「長い古典を歌舞伎にするとき、どこを切り取るかかなり悩む」 尾上菊之助がアニメ『平家物語』の脚本家と語る“平家の苦しみ”

「長い古典を歌舞伎にするとき、どこを切り取るかかなり悩む」 尾上菊之助がアニメ『平家物語』の脚本家と語る“平家の苦しみ”

監督・山田尚子×脚本・吉田玲子×キャラクター原案・高野文子×音楽・牛尾憲輔の座組で古典「平家物語」を初アニメ化。

「あくまで平家の人々に寄り添った物語にしたかった」アニメ『平家物語』脚本家が語る、“未来が見える目”が生んだ“緊張感” から続く

 約800年前の古典が初めてアニメ化され注目を集めたTVアニメ『平家物語』。古川日出男現代語訳版を原作とし、脚本を『けいおん!』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の吉田玲子が手がけた。

 アニメ『平家物語』を「とても面白く観た」と語るのは、歌舞伎俳優の尾上菊之助だ。古典を現代の物語として表現し、語り継ぐことについて、尾上菊之助と吉田玲子が語り合った。(全3回の2回目。 #1 、 #3 を読む)

■「滅ぼされる人々が、何を感じてどう生きたのか」を語りたかった

菊之助 それにしても、長い古典(*原作の現代語訳版で873ページ)を非常にわかりやすく、23分×11話におさめて構成なさっていますが、エピソードはどのように取捨選択なさったのでしょうか。というのも私自身、長編の物語を歌舞伎にするとき、どこを切り取ってどう見せるのか、戦略的にかなり悩むところなんです。

吉田 知らなかったエピソードの中に、とても心を打たれるものがあったんです。たとえば、自分たちが滅びる運命にあると悟った平家の若君たちの中には、平家が滅亡に至った壇ノ浦の戦いより前に、心が折れて自ら命を断った者がいたと知って衝撃を受けました。滅ぼされる側の人々が何を感じてどう生きたのか、しっかり語りたいと思ったんです。

 平家の人々の物語、家族の物語を描くことを念頭に置いて読むと、大事な部分と省く部分は自ずと決まっていきました。一番苦労したのは、感情の動きではない部分、史実である出来事に至った経緯を上手にわかりやすく見せるところでした。

■監督は「叙事詩というよりは叙情詩にしたい」

菊之助 滅ぼされる側を描くことによって、現代の人々に伝えたかったことはありましたか?

吉田 今の日本では、心の傷や辛さを抱えて生きている人のほうが圧倒的に多いのではないかと思います。生きていくには多かれ少なかれ大変なことがあり、その中でどう生きていくのかという心の苦しみがドラマの中心にある、というのは描きたかったところです。

菊之助 登場人物たちの心の悩みがしっかり描き出されていたからこそ、現代の人たちが共感できたんですね。これまでは源氏側が攻め滅ぼす場面がクローズアップされる作品が多かったですが、アニメの後半、平家が追いやられ、福原そして壇ノ浦へと落ちのびていくところでは、「平家の人たちもこんなに苦しい思いをしながら逃げていったんだ」という描写が、非常に心に響きました。

吉田 今作の監督を務めた山田尚子さんも「叙事詩というよりは叙情詩にしたい」と言っていたんですが、今までにない『平家物語』をアニメーションとして作るのが狙いの一つでもありました。

■歌舞伎の古典演目にも描かれる「人間の業」

菊之助 歌舞伎に残っている古典の演目も、深読みすればするほど、普遍的な人間の業や、人を思いやる心、人間が大事にすべきものは何かを描いていると思います。

『義経千本桜』の「渡海屋・大物浦の場」では、壇ノ浦を生き延びたという設定で、平知盛と安徳天皇が身分を隠して登場します。正体がわかったあと、満身創痍の知盛が碇を身体に巻いて、後ろ向きに海へ飛び込む豪快な場面があります。私も演じた役で、ここが芝居としての見せ場なのですが、内面のドラマを見ると、人間の執着から生まれる苦しみとその解放がテーマになっています。

 一族を守る以上のことを望んでしまった清盛の執着が地獄を生み、幼い安徳天皇まで巻き込み、六道を見せてしまった。この演目では、知盛は平家一門の執着を二度と浮上させないために、自分の肉体にとどめて海底に沈んでいきます。そういう六道輪廻の全てを引き受けたからこそ、彼の魂は解脱して天に向かっていくということを描いている。

■なぜ人には物語が必要なのか

吉田 興味深いお話ですね。『平家物語』の脚本を書きながら、なぜ人には物語が必要なのかをずっと考えていました。「平家物語」は史実をもとにしていますが、わざわざ物語にして読んだり、聞いたりしたいのはなぜなのか。それは、物語は、ただ現実の出来事を教訓とするだけでなく、善も悪も、情けも冷酷さも、いろいろなものが描かれていて、その中から自分に必要なものを感じとるためではないか——そんなことを思っていたんです。

 物語には力があり、私は今回、その力を借りて新たな物語を表現しましたが、観た人に何かを感じてもらうために私達はこういう仕事をしている。自分の仕事の意味を『平家物語』を通して再確認しました。菊之助さんのお話を聞いて、昔の物語を今もみんなが観て、聞いて、読みたいのは、その物語の中に見つけたい何かがあるから。だから、そういう古典は生きながらえていくんだろうとあらためて思いました。

菊之助 名作と言われる古典演目には残す意味というか、人間がそれを知ればお互いにいい世界を作れるという教訓のようなものがたくさん描かれています。それを大事にしつつも、自然にお客様に感じていただく舞台を務めることが役者としては大事だと思っています。たとえば『熊谷陣屋』は、合戦のさなか、忠義のために自分の息子を犠牲にして殺し、出家する熊谷次郎直実が主人公です。

 当時の武士社会では、個よりも主家が優先されていました。現代とは異なる価値観を持つ人物をどう表現するか、歌舞伎役者の課題なのですが、様々な価値観を提示することで、人それぞれ感じ取っていただけるものがあると思います。登場人物はみな、立場は違っても、それぞれに戦の悲しみと無常を背負っています。この芝居から「反戦のメッセージを受け取る」という方もいらっしゃいます。いろいろな見方ができるのは古典演目の魅力だと思います。

「ナウシカとクシャナ、古典歌舞伎にいない主体的な女方が主役の物語」 尾上菊之助が『風の谷のナウシカ』を新作歌舞伎に選んだ理由 へ続く

(「週刊文春WOMAN」編集部/週刊文春WOMAN 2022夏号)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    平家物語関連はもう一生みない方がいいかも的な台無し。文春に記事にされるだけで。図々しい。

すべてのコメントを読む