「次期監督を報じたら取材拒否」 阪神の“メディア圧力通達”を入手

「次期監督を報じたら取材拒否」 阪神の“メディア圧力通達”を入手

退任が決まっている矢野監督 ©共同通信社

 DeNAベイスターズに2ー9で敗れた9月9日の試合前のことだ。阪神タイガースの広報責任者から、代表幹事社を通じて報道各社にLINEで送られてきた通達が波紋を呼んでいる。

「〈報道協力のお願い〉と題した通達で、優勝の可能性が完全消滅した後も、クライマックスシリーズ進出の可能性がある限りは、監督・コーチ人事に関する報道は自粛するように、との内容でした。また以前からそうだったのですが、藤原崇起球団オーナーや球団幹部への直接取材も、引き続き禁止するとのことでした。矢野燿大監督の退任が決まっている阪神は、優勝を逃した瞬間から後任監督の問題が連日報じられるのは確実。それに先んじて釘を刺したのです」(運動部記者)

 広報が優勝の可能性が完全消滅することを前提にして動いているのも驚きだが、何より問題なのは、協力しない場合のペナルティも記されていたことだ。

〈球団からの協力依頼に応じていただけない場合は、以降無期限で一切の球団からの報道協力を行いません〉

 として、具体例が3つ記されていた。

〈(1)球団からの情報配信停止(プレスリリース・幹事連絡等) (2)チーム関係の取材不可(代表囲み取材、会見等への参加不可) (3)インタビュー・イベント等の協力見合わせ〉

 前出の記者が呆れて言う。

「つまり球団側の指示に従わない場合は、“出禁”にするということ。しかも〈無期限〉で。記事の内容に制限を付けるのも問題ですが、取材をさせないというのは異常事態です」

■糸井嘉男の引退報道についても通達が…

 実はこの数日前にも、球団広報は報道各社に通達を送っている。今シーズン限りでの引退報道のあった、糸井嘉男についてだ。

「5日の朝刊で『デイリースポーツ』などが去就について報道。するとその日、広報責任者から『今後は球団から新たにアナウンスするまでは静観せよ』『本人、球団フロント、監督、コーチ、選手への取材はやめろ』との連絡が届いたのです。他紙に対して、後追い取材をするなということでしょう」(スポーツ紙デスク)

 立て続けに出された報道規制“文書”。今までも報道内容に対して広報が口頭で注文を付けることはあった。だが「文書で露骨にやるのは過去に例がない」(同前)。背景にはコロナの影響もあるという。

「感染防止を理由に、球団がお膳立てした機会でしか取材できなくなり、球団がメディアに対して強い立場となった。また現場の広報責任者は広報歴が長く、周囲も口を出せない状況なのです」(球団関係者)

 監督人事はファンの一大関心事。報道を封殺するのが広報の仕事なのだろうか。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年9月22日号)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    文春の「入手」ほど怪しいものはない。 ユスリたかりのカルテルでもあるんじゃないかと思うくらい。 自殺に追い込まれた国会議員との格差は、責任所在を不明確にして確実に隠蔽をやってのけるブロックチェーンのワに入る厚顔無恥さがあるかどうか?

すべてのコメントを読む