離婚を経て9歳下の彼氏と…田中律子が51年の人生で手にしたもの

離婚を経て9歳下の彼氏と…田中律子が51年の人生で手にしたもの

女優活動も再開したいという

 8月31日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジ系)で、年下彼氏の存在を明かした田中律子(51)。

「明石家さんまから『年の差は?』と突っ込まれると、『9歳下』と照れながら正直に告白した」(放送記者)

 田中は12歳の時に東京・町田のデパートでスカウトされ、芸能界入り。モデルを皮切りに、吉田拓郎らが設立したフォーライフレコード初のアイドルとして歌手にも挑戦したが……。

「“杏里の妹分”として売り出され、シングルを11枚出すも、ヒットには恵まれなかった」(同前)

 10代後半からは女優に専念。陣内孝則、小泉今日子と共演したドラマ「愛しあってるかい!」の高校生役で注目されると、フジの月9「101回目のプロポーズ」で浅野温子の妹役を演じ、人気に火が付いた。

「健康的に日焼けした肌と飾らない笑顔でバラエティにも進出。“律ちゃん”と呼ばれ親しまれた」(同前)

 だが、人気絶頂の21歳の時、思わぬ落とし穴が。

「Jリーガーの“カズ”こと三浦知良と19歳から両家公認で交際し、結婚目前だった。ところがモデルの設楽りさ子との“三角関係”が発覚。カズは設楽を選んだのです」(芸能デスク)

 1992年、カズは設楽との婚約会見でこう発言。

「彼女(設楽)を幸せにすることで、田中さんにもわかってもらえると思います」

■一目惚れしたカメラマンと結婚したものの離婚。その後…

 失意の田中を救ったのは、CMの仕事で一目惚れした5歳年上のカメラマン。97年に妊娠4カ月で結婚し、翌年長女が誕生。初代MCだった「王様のブランチ」は産休のため降板する。

「一時は引退も考えたが、家庭を得て仕事への意欲が増し、出産1カ月後にはCM撮影をしていた」(同前)

 タレント活動の傍ら、ダイビングのインストラクター資格を持つ田中は、沖縄の海に魅了されていく。06年に珊瑚の保護活動をするNPO法人を立ち上げ、美ら海沖縄大使、石垣市サンゴ大使などを歴任。一方で夫とは12年に離婚する。

「インドア派の夫とは性格が水と油。約15年の結婚生活の大半は仮面夫婦だったと明かしている」(同前)

 45歳で沖縄に移住。現在は月の半分以上を沖縄で暮らし、恩納村の4階建ての自宅でヨガ教室も開いている。レギュラーは徳光和夫とコンビの「路線バスで寄り道の旅」(テレ朝系)くらいで、時おり単発の番組に出演する自由な生活。

「イギリスに留学中の娘も24歳となり自立しつつあるので、恋人の存在を明かしたのでは」(芸能記者)

 最近の生活は「好きなことができて最高に楽しい」と語っている田中。“101回目のプロポーズ”を受ければ再婚もありそうだ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年9月15日号)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    文春のカモにされてかわいそうに。どんな風に巣くわれるんだろうね。骨の髄までしゃぶしゃぶ?

すべてのコメントを読む