「5日間入院しただけで800万円」「大戸屋のホッケ定食が3000円」ニューヨークに移住した綾部祐二が驚いた“アメリカの異常物価”

「5日間入院しただけで800万円」「大戸屋のホッケ定食が3000円」ニューヨークに移住した綾部祐二が驚いた“アメリカの異常物価”

綾部が米国の異常物価に驚き

「5日間入院しただけで800万円」「大戸屋のホッケ定食が3000円」ニューヨークに移住した綾部祐二が驚いた“アメリカの異常物価”

渡米して5年になる綾部祐二さん。彼が見たアメリカの異常物価とは?(Photo by Yuji)

「友達を誘ってラーメンを食べて、そこにゆで卵を1つトッピングする。ラーメン2杯とトッピング2つで、会計が5000円を超えます」

 2017年、ニューヨーク移住したことで話題を呼んだピース綾部祐二さん。アメリカに5年間住んでわかった「驚きの物価事情」とは? 綾部さんによる初エッセイ集『 HI, HOW ARE YOU? 』より一部抜粋してお届けする(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■日本とアメリカの環境の差

 こちらに来て、いわゆるカルチャーギャップというのはあまり感じないんですが、当然、細かい環境の違いというのはあります。

 笑ったのが、こちらの人はスーパーのレジで並んでいる間に、商品を食べたり、飲んでしまったりすることです。レジまで来たら、空の容器をピッとやって、あとはそれをポイッとゴミ箱に捨てる。

 量り売りのブドウを子供に食べさせたりもして、それだと会計が変わってくるだろうと思うんですけど、とくに店員が注意することもないんですね。

 ちなみにぼくの食事は8割ぐらい自炊です。自炊といっても、焼きソバや生姜焼きをつくったり、鍋やカレーをつくり置きするぐらいですけど。

 こちらに5年間いて、ウーバーイーツのような宅配サービスを利用したことは一度もありません。

 スマホだけで済んでしまうのは便利ですけど、少しでも英語を使いたい身からすると、それではもったいないんですね。

 できるだけスーパーや商店に行って、「これ、ちょうだい」「これはどういう食材なの?」といったやりとりをするようにしています。

 カフェでパンとアップルジュースを頼んだら、「ジュース」の発音が通じていなくて、パンと本物のリンゴが袋に入っていた、なんてことはしょっちゅうです。こちらでは「カフェラテ」のことは「ラテ」と言うのに、それを知らなくて、何度も「カフェラテ」と注文して、しばらく不思議な顔をされたこともあります。

 仕事に対する感覚はかなり違いますね。

 日本で言う「勤務態度」のレベルが低いというか、そんな概念すらないのではないかと思うこともしばしばです。

 スーパーマーケットで、レジの店員がイヤホンで音楽を聴いてたり、誰かと通話しているなんていうのは普通の光景です。バスの運転手が運転中にほかの車に向かって、いわゆるFワードを浴びせたり。日本で「てめえ! この野郎!」なんて怒鳴り散らしてるバスの運転手、見たことないですよね。

 先日なんて、タクシーに乗っていたら、運転手が急に車を停めて、「ちょっと待ってて」と言うんです。何かと思ったら、道端のハトにエサをあげはじめました。

 どうして客を乗せているときにエサをやる必要があるんでしょうか。

 だから、早い段階で自分の口グセを決めることにしました。

「ディス・イズ・アメリカ」

 これがアメリカだよ、と。

 何かあるたびにイラつくよりも、「ディス・イズ・アメリカ」と笑って、早く慣れたほうがいい。

■ニューヨークで警官に押さえつけられたことも

 ニューヨークシティ・マラソンを観に行ったら、何人もの警官に押さえつけられたのにはビックリしましたけどね。

 ゴール地点が見たくて、黒いリュックとパーカー姿で人が集まっている場所に向かったんです。そしたら、IDパスが必要なエリアに無断で入ってしまっていたみたいなんですね。おそらく声をかけられていたんですけど、イヤホンで音楽を聴いていたので、それが聞こえなかった。

 すると突然、地面にバーンと押しつけられていたという。
 そんな格好で警告を無視すれば、テロか何かと勘違いされても仕方ないわけですけど、こちらももうパニックです。

 何をどう言っていいのかわからなくて、気づいたら耳のイヤホンを指さしながら、「ミュージック! ミュージック!」と叫んでいました。

 その場で持ち物検査もされました。

 リュックから出てきたのが、日本の長ネギと玉ネギ。和風カレーをつくるために買ってあったんですが、アメリカ人が想像するカレーと違うから、それがカレーの具材だっていうこともなかなか信じてもらえませんでした。

 少し真面目な話をすると、医療と教育に関しては、日本との違いを痛感します。こちらでは事故にあった人はまずこう叫びます。

「救急車を呼ばないで!」

救急車を呼ぶと、数十万円から、高いところだと100万円ぐらいかかってしまうんです。

 国民全体の保険制度もないから、個別に保険に入るしかなくて、それがひと月に最低5万円ぐらいかかる。しかも、診療費の全額がカバーされるわけではない。でも、入っておかないと、診療費がとんでもないことになってしまうんです。

 ぼくの知り合いは、調子が悪いから、と検査と治療のため5日間ほど入院したところ、800万円も請求されていました。

 ぼくも、固いものを食べていたら歯が少し欠けてしまったので、歯医者でちょこっと詰め物をしてもらったことがあります。治療自体は日本とさほど変わらない金額だったんですが、その際に、撮影したレントゲン代を加えると、トータルで4万円もして驚いたことがあります。

 また、ある仕事でミネソタに行ったときに、2月で気温がマイナス24度だったんです。次の日、やはり仕事のため、今度は生まれてはじめてのハワイへと飛行機で移動しました。するとこの寒暖差もあってか、仕事が終わってから、どんどん体調が悪くなったんです。

 すぐにハワイの病院で診てもらったら、インフルエンザでした。

 でも、インフルエンザだと、こちらの病院では何もしてくれないんですね。ただ安静にしていなさい、と言われるだけ。高熱でつらいと訴えても、水を飲みなさいとしか言われないんです。

 けっきょく自分で薬局まで歩いてカゼ薬を買いましたが、治るまで時間もかかるし、なかなかニューヨークへも帰れない、なんてことがありました。

■住むエリアによって教育水準が激変

 さらにすごいのが教育です。

 住むエリアによって教育水準が変わるんです。

 以前から、アメリカではどうして治安の悪いエリアが決まっているんだろうと不思議に思っていたんですが、わかりました。

 完全に教育水準の違いだったんです。

 エリアごとに教育のレベルが1から10まであって、このエリアは「2」、このエリアは「8」とはっきり決まっているんです。

 たとえば、「8」の地域の学校では算数、国語、理科、社会の授業がありますけど、「2」の地域の学校ではそのうち2教科しか教えませんよ、と。

 つまり、住むエリアによって学力が変わってしまうんです。そして当然、教育レベルの高いエリアは、家賃も高いわけです。私立だったらエリアは関係ないですけど、そのぶん学費が高くなります。

 けっきょく経済格差が教育格差となり、さらに地域格差にまでつながっているんです。しかも、その格差は広がる一方という。

 日本でも地域性の違いや家賃の高い低いはありますけど、住む場所によって、ここまであからさまに教育水準が変わってしまうことはないですよね。

■大戸屋のホッケ定食が3000円

 ニューヨークの物価が高いのは、日本でもよく知られるところだと思います。

 大戸屋のホッケ定食なら、だいたい3000円ぐらいします。

 友達を誘ってラーメンを食べて、そこにゆで卵を1つトッピングする。ラーメン2杯とトッピング2つで、会計が5000円を超えます。

 はっきり言って高いです。アメリカ人もそう思っています。

 また、同じニューヨークでも地域によって差があって、とくにマンハッタンの物価は異常です。

 家賃なんかも、感覚的なものですが、東京の2〜3倍ぐらいしますね。

 東京のいい所、たとえば表参道の2LDKのマンションでしたら月40万〜50万円ぐらいじゃないですか。でも、いまのマンハッタンだと、そのクラスの部屋で、月の家賃が100万円を超えると思います。

 ただ、給料もまた日本よりも高い水準にあります。
 先ほど紹介したようないい加減な勤務態度でも、そこそこもらっていたりしますから。

 さらに、そこにチップが加わってくることもあります。

 ぼくの外国人の友人が日本に旅行してビックリしていました。「なんで日本人はみんなサービス抜群なのに、チップをとらないんだ」と。

 医療も教育もそうですが、外に出てみてはじめて気づく日本の素晴らしさもいっぱいあるんですよね。

「ぜったい売れるから、辞めるんじゃねえぞ」まだ無名のピン芸人・綾部祐二を勇気づけた“立川談志”の言葉 へ続く

(綾部 祐二)

関連記事(外部サイト)