「演技はできているけど、声が出ていない」「腹筋を鍛えないとダメよ」井上喜久子の声優人生を変えた“先輩のアドバイス”

「演技はできているけど、声が出ていない」「腹筋を鍛えないとダメよ」井上喜久子の声優人生を変えた“先輩のアドバイス”

声優・井上喜久子さんの人生を支えた「先輩のアドバイス」をご紹介(画像提供:主婦の友インフォス)

〈写真多数〉「娘の学生服をこっそり着て、イベントに出たこともあります(笑)」“永遠の17歳”井上喜久子がコスプレ好きになった理由 から続く

「あなたは演技はできているけど、声が出ていない」

 ある映画の吹き替え現場で、衝撃的な一言を受け取った井上喜久子さん。先輩声優からの助言は、井上さんのその後の人生にどんな影響を与えたのか?

 初の自叙伝『 井上喜久子17才です「おいおい!」 』より一部抜粋してお届けする。(全3回の3回目/ #1 、 #2 を読む)

◆◆◆

■朝のお祈り、白湯、腹筋は安定の秘訣

 朝に自分が決めたことを毎日やるのを、“幸せのルーティン〞というそうです。私のルーティンは、以下の三つ。

一、お祈りをして心を落ち着かせる
二、白湯を飲んで体を癒やす
三、腹筋をして鍛える

 朝起きると、まず窓を開けて、太陽の光を浴びます。そうすると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが出るんですって。そして深呼吸をしたら、最初にやるのがお祈り。

 私は土地神様というのを信じていて、自分が住んでいる家といちばん近い神社に月1回、“おついたち参り”をしているんですね。その小さい神社に行って、「先月も元気で暮らせました。ありがとうございます。今月も幸せに過ごせますように」と、お礼とお祈りをしてきます。自分と家族の健康、世界平和、みんなが笑顔でいられること……。いくつか自分の中で大切にしている願いがあって。

 本来は月初めの1日に行くものですけど、そうもいかないので、日にちは決めず月の初め頃に1回、必ず行きます。それと毎朝、神社の方角に手を合わせて、同じことをお祈りしているんです。

 そのあとには、お湯を沸かして、お白湯をコップ1杯くらい飲みます。ちなみに、飲む前にはしっかりと口をゆすぐのがポイントです。よくモデルさんが美容のためにやっていますけど、朝一番に体に入れるものは大切で、白湯は血液の流れを良くする
んだったかな。とにかく、飲み始めてから体調がすごく良くて、もう何十年も続けています。

 白湯を飲んだら、次は腹筋。昔、通販で買ったイス型のマシンに乗って、腹筋を鍛えながら、目ではテレビの情報番組を追いつつ、発声練習も同時にやります(笑)。マシンがスイッチを入れると15分で切れるので、発声も15分しっかりやっていて。そこから1日が始まる感じですね。

 私の“幸せのルーティン〞はお祈り、白湯、腹筋。この三つのおかげで、毎日とても安定しています。

■鍛え始めてから声の調子が良くなった

 デビューから10年くらいたった頃かな。衝撃的なことがありました。外画のお仕事で、先輩の女性声優さんに「あなたは演技はできているけど、声が出ていない」「腹筋を鍛えないとダメよ」と言われたんです。

「声が出ていない」と言われたのが衝撃的すぎて、その日から、いろいろなものを使って腹筋をやりました。テレビの通販番組で見るマシンを、あれこれ買って。実家に行くと、今は使わなくなった機械たちがたくさんあります(笑)。

 最終的にいちばん良かったのは、乗っているだけでシートが動いて腹筋を鍛えられる、ジョーバというイスみたいなマシン。最初は1日のうちのどこかでやればいい、と思っていたんですが、疲れた日はついサボってしまい……。

 ある日先輩の若本規夫さんとお話ししていた時に、毎朝決まった時間にトレーニングされていると聞いて、私も影響を受けて朝に必ずやるようになりました。

 朝は気分が良いですし、野球でいう素振りのような、なくてはならない基礎練習になっています。

 腹筋を鍛え始めてから体幹が強くなって、声の調子も良くなりました。もしあの外画のお仕事の日に「鍛えなさい」と言われることがなくて、腹筋をしないままだったら、そのあと、悪役とかでの力強い声のお芝居に影響していたかもしれません。

■一瞬で別世界に入れる映画館が大好き

 休みの日は、お片づけとかお掃除とか、普段できない家のことをやろうとメモに書き出すと、いっぱいあって全部できなかったりしますね(笑)。

 百貨店にお買い物に行って、いろいろ見て回るのも楽しいし、あとはやっぱり、時間があれば映画を観ます。

 配信でも観ますけど、映画館は一瞬で別世界に入れるような感覚があっていいんですよね。あの暗さがたまりません。あと、キャラメルポップコーンは欠かせない! あれを作った人は天才だなと思います(笑)。

 割合的には、洋画を観ることが多いです。『ハリー・ポッター』シリーズは娘がマっていたこともあって、全部観ました。『ボヘミアン・ラプソディ』も良かったです。クイーンにはあまり詳しくなかったけれど、観たらすごく感動して。私には珍しく、2回観に行きました。

 最近だと、ミュージカル映画の金字塔と言われる『ウエスト・サイド・ストーリー』を娘と観ました。あと『トップガン マーヴェリック』や『エルヴィス』。『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』はもちろん、日本語吹き替えで観ましたが、あらためて「なんて素晴らしい映画だろう!」って感動しました。

 邦画も面白い作品はいっぱいありますよね。『フラガール』や『万引き家族』や『キングダム』が好きです。

■海の時代、山の時代……年齢を重ねるのって面白い

 若い頃は時間があれば、ひたすら海に行ってました。アン・モロウ・リンドバーグという方が書いた『海からの贈物』という本が大好きで、海は本当に宝物にあふれているなと思って。

 小さかった娘を連れて、貝殻やシーグラスを拾ったりもしました。すごくきれいなものは持って帰って、取ってあります。

 地元にお気に入りの場所があるんです。海に突き出した遊歩道で、夕暮れ時にそのベンチに座ってフーッとしているのは、本当に幸せ。雲の切れ間から夕陽が注いで天使のはしごが降りてくると、もう最高に癒やされます。

 そんな私ですが“山の時代”もありました。ピカソの青の時代みたいなすごいものではないですけど(笑)、地元の小高い山にワンちゃんも連れてのんびり登って、ピクニックをする素晴らしさに気づいたんです。ひだまりの草原で四つ葉のクローバーを探したり、しろつめ草を編んだり。おにぎりを作って持っていって、シートを広げて食べたりするのが楽しくて。

 人が年齢を重ねるのって、面白いですね。“17才〞ですけど(笑)。ずっと海が最高だと思っていたのが、山もいいなとか。年代ごとにほかの楽しさも知って変われるのは、素敵なことだと思います。

 今、お仕事が忙しいのは幸せです。新人の頃、雑誌のインタビューで「10年後はどうしていますか?」という質問があって、「声優を続けていたらうれしいですけど、どうですかね?」と答えていたんですね。それが気づけば、もう30年以上続けこられたのは、本当に夢のようです。

 かと言って、これから先も同じように続けていけるとは思いませんし、きっとお仕事が減っていくこともあるでしょうね。でも、そうなったらなったで、また違う楽しみもきっとある気がします。

 実は、あと何年かしたら、のんびりとやりたいことがいくつもあって、今からワクワクしているんです! 17才って言ってる私ですが、実は老後も楽しみだなんて、なんだかおっかしいですね(笑)。

(井上 喜久子)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?