「廣岡大志はこのまま終わる男じゃない」絶品コロッケで有名な実家・廣岡精肉店に行ってみた

「廣岡大志はこのまま終わる男じゃない」絶品コロッケで有名な実家・廣岡精肉店に行ってみた

廣岡大志

「廣岡精肉店のコロッケおいしかったよねぇ。あれまた食べたいなぁ」

 テレビのグルメ番組を見ていた妻の口から、そんなリクエストが飛び出した。廣岡精肉店とは、大阪市阿倍野区昭和町にて巨人・廣岡大志選手のご実家が営んでいるお肉屋さん。「ヤクルトファンの聖地は味も抜群」との評判を聞きつけ、巨人に移籍して間もなかった昨年4月に妻と訪れたことがあった。高評価で知られる1個70円のコロッケをその場で揚げてもらい、ハフハフ言いながら食べた熱々のコロッケはたちまち自分史上1位に躍り出た。

「味付けがしっかりしてておいしかったよなぁ。おれもまた食べたくなってきた」

「コロッケと一緒に買ったハンバーグとミンチカツ、しゃぶしゃぶ用の牛肉もおいしかったよね。今日の晩ご飯用も含めて、廣岡精肉店でいろいろ買ってきてよ」

 おつかい内容が記された紙をポケットに入れ、最寄り駅である阪神甲子園駅へ。梅田で地下鉄御堂筋線に乗り換え、昭和町駅で下車し、数分歩くと文の里商店街内に位置する廣岡精肉店が現れた。

■今でもヤクルトファンが来てくれる

 背番号32が入った巨人ビジターユニフォームや廣岡大志の名前入りタオル、昨年4月に決勝本塁打を放ったシーンのパネルなどが飾られている店は、廣岡大志愛に満ち溢れている。

 昨年4月に訪れた際は「東京読売巨人軍ならびにジャイアンツファンの皆様、32番を宜しくお願いします」「東京ヤクルトスワローズ、そしてヤクルトファンの皆様、5年間ありがとうございました」と記されたメッセージが壁に貼られていた。

 廣岡精肉店の店長を務める松尾義則さんは「巨人移籍を機に来てくださるようになった巨人ファンの方もいっぱいいらっしゃいます。そしてヤクルトファンの皆様も以前と変わらず来てくださります」とうれしそうに語った。

「甲子園での観戦の前に立ち寄って、コロッケなどを買っていく方が多いですね。今でも来てくださるヤクルトファンの皆様には感謝しかないです」

 18歳の時から廣岡精肉店で勤務している松尾店長は現在68歳。廣岡大志の祖父が1964年に創業した精肉店の歴史の大部分を知る。「ここで働き始めた時、大志のお父さんは小6。大志のことは赤ん坊の頃からよく知ってます。どんな子だったかって? 端的に言うと悪ガキ。いたずらばっかりしてたので、1週間に1回は母親がどこかに謝りにいってました」と苦笑いしながら教えてくれた。

「大志のおばあちゃんは熱烈な阪神ファンなのですが、お父さんが巨人ファンで。その影響を受けて大志も子どもの頃から巨人ファンでした。よくお父さんと甲子園に阪神対巨人戦や高校野球を見に行ってましたね」

 2015年秋のドラフトでヤクルトの2位指名を受けた際は、「昭和町からプロ野球選手が出た!」と商店街は大いに盛り上がったという。

「阪神ファンばかりの町なのに盛り上がりましたね。4位あたりだろうと予想していたのにまさかの2位。本人が一番びっくりしていました」

 注文し、店内で揚げてもらっていたコロッケとミンチカツが揚がった。お昼休憩の時間を迎えた松尾店長の厚意で話の続きを2階の事務所で聞けることになった。

■「岡本和真よりメンタルは強い」と評された

 階段をトントンと上がり、事務所に通されると、壁に掛けられていた背番号36のスワローズのユニフォームが真っ先に視界に飛び込んできた。巨人移籍前に店内で飾られていたユニフォームだという。

「かつてこの36番をつけていたブンブン丸・池山隆寛さんのように、三振を恐れることなくブンブン振りながら、大きく育っていけばいいなと。そんな期待を抱いていました。大志自身も『自分の一番の長所は思い切りのいいところ』と言ってましたしね」

 松尾さんは「私は素人なので技術的なことはとてもじゃないけど言えませんが……」と前置きした上で「目先の結果が欲しいという気持ちが強くなりすぎているのか、2年目くらいまでは感じられた思いきりのよさは、今はあまり感じられない。バッティングが小さくなったように感じてしまう」と語った。

「ヤクルト時代から守備でも大事なところでタイムリーエラーをするなど、肝心な時にポカをすることが多かった。今年もそう。決して守備は下手じゃないはずなのに……。メンタルは強いはずやのになぁ……という思いがどうしても拭えないんです」

 智辯学園在学時の廣岡に何度か取材をしたことがあった。1学年上の岡本和真(現巨人)が3番、廣岡が4番を打っていた時期は、岡本敬遠、廣岡勝負というケースも少なくなかった。目の前で岡本先輩が勝負を避けられたときの心境を尋ねると、廣岡は次のように答えた。

「嫌じゃなかったですよ。『そうくるならこいや。返り討ちにしたる』みたいな感じで。自分との勝負を選択された悔しさとか『ここで打たなきゃ』みたいなプレッシャーよりも、チャンスでたくさん打席が回ってくるうれしさの方が勝ってました」

 なんてプロ向きのメンタルなんだろうと思った。高校時代の恩師である小坂将商監督も「廣岡は向こうっ気が強い。気持ちの部分は岡本よりも強い」と太鼓判を押していた。当時の廣岡の発言を知った松尾さんは「大志らしいなぁ」と納得顔で笑った。

 プロ7年目の今季の1軍出場は、この原稿を書いている時点で28試合。8月に5月以来となる1軍昇格を果たしたが、わずか1試合で登録抹消され、以降はファーム暮らし。78試合に出場した移籍1年目の昨季と比較すると、得られるチャンスは少なくなっている。

「巨人でもめちゃくちゃチャンスをもらってるのに……」と再び嘆きモードに入った松尾さんは、「大志の打席ではテレビに向かって『その球打たんかい!』『その球振るんかい!』『その甘い球、一発で仕留めんかい!』なんて叫んでばかり。もうね、イライラするんですよ。1軍でもらったチャンスを逃がし続けると、2軍でいくら打っても1軍に上がれない選手になってしまう……」

 もどかしそうな表情で語った後、松尾さんはこう続けた。

「勝手なこと言うてますけど、一番悩み、苦しんでいるのはあれだけチャンスをもらってものにできていない本人。私はこのまま終わる男じゃないと思っています。こんなんで終わるわけがない。次こそはチャンスをものにし、チームの期待に応えてくれる。そう信じています」

 廣岡が中学2年生の時、父・祥丘さんは突然この世を去った。急性心不全だった。

「自分が大志になにかしてやれることはないだろうか、という思いはずっとあります。オヤジが生きていたら大志のためにこういうことをしていたのではないかと思ったことはできる限り、やろうとしてきました」

 そう語った松尾さんに、「父親代わりと言っていいのでは?」と伝えたところ、「めっそうもない」と言いながら首を横に振り、こう結んだ。

「私はただの廣岡大志の大ファンです。自他ともに認める廣岡大志の大ファンなんです」

 自分史上1位のコロッケに舌鼓を打ち、松尾さんとの時間を反芻しながら帰宅の途に就いた。

 廣岡精肉店を半世紀にわたって支え続けた男の深みのある柔和な笑顔がいつまでも頭から離れなかった。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/57184 でHITボタンを押してください。

(服部 健太郎)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    文春ネタにされたら永久に怨念まみれ。よかたね。終わらない

すべてのコメントを読む