「篠山紀信さんに撮ってほしい!」元キャンパスクイーン3人の要求で実現した、あまりに新しい写真たち

「篠山紀信さんに撮ってほしい!」元キャンパスクイーン3人の要求で実現した、あまりに新しい写真たち

『première miyu takao』(小学館)より

「新しいんですよ、これ。私はいままで300冊以上の写真集を出してきましたけれど、こんなのは初めてですよ」?

 写真界の巨匠・篠山紀信さんが、前のめりになって話してくれた。こちらが少し面食らってしまうほどの高ぶった様子で。?

 年末に3冊同時、さらに1月には4冊目が刊行された、「premi?re」という写真集シリーズのことだ。?

「これから」の3人が伸びやかで開放的な姿を見せる

 山口百恵、宮沢りえ、AKB48……。時代を画する名だたる女優、アイドルの姿をつねに写真に収めてきたのが、篠山さんである。今回も著名な人選かと思いきや、ちょっと趣が異なる。?

 大学生時代に「キャンパスクイーン」として活動し、卒業後はソロで女優業などを展開してきた「これから」の3人が、モデルとなっている。結城モエ、高尾美有、松井りなの3人だ。?

 彼女たちがひとり1冊ずつ主役となり(1月刊の『 la?maison?de la?ruche 』は3人そろっての登場)、着衣と脱衣の姿を繰り返しつつ、魅力的な表情や肢体を見せてくれている。?

 そのさまが、異様なほど伸びやかで解放的だ。書を閉じたあとにまで、彼女たちの姿が残像となってしばし消えないほどの強い印象が残る。なぜなのだろう。篠山さんが上気して「新しい」と強調することと、何らかの関係があるのかもしれない。?

被写体自らが「篠山紀信さんに撮ってもらいたい!」と要求

 この写真集の「新しさ」を、篠山さんはこう教えてくれる。?

「被写体となる彼女たちが、自分たちの意思でことを運んだところがポイントです。?

 ふつうは事務所や出版社が、この人を撮ってほしいと依頼を持ちかけてきて、撮影の仕事は始まるものです。ところが今回は、発案者であり実現へ向け周囲へ働きかけたのが、彼女たち自身だったんです。?

 表現の仕事をしていきたい、けれど『キャンパスクイーン』も卒業したし、これからどうしたらいいだろう……。そんな悩みを抱えた彼女たちは、みずから行動を起こします。『いまの私たちを表現したい!』と事務所の社長に直訴したのだそうですよ。そうして『篠山紀信さんに撮ってもらいたい!』と要求したらしい。それで僕のところへ話が持ち込まれたわけです」?

 その後、本人たちと面会し、テスト撮影をしたり幾度も話し合うなかで、彼女たちの「表現をしたい」という意思が本物であり強固であることは確認できた。それならばと刊行する出版社も決めて、企画が動き出し、こうしてかたちをなすこととなった。?

 つまりこれは、成り立ちからして被写体主導の写真というわけだ。被写体である彼女たちは、生き方やこれから進む道を賭けてカメラの前に立った。それゆえ、これほどまでに伸びやかで躍動感ある写真群が生まれたということなのだろう。?

 被写体になった3人にとって、これはどんな体験になったのか。何を思ったか。進むべき道が見えただろうか。それぞれに話を聞いた。?

身体全部を使って表現したかった ――松井りな?

 まずは松井りなさんである。写真集を眺めれば、奔放に堂々とカメラの前に立っている印象なのだけど、グラビア撮影はこれがほぼ初めてだったというから驚く。?

「表情だけじゃなくて身体全部を使って表現したい! そんな思いが撮影前からはっきりあったので、無理にポーズをつくるよりも自由に踊ったり、ただぽつりと佇んでみたり、思うがまま動いてみました」?

 撮り手である篠山さんが、よけいなことを考えず「無」になれる雰囲気をうまくつくってくれたと感じている。?

「考えるな、感じろ。そんな言葉がありますけど、まさに感じるまま動けばいいよう、うまく仕向けていただいた感じですね」?

 みずから手を挙げて、プロジェクトが始動するきっかけをつくったのだから、覚悟を決めて臨まねばという気概は最初からあった。?

「自分で事務所の社長に直談判をしに行ったわけですし、『篠山紀信先生に撮っていただくことはできませんか?』と提案したのも私たち。あの篠山先生に撮っていただこうというからには、もちろん『じゃあヌードで』という話になるのも予想できた(笑)。これから表現者として生きていきたいという気持ちも固めていたので、私は最初から脱ぐ覚悟をしていました」?

 写真集として仕上がった作品を手にしたときには、やってよかったという実感が湧いた。?

「本を観たという友人が、『セクシー』というより『センシュアル』だねと言ってくれてうれしかった。極めて繊細な、というような意味ですね。ヌード=セクシーというだけじゃなく、いろんな表現ができるものなんだと気づくことができました。?

 撮られている側としても、きれいな衣服を身につけていると、『これをもっとかわいく見せよう』といったことを考え始めてしまう。でも一糸まとわぬ姿だと、頼るべきは自分の内なるものだけだという気になります。持てるものすべてを絞り出さなければ負けてしまう! そう気持ちを奮い立たせましたね。?

 結果、私の生き方のすべてを投じて、全力で篠山先生にぶつかっていけてよかった。やりきった! という気分です」?

ものをつくる「怖さ」を知った ――結城モエ?

 続いて結城モエさんに聞こう。出版後、作品を観たと同世代の女性から声をかけられることも多くてうれしいという。?

「きれいにかわいく写れたらというだけじゃなくて、自分が決めた道を進む覚悟のようなものまで表現できたらと、撮影に臨みました。そのあたりがうまく伝わっていたとしたら何よりです」?

 制作中は、篠山さんをはじめアートディレクター、スタイリスト、ヘア、メイクらスタッフの、ものづくりへの真摯な姿勢に圧倒された。?

「それぞれの分野のプロフェッショナルのみなさんが仕事に打ち込む姿勢や、撮影時の集中力に触れられたのが、私にとっての大きな財産です。本気で何かをつくるときの渦の中心に身を置いて、自分に何ができるか問い続ける日々。真剣に葛藤しました。?

 写真集が出版されるまで、私はヌード撮影であるということも含めて、本当は怖くてしかたがなかったんです。篠山先生にもそれは正直に告げていました。すると、『ものをつくる人は、心の中に恐れや怖さを持っていないといけない』と教えてくださって、ちょっとだけ気持ちが楽になりましたね」?

 本が出来上がって、それを観て感想を言ってくれる人がいて、ようやく抱いていた「怖さ」が少しずつほぐれていったという。?

 自身で写真集を見返してみると、反省すべき点があれこれ目についた。?

「もっとこうできた、ああもできたんじゃないかといろいろ考えてしまいます。表現する者として課題がたくさん見えてきたので、いまはそれらを克服すべく、コツコツ勉強を重ねています。身体の柔軟性や身のこなし、姿勢なんかに改善の余地ありなので、トレーニングしたり食事に気を配ったり。?

 舞台を観に行ったり、演じることにつながりそうな古典を読んだりも。シェイクスピア作品や、日本だと鴨長明『方丈記』なんかを読んで、いろんなものを自分の中に吸収しようとしています。いま自分の内に取り込んだものが、いつかいいかたちでアウトプットされていくだろうことを信じながら」?

まとっているものを取り去って、自分の扉を開け放った ――高尾美有?

「フェミニンだったりカッコよかったり、いろんな方向性のファッションが満載でスタイリッシュに仕上がっているので、ぜひ女性の方にもたくさん手にとっていただきたいんです。下着姿なんかも上品で女性らしいものばかりですし」?

 と話すのは、高尾美有さん。「私の場合、スタンダードな表情が笑顔なんです」とみずから言うほど、日ごろから笑っていることが多いのだけれど、写真集のなかでは、シリアスな顔も見せている。?

「一冊のなかに、喜怒哀楽をできるかぎり詰め込む。それが自分に課したテーマでした。生身の一個の人間であることをさらけ出してしまおうと思ったんです。それで、泣くシーンもやってみることになったんですけど、いちど涙を出したらもう止まらなくなってしまって。たいへんでしたけど、その一連の写真は本にもしっかり収録されることになったのでよかったです。?

 すべてを晒すという意味では、自分のなかであれこれ悩み迷った末に、ヌードになったこともいい結果につながったと思います。まとっているものを取り去ると、自分の扉を開け放ったような気分になって、すべてを解放できるものだと知りました」?

 写真には写る人の生き方が滲み出るもの。撮影時に言われた篠山さんの言葉が、出来上がった写真集を手にすると実感できるという。?

「育ってきた環境、これまで経験してきたことのすべてが私の顔や身体には蓄積されていて、それが本当にはっきりと写真には出るものなんですね。被写体になるって、奥が深いです。これからもっと追求していきたい。被写体としての自分を掘り進めていくと、きっと自分らしさの正体みたいなものが見えてくる気がします。?

 すべて写真に出てしまうと知ったからには、これから一日ずつ細心の注意を払って、ちゃんと生きなければ。気が引き締まりますよ」?

 このたび刊行された4冊は「篠山紀信写真集」として世に流通し、著者の欄には篠山紀信の名が付されるが、彼女たちの覚悟と意気込みを知れば、3人の被写体の名も著者として名前を連ねていいと思えてくる。?

(山内 宏泰)

関連記事(外部サイト)