「準備はできている」慶大OBが太鼓判 巨人・原監督“ビリで電撃辞任”なら高橋由伸前監督が“再登板”スタンバイ!?

「準備はできている」慶大OBが太鼓判 巨人・原監督“ビリで電撃辞任”なら高橋由伸前監督が“再登板”スタンバイ!?

高橋由伸氏 ©️文藝春秋

 プロ野球のシーズン大詰めを迎えても、巨人が最下位圏内から抜け出せていない。原辰徳監督(64)は来季が3年契約の2年目。最下位以外が「無条件続投」とみられるだけに、去就は依然、予断を許さない。そして、ここに来て次期監督候補に、さる人選が取り沙汰されている。

 2016~18年に指揮を執った高橋由伸前監督(47)である。

■最下位は球団史上、1度しかない屈辱

 巨人は2年ぶりのV奪回が既に絶望的で、最下位の中日とは3ゲーム差しかない。最下位が確定すれば1975年の長嶋茂雄監督以来、47年ぶり。原監督は契約期間中とはいえ、進退問題に発展することは避けられないだろう。

 18年オフに球団が三顧の礼で迎え、19年から2年連続リーグ優勝に導いた経緯を踏まえると、解任はなくとも辞任はあり得る。

 既に各紙の巨人担当記者は、第2次政権下の原監督がクライマックスシリーズ敗退後に辞意を表明した15年を踏まえ、不測の事態に警戒感を強めているという。

「最下位は球団史上、1度しかない屈辱。原監督は現役時代を通じ、経験したことがない。7年前のように自ら身を引いても不思議ではない」(巨人担当記者)

 原監督がもしかしたら辞任するかもしれないというシミュレーションを、高橋氏周辺も想定しているという。同氏と同じ慶応大学OBの球界関係者はこう語る。

「何かあれば、ヨシノブに出て行く準備はできている」

■巨人はヨシノブ監督に負い目がある

 高橋氏は、原監督が退任した15年、球団の監督就任要請を受けると、現役続行を断念し、40歳の若さで就任した。要請は、原監督退任から数日しかたっていなかったという。「まさかと思った」と、高橋氏は青天の霹靂だった当時の思いを明かしている。

 

 チーム再建の構想に思いを巡らすどころか、選手から監督に転身する覚悟を決めるのにも満足な時間を与えられなかった。在任3年間の成績は2位、4位、3位。成績不振の責任を取り、18年限りで退任した。優勝を経験できなかった巨人監督は堀内恒夫氏以来、2人目だった。

「読売には選手のユニホームを脱がせてまで監督に据え、泥をかぶらせた負い目がある。3年という短期で退かせたのも、それ以上はヨシノブの名を落とさせず、再登板に備えるための措置だったと聞く。十分に準備させた上で、もう一度監督をさせたいとの青写真は根強い」(同前)

■退任直後に早くも再登板に意欲

 一方、高橋氏もかねて「負けて終わってしまった。負けたままでは終わりたくない」と監督復帰への意欲を口にしているという。

 プロ入り後初めて巨人を離れ、評論家としてネット裏から野球を見たことで視野を広げた。テレビのコメンテーターとしても活躍している。

「外から巨人を見て他チームと比較もし、問題点を的確につかんでいる。チーム内には亀井(善行)コーチらシンパも少なくない。監督退任後もチームの内情は把握してきたようだ」(前出とは別の番記者)

 他の監督候補者としては誰がいるだろうか。NY在住でヤンキースの指導者として活動する松井秀喜氏は今回も名前が挙がりそうにない。球団に、自らの後継者育成を託されている原監督の下、今季からそれぞれの専門分野で指導を託された3人では、次期監督最右翼と目される阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチ(43)が現役引退後、2軍監督を経て1軍でも指導経験を積んだ。満を持して「ポスト原」になるとみる向きもあるが……。

「阿部コーチは1軍のコーチである以上、今の低迷と無関係というわけにはいかない。もちろん監督の目が消えたわけではない。ヨシノブより年下だから、同じように一度チームの外に出て、その後になっても遅くはない」(元NPB球団監督)

 ならば桑田真澄投手チーフコーチ(54)と元木大介ヘッド兼オフェンスチーフコーチ(50)はどうか。

「特に桑田コーチは投手陣が不振を極めているため、原監督が続投した場合でも来季、今のポストにとどまるかすら不透明な状況です。元木コーチも現体制にいる限り、阿部コーチ同様、連帯責任になってしまう。低迷するチームで2軍監督ならともかく、現1軍コーチの監督昇格はファンの理解を得るのは難しい」(同前)

 在野にいることが「ヨシノブ再登板」の論拠を強めているようだ。

■黒い原監督と白い高橋氏

 高橋氏には原監督や他の候補者にはない強みもある。

 巨人は今季、8月までの観客動員で阪神の後塵を拝し、19年から、4年連続でセ・リーグ1位の座を明け渡しそうだ。投打の主力は生え抜きで固めている阪神に対し、巨人は観客数に直結する毎試合出場する野手で、坂本勇人と岡本和真が振るわず、中田翔、丸佳浩の“外様”や外国人選手が目立ち、若手の台頭も芳しくない。

「こういうチーム編成にしたのは、ほかでもない全権を持つ原監督。試合の中での選手起用や若手育成の手腕でもファンには疑問の声が少なくない。見限られつつあることが、この数字に表れている」(担当記者)

 原監督は8月、生え抜き4番の岡本和真が不振とみると、昨年途中に日本ハムで暴力問題を起こし、トレードで救済した中田翔を4番に昇格させた。そもそも原監督自身には12年、女性問題を解決するため、元暴力団員に1億円を支払ったと「週刊文春」に報道された過去がある。

「ファンからは、いまだに原監督からはダーティなイメージが払拭されていない。岡本の4番降格の時も自分が現役時代に『聖域』と表現した4番に、スネに傷を持つ中田を代役にするのかと冷ややかな声が聞かれた。ファンはこうしたことを含め、原監督に嫌気がさしているのではないか。ヨシノブさんなら対照的に好感度が高い。評論活動でさらにアップさせ、ファンへの訴求力がある。現役時代にスキャンダルがなかったわけではないが、なぜか桑田コーチや阿部コーチよりもインパクトが小さかったので」(同前)

 強化、ファン獲得で危機に瀕するチーム状況にあって、前監督の出番は訪れるだろうか。

(木嶋 昇/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?