日本の宣伝デザインの源流にはナチスの影響が…!? 20枚の図版で振り返る“独自発達を遂げた日本製ポスター”の知られざる歴史

日本の宣伝デザインの源流にはナチスの影響が…!? 20枚の図版で振り返る“独自発達を遂げた日本製ポスター”の知られざる歴史

トミ・アントン・パルジンガー《国際健康週間》1930年5月『ゲブラウスグラフィック』第7巻第5号 

 デザインされた媒体で対象に行動を促す「広告」。なかでも「ポスター」は長年にわたって、多くの人にメッセージを届ける媒体として利活用され続けてきた。

 そんなポスターのデザインにおいて、日本が海外から受けた影響は大きい。なんと、戦前期の日本では、“パクリ”と言っても過言ではないほど大胆に、欧米の作品を“翻案”していたのだ。はたして、かつてのデザイナーたちはどのようなポスターを製作してきたのか。

 ここでは、ポスター研究者の田島奈都子氏が、独自の発達を遂げた日本製ポスターを振り返った著書『 ポスター万歳 百窃百笑 』(文生書院)の一部を抜粋。戦時期に製作されたポスターを多数の図版で紹介する。

◆◆◆

 燦燦と輝く太陽に向かって、両手を大きく広げる男性のシルエットを主題とした、パルジンガーによる《国際健康週間》は、1926年の作品である。

 一方、本作を翻案とした日本の独歩による《健康週間 長期建設 健康第一》が世に出たのは、1939年のことであり、両者の時間的開きは10年以上となる。戦前期の日本においては、外国で編集発行されていた広告専門誌は貴重な存在であり、関係者は折に触れて過去の号も参照していた。

 ただし、今回の例はパルジンガーによる作品が、時間が経過しても色褪せない、普遍的な魅力を持っていたことを表しており、実際パルジンガーの作品は当時の日本人図案家に、しばしば翻案とされた。

■元ネタとはまったく異なる製作意図

 ルール川を擁する町並みを中央に、その左右にシュティフト教会と、ルール工業地帯を象徴する工場を配した、グランドバッハによる《エッセン》は、観光ポスターの公募における入賞作品である。

 一方、1939年6月の《支那事変国債》は、1937年11月を初回として、以降は2か月おきに新たなものが販売された、戦時債券の発売を知らせるためのポスターである。

 両者の製作意図は全く異なるものの、後者は前者を翻案にするに当たって、全体の構成をそのままに、モティーフをしかるべきものに置き換えることによって、作品を上手く成り立たせている。後者の作者は不詳ながら、作品からはかなりの経験が感じられる。

 いろいろなものが乗った手を描いた、シュナイダーによる《売りたいものを持っている人は…》は、不要品の供出を呼びかける、ドイツのプロパガンダ・ポスターである。

 そして本作は、手の向きこそ異なるものの、1939年の《臨時国勢調査 商店ト物ノ調査》に翻案とされた。戦時期の日本においては、時局の変化に応じて、国民に周知すべき事項が次々と生まれたことから、プロパガンダ・ポスターの需要は年々高まった。

 従って、外国において編集発行された広告専門誌に掲載された作品を、翻案として新作を世に出す行為は、この時代にも継承された。

■戦時中に行われていた応募総数2300点超のコンペ

 1939年12月の加藤正による《支那事変国債》は、4人の人物が斜めに居並ぶ様子が、フィックス=マッソーによるスペイン内戦のポスター《我が部下よ、武器よ、前線の爆薬よ》と同じであり、後者を翻案としたものと思われる。

 戦時債券のポスターは原画の公募が頻繁に行われ、前者も前年に実施された懸賞募集において、2300余点の中から1等を獲得した作品である。この種の企画は当初こそ成果を上げたものの、回を重ねるにつれて、国内外の過去作品を翻案としたものや、入選を目的とした奇をてらった図案の応募が増加し、上位入選者には固定化も見られるなど、残念ながら低迷の一途をたどった。

 1940年の《銃後奉公強化運動 国を護った傷兵護れ》の中央に輝いているのは、戦地において名誉の負傷を負った兵士に贈られる傷痍軍人徽章であり、四方から伸びる手が、彼らへの援護の必要性を説いている。

 現存する戦前期の日本製ポスターを見る限り、本作のように主題が画面の完全な中央に配され、線対称にも点対称にもなる作品はほとんど存在しない。もっとも、こうした画面構成は、徽章を最大限に生かそうとした結果かもしれない。

 しかし、ランシュタインの作品に、会社の社章を主題とした《オーウィン無線装置》が存在することを知ってしまうと、後者を翻案とした可能性も、捨てきれなくなってくる。

■徴兵のために利用された“子供の影”

 影がその持ち主の本当の姿や、将来の姿を映し出すことは、古くから語り継がれてきたことである。従って、舞台美術から児童書まで幅広く手掛けた、ポンペイによる《『小学校二年生のための読本』内のイラスト》や、1940年2月分の『東京朝日新聞縮刷版』の見返しを飾った《徴兵保険の開祖 第一徴兵 契約高拾四億円》は、決して新しい表現ではない。しかし、子供の影が共に立派な軍人として描かれている点は、戦時期ならではのものである。

 ちなみに、『小学校二年生のための読本』の著者は、イタリアの児童文学者・オルネッラ・クエルチァ・タンツァレッラであり、同書はムッソリーニ政権下において、国定教科書として使用された。

 オッペンハイムによる《最善の貯金箱は、戦時公債!》は、モノカラーではあったものの、1921年に朝日新聞社が刊行した、『大戦ポスター集』にも掲載があることから、大戦ポスターの中では比較的よく知られていた。

 このため、本作は1941年の《興亜聖戦下第四年の廃品回収 強化は護国の資源!》に、それほど意味内容も改変されることなく翻案とされた。戦前期の日本人図案家は、全般的にプロパガンダ・ポスターの製作経験が乏しく、それが何たるかについても、知識を十分に持ち得ていなかった。

 しかし、戦時期にはそうした需要が高まり、彼らが活用したのが前述した同書であり、掲載された図版は製作国やその目的を問わず、幅広く翻案とされた。

■超有名図案家が製作したプロパガンダ・ポスター

 戦後の混乱期に病没した岸信男は、今日ではほとんど知る人のいない図案家である。しかし、岸ほど戦時期に数多くのプロパガンダ・ポスターを世に出した人物もおらず、モスカによる《カレンダーの絵》から着想を得た、1941年の《興亜の貯蓄は保険から》もその1つである。

 この時代の生命保険への加入と掛け金の払い込みは、戦費調達のための貯蓄奨励運動の一環と見なされ、奨励されていた関係から、各社とも広告活動を積極的に展開した。このため、本作の依頼主である業界団体・生命保険会社協会も、1939年以降は自らポスターを製作し、運動を盛り上げた。

 子供を主題にしつつも、当時の政治的・軍事的状況が巧みに視覚化されている。

 ジャングルから上空を見上げたような、1944年の《操縦 整備 通信 陸軍少年飛行兵》は、洋画家・伊原宇三郎の作品である。

 戦時期には多くの画家が戦地に赴いているが、伊原にも陸軍嘱託画家として、南方に派遣された経験があった。このため、本作も「実体験」を踏まえたものと思われてきた。ところが、実態には広告専門誌の表紙を飾った、化粧品会社の広告《香水「飛行」》から、着想を得た作品であった。もっとも、後者が伊原にとって「使える」存在に映った背景には、従軍時に現地で目にした、「似た景色」が関係していたのは確かである。前者において上空を飛行するのは、「鍾馗」という愛称を持つ、陸軍二式単座戦闘機である。

■ナチスの宣伝活動を研究していた日本

 ミュンヘンを拠点に活動したホールヴァインは、生涯に数多くのポスターを世に出し、国際的に活躍した。しかし、晩年はナチ党の一員として、宣伝大臣・ゲッペルスと宣伝省の下で働くことが多くなり、同業者にナチ党への協力を呼びかけるなど、政治的な活動が大きくなった。

 戦時期の日本は、諸外国の宣伝活動に関する情報収集や研究にも熱心で、ゲッペルスや彼が率いた宣伝省の活動にも精通していた。

 ドイツの募兵ポスター《ナチス・ライヒクリーガーバンドに集え》が、《航空★船舶 陸軍特別幹部候補生》へ翻案化された背景には、そうした事情が関係していたのかもしれない。

◆◆◆

(田島 奈都子)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?