沖縄でロリータ・ファッションに傾倒した少女時代…28歳になった二階堂ふみが「目覚めたもの」とは?

沖縄でロリータ・ファッションに傾倒した少女時代…28歳になった二階堂ふみが「目覚めたもの」とは?

©文藝春秋

 俳優の二階堂ふみがきょう9月21日、28歳の誕生日を迎えた。この夏には、倉持裕作・演出の舞台『鎌塚氏、羽を伸ばす』の公演で各地をまわっている。三宅弘城演じる執事・鎌塚氏が名推理を繰り広げるシリーズの最新作となる同舞台に、二階堂は公爵家の令嬢役で5年ぶりに出演した。久々の出演にあたり、公演パンフレットでは次のように意気込みを語っていた。

《この5年の間に、長期間に及ぶ撮影(『エール』)や海外での撮影(『Shōgun』)などを経験したことで、自分で自分を信用できるまで心身を整えて、必要なものをちゃんと準備する、ということをあらためて学び、仕事への向き合い方が変わりました。そうして積み重ねてきたものを、この舞台に捧げたい》

 発言中に出てくる作品のうち『エール』は周知のとおり、一昨年に放送されたNHKの連続テレビ小説で、彼女は声楽家でのちに窪田正孝演じる作曲家と結婚するヒロインを演じた。一方、『将軍 Shōgun』は、アメリカのテレビ局・FX制作のドラマであり、カナダでロケが行われた。放送時期は未定だが、これを機に彼女は世界に進出するのではないかともささやかれている。

■広瀬アリス、土屋太鳳、川栄李奈は同い年

 広瀬アリスや土屋太鳳、川栄李奈など同い年(1994年度生まれ)には女優も多いが、そのなかでも二階堂はいち早く注目され、常に期待されてきた存在である。映画デビュー作である『ガマの油』(2009年)が公開されたとき、彼女は14歳だった。当時まだ中学生で、地元・沖縄から仕事があるたび東京に通っていた。

 もともと母親が映画好きで、彼女に幼いときから昔の映画をよく見せてくれていた。おかげで高峰秀子、あるいはカトリーヌ・ドヌーブやブリジット・バルドーといった女優に憧れるようになる。小学5年生になってからは裁縫を始め、ロリータ・ファッションの本を書店で見つけると一気にそちらに傾いた。古着屋で買ってきた服に自分でレースを縫いつけたりしていたという。当時、英会話教室に通っており、その階下がちょうど古着屋だった。小6のとき、その店で地元のフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』のモデルにスカウトされる。

 芸能界デビューのきっかけは、『美少女図鑑』に掲載された写真が、東京の芸能事務所の目に留まったことだ。事務所に所属すると、中学時代は先述のとおり沖縄から通っていたが、高校入学とともに上京する。東京ではさまざまなクリエイターや学生と出会い、その人たちに勧められた映画を観ることも多かった。早稲田の学生からロシアの映画監督ヴィターリー・カネフスキーの存在を教えられると、すぐさま名画座へ行ってその作品『動くな、死ね、甦れ!』を観た。その直後、入江悠監督の映画のオーディションで「今年観た映画で印象に残っているのは?」と訊かれて同作を挙げたところ、すぐ出演が決まったという(『SWITCH』2016年6月号)。

■イメージづくりのために禁じられたもの

 ただ、仕事を続けるうち、撮影で時間が取られたり、友達と会えなくなったりと、犠牲にしなくてはいけないことも増えていく。事務所からもイメージづくりのため、好きなロリータ・ファッションではなく麻の服を着るよう言われたりした。それに反発しては、「まだ子供なんだから」とか、かと思えば「もっと大人としての自覚を持ちなさい」などと叱られ、ついには自分が何をやりたかったのかわからなくなってしまう。

 一時は仕事をやめようとまで考えた彼女を押しとどめたのは、映画監督の熊切和嘉との出会いだった。あるオーディションで初めて会うと、さほど話したわけではないのに、「私はこの監督と一緒に映画をつくらなきゃいけない」と運命的なものを感じた。さらに受験者が一通り演技をしたあとで、自分だけ「もう一回やって」と言われ、《私がやりたかったのはこういうことなんだよなあ》、《私はもの作りに関わりたいのであって、タレントになりたいわけじゃないんだ。有名になることによる付加価値のようなものはいらないんだ》と気づいたという(『週刊文春』2014年6月19日号)。

 もっとも、このときのオーディションは落ちてしまった。それでも二階堂は「この監督と映画をつくるまでは、絶対にお仕事をやめちゃいけない」と決意する。じつは熊切のほうでも、このときの作品で求めていたイメージとは違ったものの、いつか彼女で映画を撮りたいと思ったらしい。二人の思いは2014年公開の『私の男』で結実する。同作はモスクワ国際映画祭の最優秀作品賞をはじめ国内外で映画賞を受賞し、彼女の演技も高く評価された。

■「確実に自分の中で何かが変わった」出来事

 海外の映画祭ではこれ以前にも、16歳のときに参加した映画『ヒミズ』(2012年)で、ベネチア国際映画祭の最優秀新人俳優賞を受賞している。その撮影中、東日本大震災が発生したため、当初の台本は大幅に書き換えられ、震災後の世界を舞台にした力強い内容となった。

『ヒミズ』の公開にあたり二階堂は、《作品の中で震災と向き合ったことで、確実に自分の中で何かが変わった実感があります》と語った。だが、それと同時に、《「自分ができることはないのかな」といったもどかしさは特にありません。混沌とした社会に対して、はっきりとした答えを出せないのがいまの私の年齢であり、だから「わかんないです」と正直に言えるし、言ってもいいと思っています》と率直に口にもしていた(『週刊朝日』2012年2月24日号)。

 それでも、そのあとで《私たちの世代は、これからいろんな現実を見て、そのたびにどんどん考えも変わっていくと思うんですけど、そのときそのときの自分の考えはちゃんと持っていたい》として、20歳になる《3年後にはちゃんとものを考えられる大人になっていたいと思います》と付け加えてもいる(同上)。この言葉どおり、二階堂はその後、社会のさまざまな問題について少しずつ考えを深め、仕事にも反映させていった。

 映画『この国の空』(2015年)では、敗戦間際の東京で空襲におびえながら暮らすヒロインを演じたが、二階堂は台本を読むうち、当時の人々にもいまの自分たちと変わらない日常があったはずだと考え、その「何気ない日常」を奪うからこそ戦争は悲惨なのだと伝えたいと思った。そこで監督の荒井晴彦に提案し、採用されたのが、劇中で茨木のり子の詩「わたしが一番きれいだったとき」の一節を読み上げるというアイデアだった。

 沖縄で育った彼女は、小学6年生のとき、元ひめゆり学徒隊の女性から沖縄戦の話を聞いたことがあったが、それは小学生の少女にとってはあまりに生々しすぎ、受けとめきれなかった。それが中学時代に茨木のこの詩と出会い、初めてあの時代を生きた人の気持ちに触れ、戦争を自分事として受けとめることができたという(『AERA』2015年8月10日号)。

 同作の公開時のインタビューでは、《私は「戦争が悪い」と一言で片付けるのが嫌いなんです。もちろん、戦争はあってはいけない。でも、なぜ戦争が起こってしまったのか、その時代を生きていた人々がどういう目で戦争を見つめていたのかを考えずに、「悪い」で済ませてはいけないはずです。小さなおにぎりしか配給されなかったのに、なぜ戦い続けたのか、耳を傾けたいんです。おそらく、戦うしかなかったんだ、と思います》と、当事者の視線に立つ必要性も説いていた(『文學界』2015年9月号)。

■大物作家からかけられた、期待の言葉

『この国の空』の撮影中、プロデューサーの森重晃に「二階堂は何をやりたいんだ」と訊かれたことがあった。そこで彼女は、高校時代に読んで以来ずっと映像化したいと思っていた室生犀星の幻想小説『蜜のあわれ』を挙げた。その後、森重から、石井岳龍監督が撮りたいと言っていると連絡があり、思いがけず自らの主演により願いがかなえられる。

 ここまで紹介したエピソードからもうかがえるように、彼女はかなりの読書家である。それを見込まれ、かつて小説誌で小説形式の書評を連載したほか、作家を相手にたびたび対談の機会も設けられてきた。島田雅彦との対談(『文學界』2016年5月号)では、女優はある程度メジャーになると、その言動にも注目が集まるという話から、二階堂にも《アクティビストになる道を進んでほしいなと僕は思います。じっさい、歴史に名を遺すような女優は、何らかのアクティビストですからね》と期待をかけられた。

 これに対し彼女は、昔から好きだったブリジット・バルドーやジェーン・バーキンを引き合いに出し、《考えてみたらこの二人も、前者は動物愛護運動家、後者は歌で人権侵害に抗議したりするアクティビストですものね。(中略)私も爪を研ぎ続けていきたいと思います》と返していた。

■二階堂ふみが目覚めたものは…

 実際、いまや二階堂はアクティビストとしての一面も持つ。直接的なきっかけは、ゾイという保護犬を引き取ったことだった。ゾイが来てからというもの、物質的なものではない喜びや幸せを与えられ、彼女の生活は豊かになったという。その一方で、保護されるまでは劣悪な環境にいたらしいゾイの境遇から、考えさせられることも多かった。

《自分たちがいかに人間以外の動物を犠牲にして生活しているのかということがわかってきたんです。ファーやレザーや羽毛や、それだけじゃなくて環境のことも……。私はこんなに無知だったのかと、すごく恥ずかしくなって。そういったことをきっかけにして、さらにいろいろと動物の問題について調べるようになりました》(『エル・ジャポン』公式サイト2020年2月28日配信)。

 これが二階堂が動物愛護の活動をはじめ、環境やジェンダーの問題などについて社会に提言したりアクションを起こす転機となる。2020年にはNHKの紅白歌合戦で紅組司会を務めたが、このときの衣装にも彼女なりにメッセージが込められていた。もっとも反響があった赤いパンツスーツはスタイリストが用意したもので、《華やかなドレスの方が相応しいのかなと考えたのですが、女性も男性も自立した人がカッコいいと思うから、その象徴になったらいいなと1着目に》持ってきたという(『CLASSY.』公式サイト2022年8月27日配信)。そのほかブランドやデザイナーの哲学に共鳴して選んだ衣装もあった。

■「感情のたづなを自分で持って人とどう向き合うのか」

 このように自らの主張を躊躇なく発信する二階堂だが、自分と違う意見や差別に対しては、《少なくとも自分が加害者にならないことを意識し》、けっして攻撃的にはならないよう心がけているともいう(『CLASSY.』公式サイト2022年8月26日配信)。そこには最近、初めて海外の作品に参加した経験も生きているようだ。その現場では、参加した人々が言葉も文化も異なるゆえ、まずお互いを認めるところから始めたという。《そんな経験もあり、違うことに腹を立てるのではなくそれを認めてどう交わるか、感情のたづなを自分で持って人とどう向き合うのか、と考えることは増えました。まだ模索中ですが、攻撃ではない方向で人と人が交わっていけるといいなと思っています》と彼女は語る(同上)。

 芸能人が社会的な発言や行動をとることに対し、世間ではいまだ逆風も強い。そのなかで、二階堂のように実績も人気もある俳優が積極的に行動しているのは頼もしく思える。かつて「私は『戦争が悪い』と一言で片付けるのが嫌い」と語った彼女だけに、今後も硬直した考えに陥らず、さまざまな視点で物事をとらえながら、きっと俳優としてもさらに成長していくに違いない。

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?