「ダイナマイトのような活動をお願いします!」と…記者が感じた、BTS “いくらなんでも期待されすぎでは”問題

「ダイナマイトのような活動をお願いします!」と…記者が感じた、BTS “いくらなんでも期待されすぎでは”問題

BTS 政争の具に使われる悲劇

「ダイナマイトのような活動をお願いします!」と…記者が感じた、BTS “いくらなんでも期待されすぎでは”問題

©AFLO

「今、DJ(故金大中大統領)だったら? 2002年サッカーワールドカップ戦の際、洪明甫主将は『ベスト16に進出します。後輩たちの兵役免除をお願いします』と、文化体育観光相だった私に話しました。DJは兵務行政の苦衷にもかかわらず許可し、チームはベスト4へと進んだ。あの時は世論調査をやった記憶はありません。どうして兵務行政まで迷うのでしょうかねえ。私はBTSの兵役免除を歓迎しますよ」(2022年9月3日)

 自身のFacebookにこうしれっと書き込んだのは前政権で国家情報院院長だった朴智元氏だ。再び韓国国会でBTSの兵役問題が浮上し、現政権が対応にあたふたしていることを指したコメントだった。

■メンバーは兵役に就く立場を表明するも、白黒つけられない政府

 これまで何度も取り上げられてきたBTSの兵役問題。大衆文化芸術者としてBTSメンバーが代替服務を受けられるようにする法改正案は昨年6月から発議され、3件が審議中とされるが、結論が出ないまま持ち越されてきた。

 メンバー最年長のジンは今年12月には入隊期限の30歳を迎える。法改正のデッドラインは今年の6月末といわれたが、5月には新政権がスタートし、何も動かないまま、その期限もとっくに過ぎた。BTSはその前の6月14日、「グループでの活動を暫定的に休止する」と発表している。

 韓国紙の芸能担当記者が言う。

「この4月には所属事務所のHYBEがBTSの兵役について触れ、BTSが兵役に就く立場には変わりがないとしながらも、国会へ向けて『兵役の論議を今国会で整理してほしい』というコメントを出しました。これはスケジュールが組めないという現実的問題から政府に回答を求めたもの。

 そもそもメンバーは兵役については、『国に呼ばれればいつでも入隊する』というスタンスを明確にしており、現在は個別での活動も始まっています。当事者は覚悟しているだろうに、白黒つけられない政府が揺さぶっている格好です」

 BTSの兵役に特例を与える可能性として残っているのが、兵役法の施行令を改正し、兵役特例の対象枠を広げることだという。そのため、国会でもさっそく取り上げられ、BTSの兵役特例へ難色を示している李鍾燮国防相へ質問が飛んだ。

 李国防相は8月初めには、姿勢を軟化させ、「BTSが入隊しても練習時間を設けて、海外公演もできるようにする」と発言。しかし、海外での公演は国防省の許可により可能でも兵役服務中の営利目的の公演は法的に許されない。そのため、収益は税金に帰属させるとしたが、入隊後に他の兵士と別行動させる、そんな特別扱いができるのか、ヘアスタイルはどうするのかなどの問題と合わせて現実味に乏しいと物議を醸した。

■ 火消しに追われた「世論調査」発言

 8月31日には、与・野党議員が社会的合意を得るためにBTSの兵役特例に関する世論調査の実施を提示。これに李国防相は、「BTS兵役特例に関連して国民の世論調査を実施する」、「そうでなくとも世論調査を早く行うよう指示をした」と回答し、世論調査の結果いかんによってはBTSの兵役特例を決定するのではないかという憶測が流れ、波紋を呼んだ。

 しかし、これも慌てた国防省がすぐに火消しに走り、「世論調査を早く行えという指示ではなく、必要かどうか検討しろと指示したもので、世論調査を実施する際の調査機関や対象など関連する詳細事項を検討しろという趣旨だった」と発言の意図をあらためて修正した。

 李国防相も翌9月1日には前日の自身の発言について「世論調査の結果により決定するものではない。国民の意見を聞こうと思った」と釈明。世論の猛反発に今度は国防省が、「国防省はBTS関連の世論調査はしない」と念押しした。前出の記者が言う。

「内部での調整がまだできていなかったのでしょう。国防省では、人口の減少で兵員の確保が難しくなっている現状と、BTSに特例を許せば雨後の竹の子のように続々と特例事例が出てくることを怖れています。そもそも実際に世論調査を行うにしてもどの機関が行い、誰を対象とするかなど細部をつめなければならない“地雷”が多すぎる。さらに国防省による世論調査などまったく信用しないという人が圧倒的だった。

 それに直近の世論調査では、いずれもBTSの兵役特例に反対する声のほうが多く、国会で俎上に載せれば載せるほど反対の声が強くなっているような気がします。世論調査発言には国民のコンセンサスを得ようという目的があるようですが、やぶ蛇だったでしょう」

 国会では、大衆文化や体育分野での優秀者には33歳までの入隊延期を可能にし、国民のコンセンサスを得られるよう政府が努力する、という話もでているが、これも結論を先延ばしするだけだろう。

■市の関係者が「ダイナマイトのような活躍をお願いします!」

 スーパースターなだけにBTSが政治に巻き込まれることはもはや日常茶飯事だ。BTSは7月、2030年国際博覧会(エキスポ)の広報大使に任命された。李在鎔サムスン電子副会長も大統領特使になっており、「釜山の跳躍はワールドエキスポ誘致にかかっている」(釜山日報、8月31日)とエキスポ誘致は釜山市の悲願とされている。

 現在、2030年エキスポ開催地の最有力候補はサウジアラビアのリヤドとされ、釜山市は苦戦を強いられているといわれるが、その救世主としてBTSを選んだわけだ。広報大使の委嘱式では韓悳洙首相が、「“ダイナマイト”のような活動をお願いします」と挨拶したのに続いて、関係者も「千軍万馬を得た」「(BTSのおかげで)ゲームは終わったようなもの」と意気揚々と挨拶していた。 

 地元紙の釜山日報は「BTSの熱烈なファンダムARMYは博覧会国際事務局170の加盟国をはるかに超える197カ国に存在している」(8月29日)とBTSによるグローバルな広報の期待を込めたが、この社説の見出しは、「BTS発エキスポの熱気、来年末の総力戦まで続けば」だ。

 さらに、「BTS、ワールドエキスポ誘致が国防義務の完遂」(同、8月29日)という見出しのコラムまで。「オイルマネーに萎縮せず、巻き返しができる可能性が持てるとすれば総力戦しかない。その第一歩がBTSの代替服務適用だといい」と主張。「軍服務免除や特恵を与えようというのではない。2030年エキスポの釜山市誘致のグローバル広報大使としての役割によりオリンピックメダル獲得に次ぐ国家的功労として代替服務とすることは合理的だ」と熱く展開している。

 実際、釜山市長が尹錫悦大統領へBTSの代替服務を直接訴え、大統領室も真摯に検討するとしたと続けている。それにしても、いくらスーパースターとてエキスポ誘致を一身に背負うのは荷が重すぎやしないか……。

■政争の具に使われてしまうスーパースターの悲劇

 来月15日にはエキスポ誘致祈願のBTSのコンサートが釜山市で行われる予定で、釜山市ではコンサートの成功へ総力を傾けていると報じられた。コンサートは無料で、当初、海岸近くの敷地に10万人が収容できる特設会場を用意するとしたが、安全面に不安があるとされ、発表からわすが数日後には市内のスタジアムへ変更になった。

 釜山市内ではすでに宿泊予約が殺到。それにつけ込んだ悪徳宿所が宿泊費を10倍につり上げたり、突然キャンセルするケースが発生し、クレームも続出。釜山市が対応に乗り出していると伝えられている。

 冒頭の朴前国家情報院院長の書き込みは、一見、BTSの兵役問題への持論のようにもみえるが、27%という低支持率(韓国ギャラップ、9月2日)の尹錫悦大統領が世論を窺い右往左往する姿を嘲笑した政治的発言という評価がもっぱらだ。

 現在、韓国では与・野党の対立、さらには内部での確執も激化しており、両党とも泥沼化のカオス状態。そんな背景からも政争の具に使われてしまうスーパースターの悲劇。これは政権により都合よく使われる財閥にも通じる。BTSの兵役問題が揺れるたび、所属事務所の株価も上下し、当事者を場外においたまま、“狂騒曲”はぎりぎりまで続きそうだ。

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    南朝鮮国は経済ボロボロニャー!対ドルでウォンはいくらですか? 超輸出立国でウォン安はデス!

すべてのコメントを読む