幼馴染の恋人にわざわざ「好き」宣言…朝ドラ史上最も“常識はずれなヒロイン”を演じた『ちむどんどん』黒島結菜の“スゴさ”

幼馴染の恋人にわざわざ「好き」宣言…朝ドラ史上最も“常識はずれなヒロイン”を演じた『ちむどんどん』黒島結菜の“スゴさ”

『ちむどんどん』主演の黒島結菜 ©AFLO

 黒島結菜は割り切れない俳優である。彼女がヒロインに抜擢された、朝ドラこと連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK)の暢子を半年間見てそう感じた。割り切れないとは要するに一言で表現できないという意味合いだ。

■想像と違った…『ちむどんどん』暢子の“鈍感さ”

 黒島結菜が朝ドラヒロインに決まったニュースを見たときは、こんなにも彼女を割り切れない俳優だと筆者は思っていなかった。むしろ割り切れると思っていた。

 出世作『アシガール』(17年)で黒島が演じた、足軽に扮して戦国時代を駆け抜けるヒロインの明るさや健気さは竹を割ったようにきっぱりと割り切れるイメージだったからだ。愛する若君のために泥だらけになって闘う姿に、このひとが朝ドラのヒロインをやったら、どんな困難にも明るく前向きに対処して、朝、元気にさせてくれるのではないかと夢に見たのだ。

 ところが『アシガール』から5年、『マッサン』(14年)、『スカーレット』(19年)とゲスト出演を経て、ついに演じる朝ドラヒロイン、彼女の故郷・沖縄が舞台となった『ちむどんどん』の暢子は何かが違っていた。

 沖縄やんばる生まれの野生児的な暢子は、明るく、元気ではあるものの、少々度が過ぎる。明るさや元気さが鈍感で空気を読まず、自我を貫く方向に発揮されていたのだ。

 暢子は亡き父・賢三(大森南朋)に「暢子は暢子のままで上等」「自分の信じた道を行け」と言われたこともあって、いついかなるときでもマイペース。そのため良くも悪くも空気を読まない鈍感な人物となり、最終回も近い第118回では、妹・歌子(上白石萌歌)の恋の進展に重要な一場面で、自分の食べたいゆし豆腐について語り「おとなしくしてくれない!?」と姉の夫(山田裕貴)に一喝される。

 続く第119回では、ようやく歌子と幼馴染・智(前田公輝)が思いを確認し合ってひしと抱き合うかと思わせて、暢子が歌子に抱きつくという喜劇的な流れは、暢子ってほんとうに周囲が見えてないよね、うふふという『サザエさん』的に笑って流せない、ゴーヤのような苦さが残る。

 朝ドラのヒロインは近年、マイナーチェンジしているとはいえ、基本は明るく元気でさわやかが3大要素。故郷沖縄に錦を飾るような作品で、賛否あるクセの強いヒロインで良かったのだろうかと、余計なお世話だが心配しながらこの半年間、見続けた。

■「明るく元気でさわやか」なヒロインの時代は終わった?

 念のため、ここでなぜ、朝ドラヒロインに、明るさ、元気さ、さわやかさが期待されるのかおさらいしておこう。00年代のはじめまで確かに朝ドラ3原則は「明るく・元気に・さわやかに」とされていた(NHKドラマ・ガイド 『私の青空』〈NHK出版〉より)。そもそもの発端が「私たちももっとのびやかに、さわやかに生きたい」(『朝ドラの55年』〈NHK 出版〉より)という願いに応えたドラマシリーズであったこともあって、それが綿々と続いてきたのだ。

 筆者は『 みんなの朝ドラ 』(講談社現代新書、2017年)で2010年~17年の朝ドラ、『 ネットと朝ドラ 』(株式会社blueprint、2022年)で17年~22年の朝ドラを一作一作分析しているが、ヒロイン像が「明るく・元気に・さわやかに」からじょじょに変わってきて、『べっぴんさん』(16年)のヒロインは思ったことを口にできない内気な人物で、『ひよっこ』(17年)のヒロインはこころのなかでちょっぴり毒を吐いていて、『おかえりモネ』(21年)のヒロインは「わたし何もできなかった」と人に言えない悩みを抱えている。

 曇りない明るさでいつも笑っているようなヒロインは少なくなってきた。『なつぞら』(19年)のヒロインは「無理に笑うことはない。謝ることもない。お前は堂
々としてろ」と北海道の育ての祖父・泰樹(草刈正雄)にそう言われている。ちなみに草刈正雄は「ちむどんどん」の最終週第122回に登場すると話題になっている。

 健気さを売りにしないヒロインはかつてのようにたくさんの人に支持されにくい。影があったり我が強すぎたりするヒロインを敬遠してしまうからだ。逆に、常にとびきり明るいヒロインが苦手という人には支持される。

 多様性の時代、これまでとは違うヒロイン像を模索する状況で、黒島結菜の特筆すべき点は、従来の正統的な明るさ元気さをキープしながら、常識的とされる言動の軌道を外れていくという難しいことをけろりと演じたことである。

『べっぴんさん』も『ひよっこ』も『おかえりモネ』もヒロインがおとなしくやや辛気臭いという意見があった。たいてい、何かを抱えていますよという憂い顔になるのだが、黒島は暢子をいっさいそう見せず、ひたすら明るさと元気を貫いた。自我を通し、空気を読まないことにもほぼ疑問をもたない。

 最たるエピソードが幼馴染の和彦(宮沢氷魚)の恋人・愛(飯豊まりえ)に「うち、和彦くんのことが好き」「でも諦める」とわざわざ言わなくていいようなことを宣言したり、和彦の母・重子(鈴木保奈美)に毎日お弁当を無理やり届け「うちは何か間違ったことしてる?」ときょとんとするなど、当人は悪いとまったく思っていない様子が他者を苛立たせるというディスコミュニケーションの問題をその身体に引き受けて見事に演じてみせたところに、黒島結菜の俳優としての成熟を感じる。

 情報番組『あさイチ』の「プレミアムトーク」に黒島が出たとき、川栄李奈が「落ち着いていて」「喜怒哀楽をあまり出さない」と証言していたように、どんなに猪突猛進の役をやっても常にどこか冷静に見えるので、本気で鈍感でただただ頭の空っぽな役に侵食されずに済んでいる。それが黒島結菜の良さではないか。

 そう、よくよく考えてみると、黒島結菜は以前からそんなに単純な俳優ではなかったのだ。

■悪女か聖女か? 黒島結菜の割り切れない魅力

 まず、WEBドラマ『SICK'S~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』(18年)の一一十(にのまえいと)。

時を止めたり巻き戻したりする能力を持っている。黒いセーラー服姿にボブヘア、手には黒いだるまを抱え、一見少女ながら大人をはなから相手にしていない超然としたところが印象的だった。一一十はもうひとり白いセーラー服バージョンもいて、悪女と聖女、微妙に表情が違っていて翻弄されたものである。

 もう一作は映画『十二人の死にたい子どもたち』(19年)のメイコ。自殺志願の少年少女が集まってきたなかのひとり、メイコは父親を尊敬していて3人も替わった母親のことは馬鹿にしている。

「すぐ見抜きますようちの父は」と無条件に父を讃えているのだが、父のほんとのことはわかっていない。その近視眼的な感覚で12人の少年少女のなかでずけずけと物事を言う。クレバーなところはあるけれど視野が狭いという役を、ひっつめた額全開の髪型、ジェンダーレスできちっとした制服のような服装も相まってみごとに表していた。

 おそらく『ちむどんどん』の暢子は、『アシガール』から『十二人の死にたい子どもたち』の頃に形成されたイメージや彼女の特性を生かそうとした役だったのではないだろうか。

 それより前に遡ると『あさイチ』で紹介されたデビュー当時「マッシュ」と呼ばれていた頃(12年)や、14年の『アオイホノオ』の敬礼ポーズでにこっと微笑む無邪気な役の頃は、ただただ明るいかわいい女の子という印象だった。しかし『アシガール』でポテンシャルを全力疾走することで目覚めさせ、『SICK'S』で人間誰もが抱える黒い部分を発掘し、そのとき、白いセーラー服バージョンのふたりで切り分けたものを、『十二人~』ではひとりの人物のなかに統合した。

 映画『明け方の若者たち』(21年)ではミステリアスなきれいなお姉さんふうの役を演じることで、人間の複雑さを漫画的な表現からやや大人の表現へと進化させてきた。

 正直『明け方の若者たち』や『ちむどんどん』のようにややクセのある作品や役はどれだけ彼女にとってメリットがあるのか読めない部分もあるにはある。しかし、もともと整った顔立ちで落ち着いて喜怒哀楽を出さない人なのであれば、何か突出したことをやらないと逆に埋もれてしまうところを、思い切り振り切っていくことで、俳優としての表現力をつけていっていると思えば、単純に明るく元気を売りにしてこなくてよかったように思う。

 そして、黒島結菜が長年、育ててきた割り切れない感じは、沖縄を舞台にした『ちむどんどん』にふさわしかったのではないだろうか。沖縄はきれいな海があって明るく元気でさわやかなだけの観光地ではなく、その成り立ちは極めて複雑だ。

 いまは同じ日本でも、同じでは決してない歴史や文化やものの考え方があり、暢子とは、簡単に縮めることのできない距離感を表すかにも見える。南の島のヒロインを黒島結菜はその割り切れない魅力で懸命(賢明)に演じきったのだ。

 最後にひとつだけ。かつて『カーネーション』(11年)のヒロインが勇まし過ぎるという指摘が多くあったようだが、その後、尾野真千子は名優として活躍している。

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?