「ナウシカとクシャナ、古典歌舞伎にいない主体的な女方が主役の物語」 尾上菊之助が『風の谷のナウシカ』を新作歌舞伎に選んだ理由

「ナウシカとクシャナ、古典歌舞伎にいない主体的な女方が主役の物語」 尾上菊之助が『風の谷のナウシカ』を新作歌舞伎に選んだ理由

尾上菊之助さんがナウシカを演じ、2019年に初演された新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』 ©松竹

「長い古典を歌舞伎にするとき、どこを切り取るかかなり悩む」 尾上菊之助がアニメ『平家物語』の脚本家と語る“平家の苦しみ” から続く

 約800年前の古典が初めてアニメ化され注目を集めたTVアニメ『平家物語』。古川日出男現代語訳版を原作とし、脚本を『けいおん!』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の吉田玲子が手がけた。

 「平家物語」は歌舞伎にとって、多くの関連作品を生んだ特別な存在。アニメ『平家物語』を「とても面白く観た」と語るのは、歌舞伎俳優の尾上菊之助だ。2019年には漫画『風の谷のナウシカ』を新作歌舞伎として上演、現代の作品を歌舞伎と融合させ、新しい表現を生み出しつつ、古典芸能の継承に力を入れている。

 古典を語り継ぐことについて、尾上菊之助と吉田玲子が語り合った。(全3回の3回目。 #1 、 #2 を読む)

■主流じゃない人たちに焦点を当てたテレビアニメ『平家物語』

吉田 少し話がそれますが、最近、夏目漱石がマイブームで、『坊っちゃん』や『三四郎』を読み返したんです。明治時代は、立身出世主義や拝金主義が台頭しましたが、漱石が描く主人公は、時代の流れについていけず、むしろ個の価値観を大事にしている。なんだか村上春樹が描く主人公みたいだなと思ったんです。

 物語も繰り返すというか、主流と傍流、それぞれの人の物語があって、今回の『平家物語』は主流じゃない人たちに焦点を当てたんだ、と。

菊之助 なるほど。主流でない人の物語といえば、歌舞伎にも『仮名手本忠臣蔵』の外伝として書かれた鶴屋南北の『東海道四谷怪談』があります。南北さんも、昔の仇討ちを当時の現代ものとして書くときに、真正面ではなく、斜めから見て書いたんでしょうね。

 吉田さんも、主流ではないびわちゃんや重盛さんの物語を描くことによって、壮大な古典である「平家物語」を身近に感じるための入口を作ってくださったと思います。なので、古典の物語、昔の価値観というものでも、真正面ではなく斜めから描くことで、より身近に感じることができるのではないかと、これから自分が何か物を作っていくときのヒントをいただきました。勉強になります。

吉田 とんでもないです(笑)。

■ 新たな古典 新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』

 一方、菊之助さんが、再演を重ねて新しく古典になっていくようにと作り上げたのが、新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』だ。菊之助さんの高祖父、五代目尾上菊五郎は幕末から明治にかけて、世相を反映した新作を作り、江戸っ子に爆発的な人気を博した俳優。今も上演される古典歌舞伎を数多く残した。新作を作る挑戦は、代々受け継がれてきたものでもある。

菊之助 20代の頃は、自分の身体を通して古典の役を100%お客様に伝えるための訓練というか、稽古を積むことで、古典の継承に重きを置いてきましたが、幸いなことに、2005年には、演出家の蜷川幸雄さんや父の力を借りて『NINAGAWA十二夜』という新作歌舞伎を作ることができ、ロンドンも含めて再演を繰り返しています。

 その後、インドの叙事詩から『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』を作るなど、新作を作る経験も積んできました。その中で、自分は普遍的で壮大な物語が好きだと気が付いたんです。次の新作歌舞伎はどんなものを作ろうかと考えたときに、宮崎駿さんの漫画『風の谷のナウシカ』を歌舞伎にしたら面白いのではないか、と。

吉田 歌舞伎の『風の谷のナウシカ』を拝見して、新しいものを作ろうとしている情熱をすごく感じました。ナウシカはヒロインでもありヒーローなんですよね。男性の菊之助さんが演じることで、性別を超えた美しさや強さがある魅力的なヒロイン&ヒーロー像になっていると思いました。現在、戦争が起きているせいかもしれませんが、今『ナウシカ』を観ると、「この人生を、この世界を愛して生きていく」という物語の芯が、あらためて胸に迫りますね。

菊之助 原作は、文明の滅んだ千年先から現代を照らし出し、問題提起しています。歌舞伎では、地球全体を舞台にしたり、環境問題やAI、核の問題を扱うことはなかったのですが、今のお客様に何を訴えたいのかを考えて作り上げました。飛行艇が戦う場面など、歌舞伎としてどう表現するか課題はたくさんありましたけれど(笑)。

 原作の世界観を壊すわけにはいかないですし、一方で歌舞伎役者の身体性が生きる脚本でなければいけない。古典歌舞伎の手法との合流地点を、稽古場で毎日探る作業をしていました。

■ナウシカとクシャナ、女方が主役の物語

吉田 拝見して、これから古典になっていくだろう物語の誕生を観た気がしました。

菊之助 ありがとうございます。ナウシカとクシャナという、古典歌舞伎にはいない、主体的に行動する新しい女方が主役の物語でもあります。7月には、初演時の前半部分の物語をもとに、大国トルメキアの皇女クシャナに焦点を当てた『白き魔女の戦記』を上演します。

 ただ短くするのではなく、クシャナの背負ってきた過去を膨らませてお見せできればという思いで制作をしております。初演時は、私はナウシカ役でしたが、今回はクシャナを演じます。一つの役を違う役者が演じることで、演目の深みが増していくのも、歌舞伎ならでは。どんな舞台になるのか、私自身が楽しみです。

text:Yuko Yanai

INFORMATION

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」初演版全幕を10月・11月、
前編・後編に分けて全国の映画館で上映!
詳細は シネマ歌舞伎HP にて

おのえ きくのすけ/1977年生まれ。歌舞伎俳優。屋号は音羽屋。96年、五代目尾上菊之助を襲名。立役・女方として、時代物、世話物、舞踊と幅広いジャンルで活躍。NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演するなど、TVドラマでも活躍。

よしだ れいこ/脚本家。『けいおん!』『映画 聲の形』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』『ブルーピリオド』など多くのヒットアニメを手がける。今年、NHKドラマ『17才の帝国』の脚本を手がけるなど、アニメ以外の分野でも活躍。

(「週刊文春WOMAN」編集部/週刊文春WOMAN 2022夏号)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?