まだ試合は残っているけど…阪神・矢野監督への複雑な感情を“正直”に吐露してみた

まだ試合は残っているけど…阪神・矢野監督への複雑な感情を“正直”に吐露してみた

矢野監督

■逆転負けで落ち込んだ夜。癒やしを求めて2022矢野タイガースを総括する

 これを書いているのが9月20日の深夜。8回ウラに陽川が代打同点ホームランを打ち、その後打線がつながり原口が気迫でレフト前へ勝ち越しタイムリー、さらに佐藤輝もどん詰まりのポテンヒットで2点のリードを奪うも、湯浅を残しながら岩崎が3失点してDeNAに再逆転負けしたあの試合の後だ。簡単に言うとしょげまくっている。

 これで3連敗、今シーズンの「貯金0以下」が確定した。読売、広島との3位争いは、最後の最後までもつれそうだが、厳しい状況になった。もちろん、明日また試合が始まれば、阪神の勝利を信じて応援する。選手たちが少しでもいいプレーをしてくれるよう願っている。それにしても、こう心が折れるような負け方が続くのは苦しい。選手たちも、監督やコーチも苦しかろう。

 私にとって、おそらくこれが「文春野球コラムペナントレース2022」最終登板となる。そこで今回は、傷んだ自分の心を癒やす目的で、「2022矢野タイガース」を総括しようと思う。

■ドラ1クリーンナップ&高卒ドラ1ローテという「はえぬき天国」

 矢野監督の最大の功績は、金本前監督を引き継ぎ、自前で選手を育てるという方針を貫いたことにある。矢野監督が編成に関してどこまでの発言権を持っていたのかはわからないが、少なくとも選手起用においては金本路線を踏襲して若い選手を積極登用した。

 その結果、はえぬき選手、しかも若い選手たちがチームの中心を占めるようになった。一昔前は、「スタメン野手のはえぬきは鳥谷だけ」という状況だったのを思えば感慨深いものがある。チームは確実に健全化したし、「育つ土壌」ができてきた。

 一時の、3番近本・4番佐藤輝・5番大山の「ドラ1クリーンナップ」は、NPB史上でも珍しい例だろう。また、先の藤浪・森木・西純という「高卒ドラ1先発ローテ」、その次の試合はやはり高卒で3位指名の才木が続いた。こんな「はえぬきパラダイス」を味わったのは長い阪神ファン生活で間違いなく初めてのことだ。

 かなり昔から、井川、藤川など、ごく一部の例外を除いて高卒投手をものにできないのが阪神の伝統だった。それを思えば夢のような出来事。加えてリリーバーには、湯浅と浜地が勝ちパターンに組み込まれて、連日快投しているのだから、こんな画期的なことはない。

 金本前監督が打ち出し、矢野監督が引き継いだ方針に基づき、きちんとした戦略を持ってドラフトで選手を獲得し、練習や試合で育てられるようになった。それは、金本・矢野両監督の信念によって実現したことであり、正しく評価すべきである。

 ことに、強力な投手陣を形成したことは特筆に値する。FAで補強した西勇という大きな存在もあるが、エースの地位にまで昇りつめた青柳を中心に、毎年のように他球団を圧倒する成績を記録しているのはすごい。投手が育つ土壌ができている。

 一方で、矢野監督は得点力と守備力の向上には、大きな成果を示せなかった。特に攻撃の物足りなさは最後まで響いた。盗塁数が他球団に比べて突出して多かったが、必ずしもそれが相手バッテリーへのプレッシャーにつながらなかった。進塁した走者を返せる打者がいない。あるいは、アウトカウントを効率よく使って、ノーヒットでも得点できるような戦術が使いきれない。その結果、多少走者がちょろちょろと進んでも、相手投手が上から見下しているのが見て取れた。

■早仕掛けの一本調子で「完封地獄」、守備軽視の選手起用で「エラー地獄」

 矢野監督が二軍監督時代から掲げたのは「超積極」だった。走塁ではアグレッシブに次の塁を狙い、打撃では初球から打っていく。しかし、大山、佐藤輝の「大砲」も、近本、中野、島田ら「ピストル」も、いずれも仕掛けの早い打者ばかりで、チーム全体が一本調子になりがちだった。もぎ取る四球が極端に少ないため、チームとしての出塁率が低い。当たり前のように淡々と完封負けを重ねる「完封地獄」は正直きつかった。

 今季の開幕からの大連敗に象徴されるように、一度崩れかけるとなかなか立ち直れない「崩壊現象」も指摘しなくてはいけない。チームとしても、主力選手個人としても好調が長続きせず、不調になると長く続くのが目立った。塁上でのガッツポーズ、虎メダル、予祝、キャンプイン前日の辞任表明など、いろいろと「矢野スペシャル」はあったが、いつもどこか上滑りする部分が感じられ、実際にチームに勢いや団結力をもたらしたり、ハートに火を点けたりする効果は限定的だった。

 守備力については、残念な評価しかできない。今季前半はさほどエラーが目立たなかったが、後半になるにしたがって一気にエラーが増えた。夏場、勝負どころでの成績下降は、守備でも打撃でも共通していた。疲労の蓄積だろう。イージーな捕球ミス、送球ミスが夏以降一気に増えた。その姿は前年から進歩を感じない「エラー地獄」だった。

 体力面以外では、矢野監督の守備を軽視した選手起用がエラー頻出の原因だ。現代野球においてショートと同レベルにアウトを作るセカンドの守備にほとんど重きをおいていないのがその代表的なもの。守備範囲の狭い糸原を長く守らせていたのも残念だったが、キャンプで練習させてもいない佐藤輝に二塁を守らせたときには、どこまで守備を軽く見るのかと驚きを通り越して悲しくなった。

 それに限らず主砲として大きな存在になるべき大山や佐藤輝を内野外野、あちらへこちらへと動かすのは本当に解せなかったし、守備固めのタイミングで、スタメンの守備位置を玉突きシャッフルするのもまったく感心しなかった。投手のフィールディングの悪さから試合を落とすケースも多すぎで絶望した。

■阪神監督の地獄を4年間勤め上げた矢野監督に感謝

 しかし、これらの「地獄」の背景には私などが想像もできないような事情があったのかもしれない。そもそも、口汚いファンが大勢いる人気球団の監督を務める心労は計り知れない。矢野監督にとっては、このような重責を担った4年間こそ地獄だっただろう。しかし、どんなときも自分の言葉でコメントを発し続けた。チームのため、ファンのために力を尽くしてもらったことに感謝とねぎらいの気持ちを表したい。本当におつかれさまでした。

 チームはCS出場を目指しているわけだから、なんとか勝ち抜いて、最後に矢野監督といい思い出を作ってほしいと思う。その一方で、優勝を逃し、貯金も作れなかった2022シーズンには、いちファンとしてそれほど大きな未練はない。それは正直な気持ちだ。だから、もし思いがけずに早くシーズンが終わったとしても、新チームの発足が早まったと、プラスに捉えられそうだ。

 おそらくすでに決まっている新監督には、金本・矢野の育成重視路線を受け継いで、どんどん若い選手にチャンスを与えてほしい。そして、チーム内競争を活発にしつつ、矢野監督がなし得なかった得点力と守備力の向上を、「土壌づくり」からやり遂げてほしい。

 そしてできれば1985年の日本一から2003年の星野仙一Vまでと同じ「18年間隔」の来季……どんなに遅くとも1964年の優勝から1985年の日本一までと同じ「21年間隔」となる2026年までには、リーグ優勝と2回目の日本一を達成してほしい。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/57483 でHITボタンを押してください。

(鳴尾浜トラオ)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?