『イカゲーム』エミー賞6冠でも、国内では嘆く声…喜んでばかりいられない「韓国エンタメの事情」

『イカゲーム』エミー賞6冠でも、国内では嘆く声…喜んでばかりいられない「韓国エンタメの事情」

米エミー賞で主演男優賞をアジア男優として初めて受賞したイ・ジョンジェ。『イカゲーム』での演技により、米『スター・ウォーズ』ドラマシリーズの新作『ザ・アコライト』の主役にキャスティングされている ©AFLO

「I’ll be back」

 シーズン2への自信ものぞかせたこんな決め台詞で会場を沸かせたドラマ『イカゲーム』のファン・ドンヒョク監督。

 1949年から続く“ドラマ界のアカデミー”米エミー賞で非英語圏作品での初ノミネートとなった『イカゲーム』でファン監督は監督賞を受賞。主演のイ・ジョンジェはアジアの役者として初めて主演男優賞を受賞し、視覚効果賞なども合わせて6冠となる快挙を成し遂げた。

 韓国ではアカデミー賞4冠の映画『パラサイト 半地下の家族』、米ビルボード1位となったBTSに続く世界での活躍だとメディアはいずれもトップで報じ沸きに沸いたが、一方で「イカゲームエミー賞6冠王にも笑えないクリエーターたち」(メディアトゥディ、9月14日)とも報じられ、業界からは「韓国はまったく儲からない」というぼやき声が。『イカゲーム』の世界的なヒット以降、浮上していたIP(知的財産権)問題が再び俎上に載せられている。

■「Netflixの独り勝ち」という声も

『イカゲーム』はNetflixが制作費を全額投資したNetflixオリジナルの韓国ドラマだ。金銭的に崖っぷちまで追い詰められた456人が賞金456億ウォン(約45億円)を懸けて“デスゲーム”を繰り広げる。日本では『神様の言うとおり』、『賭博黙示録カイジ』に似ている、パクリだという批判もずいぶん出た。

 ファン監督も日本の作品にインスピレーションを得たと認めていたが、同作が異なるのは、「人間が見える、ヒューマンドラマになっているところが単なるデスゲームと一線を画している」と語っていた(ソウル新聞、2021年9月29日)。昨年9月にNetflix で公開されるや瞬く間に世界中でメガヒット。米CNNは「実に最高だ」とべた褒めし、劇中課せられたデスゲームのモチーフとされた韓国の子どもの遊びや白いラインが入ったスポーツウェアが各国で流行するなど社会現象も巻き起こした。

 この人気ぶりに、韓国では当初こそ高揚した雰囲気だったが、次第に聞かれるようになったのは、「Netflixの独り勝ち」という声だった。Netflixオリジナル作品は、国にもよるが、同社が制作費を全面的に投資する代わりに作品のIP(知的財産権)は同社に帰属する。つまり、ゲームや漫画などの二次的な制作物の収益などはすべて同社のものとなる仕組みだ。

■制作サイドに渡った収益は0.2~0.4%か

 Netflixの『イカゲーム』への投資額は、韓国では「253億ウォン」(約26億円)といわれ、これは米国ドラマと比べるとケタ違いに安いといわれる。同社は投資額などを一切公表しないのであくまでも推算された数字だが、『イカゲーム』の大ヒットでNetflix社はおよそ1兆520億ウォン(約1085億円)の収益を得たといわれている。投資額の40倍以上だ。

 一方、制作サイドには、Netflixオリジナル作品などのOTTオリジナル作品では総制作費の15~20%ほどのマージンが支払われるといわれており、『イカゲーム』の場合は、マージンが53億ウォン(約5億4000万円)、ここにマーケティング費用などが含まれていればマージンは20~40億ウォン(約2億~4億円)と計算され、これはNetflixが得た収益(1兆520億ウォン)のわずか0.2~0.4%に過ぎない。

 韓国紙文化部記者は言う。

「NetflixのようなOTT(オンライン映像配信サービス)を作ればいいという声がでますが、それだけでは問題の解決になりません。

 韓国で今展開しているTvingなどの独自のOTTを世界に広げていくことは重要ですが、そのOTTにしても、Disney+などが会員数を伸ばしNetflixの会員数を超えるなど競争が激しくなってきていますし、韓国の主要な制作会社の株価も去年と比べると落ちている。やはり、IPをどう死守できるか、クリエーターにも十分に利益が分配されるような仕組作りが急がれています」

■Netflixからの投資を断っていた『ウ・ヨンウ』

 そんなIPを確保し喝采を浴びたのが、最近大ヒットした韓国ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』(以下、『ウ・ヨンウ』)だ。自閉スペクトラム症を持つ新米弁護士ウ・ヨンウが主人公のこの作品は、韓国ではまったく無名のケーブルテレビで放映された。ところが口コミであっという間に人気となり、0.9%だった視聴率は最終回には17.5%をたたき出した。

 Netflixのグローバル視聴ランキングでも、7月4日から10週連続トップ10入り。うち7週連続世界1位となり、「第二のイカゲームなるか」とも囁かれた。ちなみに『イカゲーム』は登場後から19週連続世界トップ10入りし、うち9週連続で世界1位だった。

 そんな『ウ・ヨンウ』終映後、制作会社「エイストーリー」のイ・サンベク代表がNetflixには放映権のみ売却し、投資を断っていたことを明らかにした。イ代表は、「『キングダム』(Netflixオリジナルの韓国ドラマ)を制作したとき、IPがなかったため残念な思いをした」と言い、こう話している。

「IPはキャッシュカウ(cash cow、ドル箱)となり、制作会社が成長できる基盤を整えてくれますが、これがなければ制作会社は外注のみの下請けとなり収益はほんの少し。永遠に下請けという悪循環に陥ります。けれど、(『ウ・ヨンウ』で)ここから抜け出せました」(韓国日報、8月31日)

 同社は、『ウ・ヨンウ』のIPを守ったことで、ウェブトゥーンを5カ国に輸出し、また、ミュージカル制作も計画中。さらにはリメイクのオファーを米国や日本、ドイツなどの数カ国から受けている状態で、そのすべてで収益が見込めるが、それはひとえにIPがあるからこそだ。

 同社が放映権のみを購入してくれる媒体を探した結果が無名のケーブルテレビだったという。ただし、この「ENA」は大手通信企業「KT」系列のケーブルテレビ「SKYTV」が運営している。『ウ・ヨンウ』の制作費はKT系列会社が投資したといわれ、総制作費は約200億ウォン(約20億円)といわれている。ウ・ヨンウ弁護士が好きな鯨のCGや弁護士事務所などのセットに経費がかかったといわれるが、その制作費は『イカゲーム』にも匹敵する。

■「著作権法改正を」クリエイターの訴え

 9月初めには、映画監督組合とシナリオ作家組合所属の200人あまりが「著作権法を改正し、クリエーターにもきちんと報酬が与えられる」ことを求めるため国会議員会館で討論会を開いている。1000万人以上の観客を動員した映画『TSUNAMIーツナミー』のユン・ジェギュン監督や『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ監督、『イカゲーム』のファン監督も参加した。

 韓国では流通を円滑にする目的で、特別な契約がない限り、映像制作に関わるクリエーターの著作権は制作会社に譲渡すると著作権法で定められているが、これを改正すべきと訴えている。

■『パラサイト』ポン・ジュノの収益は?

 ちなみに、『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督は米監督組合会員になっており、そのため、米国の法律によりNetflixで配信された米韓合作映画『オクジャ』では、監督、脚本家としての収益を得ているそうだ。

 しかし、そもそも『イカゲーム』の場合は当初韓国で制作費の投資を募っていたものの、内容に難色を示され、投資してくれる企業はなかったという。ファン監督は、Netflixが全額制作費を出してくれたため制作に集中できたとも話しており、NetflixをはじめとするOTTの存在は痛し痒しといったところだろうか。

 それにしても、韓国エンタメ界での議論を見ていると、グローバル市場に向けた勢いを感じずにはいられない。

『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の中で、ウ・ヨンウ弁護士が妙案を閃いた時に目をぱあっと見開くとCGの鯨が登場するシーンがあるが、制作プロデューサーは、韓国でも放映された1980年代の日本のアニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』からヒントを得たと話している。『イカゲーム』にしても『ウ・ヨンウ』にしても、日本のエンタメからさまざまな刺激を受けている。こういうのを宝の持ち腐れ、というのではないだろうか。

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?