里見香奈女流五冠が三段リーグを欠場した”1年半の空白” 師匠が一切詮索せず周囲に「大丈夫です」と答え続けた理由

里見香奈女流五冠が三段リーグを欠場した”1年半の空白” 師匠が一切詮索せず周囲に「大丈夫です」と答え続けた理由

森雞二九段

「勝負の世界に生きる棋士は、どんな困難な局面にも立ち向かうことができる、強靭な精神力の持ち主と思われがちです。しかし、将棋指しは本来弱い人間なんです。私もそうでした。勝つことでしか救われない、何のよりどころもない世界に生きようとする人間たちですから、強いはずがないのです」

 そう語るのは、里見香奈女流五冠(30)の師匠、森雞二九段(76)である。

「里見はかつて、体調不良から将棋を指せなくなった時期があり、10カ月にわたり女流棋戦と奨励会を休場しました。私はそのとき、一切詮索せず、静観することに決めました。当時、多くの将棋ファンや関係者から『里見香奈はどうしたのか』『大丈夫なのか』と、どこへ行っても聞かれましたよ。私はひたすら平静を装い『大丈夫です。心配ありません』と答え続けました」

 里見五冠は奨励会員時代の2013年12月、女性として初めて三段に昇段。「女性初の棋士誕生」の期待が高まったものの、翌年4月より始まる第55回三段リーグを前に、体調不良による休場を表明している。タイトルを保持していた一部の女流棋戦の防衛戦には出場したが、三段リーグは3期(1期は半年間)の欠場となった。その結果、里見の三段リーグ初参加は23歳にずれ込んだ。

 原則として「26歳で退会」という年齢制限がある奨励会において、この休場は少なからぬ意味を持ったはずである。

 森九段はなぜ、弟子に干渉することを避けたのか。

「当時の里見の体調不良は、心因性のものであると私は感じ取っていました。もしそうであった場合、師匠が精神的なケアをしたところで、弟子の苦悩を簡単に排除することはできません。なぜそれが分かるかと言えば、私も三段時代、同じような経験をしているからです。こういうときは、本人が将棋を指せるようになるまで周囲はただ静かに待つ。この一手なんです」

■「死のうと思いました。そのときは本気でした」

 森九段が将棋のルールを覚えたのは16歳、高校1年生のとき。そこからわずか3年でプロの一歩手前である奨励会三段まで上がったという逸話は、棋界に伝わるさまざまな「森伝説」のなかでも特殊な輝きを放っている。

 大山康晴、中原誠、羽生善治、谷川浩司、渡辺明、そして藤井聡太に至る、時代を代表する棋士たちは例外なく幼少期に将棋を覚え、10代半ばまでにプロ棋士となり、スターダムを駆け上がっている。

 高校生になってから駒の動かし方を覚え、そこからプロを目指すということ自体が異例中の異例だが、超がつく出遅れにもかかわらず、その後A級棋士として活躍し、さらにタイトルも獲得したような棋士は、長い将棋界の歴史を見渡しても森九段のほかに例がない。

 その森九段も、三段リーグでは2年半の足踏みを余儀なくされた。1967(昭和42)年の前期リーグ(現在の三段リーグの前身)では、負けたら二段に降段という危機に直面する。将来を悲観した森三段(当時)は、将棋に負けた日の夜、中央線に乗り西に向かった。

「死のうと思いました。そのときは本気でした」

 青梅線の終点・奥多摩駅で降り、夜の奥多摩湖の前に立った。柵から身を乗り出したとき、湖面に反射する光を感じ夜空を見上げた。夜空に輝く満点の星に神秘を感じたとき、死への衝動は消滅していったという。

「それだけ思い詰めていたんですね」

 森九段が振り返る。

「私の一門(大友昇門下)の兄弟子も、三段リーグで勝てなくなったとき、不運にも家族の借金問題が重なり、ガス管をくわえ自殺してしまいました。将棋しかできない人間が思うように勝てなくなったとき、自分の存在意義を完全に見失うことはよくあることです。里見が休場すると聞いたとき、これまで見てきた奨励会員の苦しみが、彼女の姿と重なって見えました。私はただの奨励会員でしたが、彼女は女流の看板棋士でもあった。外からはうかがい知れない重圧があったと思います」

 2018年、ある棋士の手記が将棋界で大きな反響を呼んだ。先崎学九段の著書『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』(文藝春秋)である。

 先崎九段と言えば、明快な語り口の解説、また軽妙なコラムでも知られる羽生世代の人気棋士だが、いわゆる優等生タイプとはかけ離れたイメージの先崎九段が、重度の「うつ病」に苦しめられていたという告白は、将棋ファンのみならず、多くの日本人に驚きをもって受け止められた。

 先崎九段とも親交のある、森九段が語る。

「いまだから言えることですが、私も現役時代、うつ病を抱えながら将棋盤に向かっていました。当時はまだ、うつ病が社会のなかで正しく認知されていない時代で、気分が落ち込んだくらいで誰かに相談したり、病院に行って治療を受けるなどということは考えられなかった。特に棋士は、強力なライバルたちがいる手前、自分の弱みを簡単に明かすことはできなかったのです」

■「うつ病とは死にたがる病気であるという」

 現役時代、数々のビッグマウスで物議を醸したこともある森九段だが、それは繊細で内気な「本当の自分」を鼓舞するための演技であったのかもしれない。

「いまの基準に照らせば、私は完全にうつ病、正確に言えば躁うつ病(双極性障害)でした。1年のうちわずか数日ですが、ひどい負け方をしたり、大一番に負けたりすると極端に気分が落ち込み、将棋が指せなくなるほどのどん底状態に陥ってしまうのです」

 先崎九段は前述の著書において「うつ」の症状をこう表現している。

<うつ病の朝の辛さは筆舌に尽くしがたい。あなたが考えている最高にどんよりした気分の十倍と思っていいだろう。>

<頭の中には、人間が考える最も暗いこと、そう、死のイメージが駆け巡る。私の場合、高い所から飛び降りるとか、電車に飛び込むなどのイメージがよく浮かんだ。つまるところ、うつ病とは死にたがる病気であるという。まさにその通りであった。>

 若き日の森九段が死を意識した逸話と、符合する点は多い。

「誤解のないように申し上げておきますが、里見がうつ病だったということではなく、あくまで私自身の話です。ただどんなケースであっても、棋士は自分自身の力で苦しみから脱出しなければならない。どんなに励まされ、慰められても、それで将棋が勝てるようになるわけではないのです。私は、当時の里見に一切、接触しないようにしましたが、それが正しかったことは、彼女自身が証明してくれたと思います」

 棋士を目指す若者にとって、プロになれるかどうかはひとつの大きな関門である。しかし、晴れて四段になれたとしても、そこから新たな苦悩が生じることもある。

 プロ入り後の森九段は、順調に昇級を重ね順位戦A級に到達。1978年には名人戦に挑戦者として登場したものの、悲願の名人を獲ることはできなかった。

「名人位は、当時将棋界で唯一無二の、最高のタイトルでした。すべての棋士が、たった1人しかいない名人を目指して将棋を指しているわけです。私はかつて、プロ棋士になれるかどうかで悩んだわけですが、自分は結局、名人になれないかもしれないと感じたときの苦悩のほうが、はるかに大きかった気がします」

 森九段は、同時代のライバルであった中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖、加藤一二三九段らと、内心を語り合った経験はないという。

「米長さん、加藤さんも、人には語らないけれども、名人を獲るまでは何らかの苦悩があったと思いますよ(両者とも名人を1期獲得)。ただ、親しかった先輩棋士の芹沢博文九段(故人)からは、何度となく『名人になりたかった』と本音を打ち明けられました」

■「里見の挑戦は、なぜ将棋を指すのかという根源的な問いにつながる」

 24歳の若さでA級八段に昇段した芹沢は、次世代の将棋界をリードする「天才棋士」として期待された逸材だった。だが、わずか2期でA級から陥落した後は、中原、米長の台頭もあり、タイトル戦線で活躍することはできなかった。芹沢は51歳の若さで他界している。

「芹沢さんは生前、『四段になって満足している奴はいらねえ』と言っていました。四段で満足する棋士はいないでしょうし、里見も棋士になること自体が最終目標ではないはずです。競争社会を生き抜くことは、常に苦しみをともなうものですが、強くなればなるほど違う風景も見えてくる。いずれにせよ、今回の経験は里見の棋士生活における大きな財産になると思います」

 2017年に引退した森九段。半世紀近くに及んだ棋士生活のなかで、大きな影響を受けた人物について語った。

「里見の挑戦は、なぜ将棋を指すのかという根源的な問いにつながります。女流棋界の第一人者としての地位をすでに確立している彼女が、どうして編入試験に挑戦するのか。そのことを思うとき、私は人生のなかでもっとも強い影響を受けた先輩棋士、山田道美先生(九段、故人)のことを思い出すのです」

■「失敗すれば野垂れ死ぬだけだ。大丈夫だ」

 1933年生まれの山田道美九段は、打倒大山康晴を掲げ、順位戦A級6期の実績を持つ昭和の名棋士である。山田九段は1970年、A級に在籍しながら「特発性血小板減少性紫斑病」という難病のため、36歳の若さで急死した。

「大変面倒見の良い先生で、私が四段昇段を決めた対局の前日にも、当時は高級メニューだったハンバーグ定食をごちそうしてもらい、『セロリも食べられないようでは四段になれないよ』とユニークな激励をいただきました」

 山田九段は、職業としての棋士の存在意義について考え抜いた哲学者であった。「しょせん娯楽に過ぎない将棋を究めることに、どんな意味があるのだろうか」――若き日の山田の苦悩は、まだ棋士の社会的地位が低く、偏見も強く残っていた時代、切実な重みを持つものだった。

 森九段は、奨励会時代に山田九段からかけられた言葉を、一生の財産にしている。

「迷える青年だった私に、山田先生はこう言いました。『迷うな。やるしかないんだ。失敗すれば野垂れ死ぬだけだ。大丈夫だ』とね。さんざん、棋士の在り方、心の持ちようについて考え抜かれた先生だっただけに、その言葉は重かったですよ」

 どこにも救いが見当たらないこの言葉を聞いたとき、逆に森九段は気分が楽になったという。

「誰しも、長い人生のなかで迷うことがあると思います。そんなとき、山田先生はいつも『迷わずやれ』と言いました。今回、弟子の里見がそれを実践してくれたことはうれしかったですね。棋士が野垂れ死んでも、将棋は死にません。山田先生は、そのことを言いたかったのでしょう」

 青春の苦悩を通り過ぎ、新たなステージに立つ里見五冠。五番勝負はいよいよ第二局を迎える。

「真の男女平等には、女性にも人生を賭けて戦う覚悟が必要」里見香奈女流五冠の師匠が語る“女性の将棋人口ゼロ時代”と"女性に負けて坊主”事件 へ続く

(欠端 大林/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?