをさらに面白くしたい気持ちがとても強い人でした」

 新人時代の樹林は自分に頭を下げた五十嵐隆夫編集長に驚いていたが、いつしか自身も同じ行動を取れるようになっていたわけだ。

 原作者として梶原一騎のようなプライドを持っていないのは、樹林がみずからを「第一に編集者」だと考えていることが大きいのかもしれない。後に講談社を辞めてフリーランスになったときも、「編集者から原作者に転職」したのではなく、「フリーの編集者として独立した」のだと樹林は表現する。

「原作者というより、絵も含めてトータルで見ていく編集者ですね。もちろん、担当編集者の意見は尊重します。納得さえできればいつでも書き直す。自分と相手の意見が違うとき、同じくらいのレベルなら迷わず相手の意見を取ります。誰でも自分の意見は通したいでしょう。それが相手と同じレベルに感じられるということは、実際は相手の方が面白いから。簡単な理屈ですよ」

■樹林伸の仕事哲学

 樹林がストーリーを作る上で心がけていることはいくつかあるが、ひとつは「読者に必要以上のショックを与えない」ことだ。

 例えば、伊賀大晃の名義で書いた『エリアの騎士』(画・月山可也)では、序盤早々に主人公の兄が死んでしまう。「鋭い読者にはそれが予感できるように描いた」と樹林は打ち明ける。

「意外なものは意外と簡単にできる。インパクトを出し過ぎて失望感を持たせてしまったら、新人の作品なんか読まなくなっちゃいますよ。だから、あえて兄のキャラクターを立たせる前に殺しました」

 それは自身の経験が大きいという。

 学生時代、「サンデー」の『タッチ』をリアルタイムで愛読していた。途中、主人公・達也の弟である和也が急死する。『あしたのジョー』における「力石の死」のような不可欠の名場面だが、連載当時は「サンデー」編集部に抗議の電話が殺到したらしい。寝耳に水の展開に、樹林も大きなショックを受けた。

 もちろん、あだち充が「和也を殺した」ことは決して間違っていない。そもそも『タッチ』というタイトルには、「弟から兄へのバトンタッチ」という意味もあったという。後からの思いつきではなく、開始当初から予定されていた展開だ。

 だが、あだちは当時すでに人気作家だったから良かったが、「新人だったらアウトだったかもしれない」と樹林は言う。

「ともかく、僕はそこで『タッチ』を読むのをやめてしまいました。いまだにその後の展開は知りません――。僕が担当なら、新人にそんな冒険はさせませんよ。だから『シュート!』でも、久保のキャラが立つ前に殺すことを心がけたんです。当時は(作者の)大島司も新人でしたから」

(伊藤 和弘)

関連記事(外部サイト)