「90歳のとき、草彅さんはたぶん今のまんま、香取さんはイメージが湧かない」 草彅剛・香取慎吾が三谷幸喜と語る“僕らのための2人芝居”

「90歳のとき、草彅さんはたぶん今のまんま、香取さんはイメージが湧かない」 草彅剛・香取慎吾が三谷幸喜と語る“僕らのための2人芝居”

草彅剛さん、香取慎吾さん、三谷幸喜さん

 9月初旬。7年ぶりの2人芝居『burst!~危険なふたり~』の初日稽古を終えたばかりの3人が、都内スタジオに集まった。三谷幸喜×草彅剛×香取慎吾の鼎談を、『 週刊文春WOMAN2022年秋号 』から一部掲載します。

◆◆◆

■三谷脚本による「僕らのための2人芝居」

草彅 楽しい! 僕はウキウキしてますよ。

三谷 2人はしょっちゅう会ってるでしょう?

草彅 でも、向き合って芝居をしたのは久しぶりなので刺激的。日頃の慎吾ちゃんとはやっぱり違う。

香取 稽古が始まるなり、「写真撮っていい? プライベート用に」と言われました(笑)。

草彅 舞台稽古初日には記念に撮るようにしているんです。千秋楽を迎えた時に見返して、「あぁ、俺、結構やったな」と充実した日々を振り返る。

三谷 初対面の人たちが稽古初日に緊張している状態を撮って、本番迎えて、仲良くなった頃に見返すのはわかりますけど、僕らは今更じゃないですか(笑)。

草彅 あぁ、作品によって慎吾ちゃんの顔が違うんですよね。

三谷 でも、僕とは撮らない?

草彅 あ……近くにいなかったから。

香取 僕らが初めて三谷さんの作品に出させていただいたのが1999年の『古畑任三郎』のドラマスペシャル(『古畑任三郎VS SMAP』)で、その後、僕は『HR』(02~03)や『新選組!』(04)などのドラマや、舞台でもご一緒するようになって。

草彅 でも僕にはオファーがなかった。僕は『笑の大学』を観るためにPARCO劇場に足を運んだし、『古畑任三郎』のDVD-BOXも持ってるくらい、三谷さんの大ファンなのに。

香取 それで2人のラジオ番組で、「三谷さんに僕らのために2人芝居を書いてもらいたい」という話をしたんですよね。それが三谷さんに伝わり、実現したのが7年前の『burst!』。

草彅 初日の舞台に立った時、『笑の大学』と同じPARCO劇場、しかも2人芝居だと興奮して!

■「その不器用さは、ほとんど“狂気”ですよね」

三谷 草彅さん、声、大きいですよ(笑)。おふたりはいい意味で印象が変わらないです。7年前どころか、初めてお会いしたときから全く。今日の稽古でも、草彅さんは初日からセリフを全部入れてくる。一方、香取さんはほぼ入ってない。台本を持ちながらどんどん台詞を自分のものにしていく。その違いが面白いんです。

草彅 僕は不器用な人間だから、基本一つのことしかできない。台本を持ちながら演技なんてとてもじゃないけど無理。ちなみに一番難しいのは司会業。カンペ読みながら進行とか絶対できない。

三谷 その不器用さは、ほとんど“狂気”ですよね。例えば「明日の稽古は20ページからやるので、台詞を覚えてきて下さい」と僕が言うと、普通の役者さんは当然20ページから覚え始めます。でも草彅さんは1ページ目から遡って覚え直すんです。

草彅 はい。

三谷 で、結局力尽きて、肝心の20ページまで辿り着かないことがある(笑)。そんな人いないです。

草彅 そうなんですか。

三谷 一方の香取さんは、僕から見ると、とても常識人。いつも冷静だし、演出もするからかな、すごく客観的な目を持っている。

香取 狂気というならば、僕はこの狂気の世界で10歳から育ってきたので、そこに対応するには冷静な気持ちを持っていないと生きてこれなかったのかもしれないですね。

■「僕は『あと何年』ということは若い頃からずっと考えてますね」

三谷 初演から7年が過ぎました。僕は60代、おふたりは40代後半に入りました。健康に気を付けるようになったりはしましたか? 

香取 人間ドックに行ってます。

草彅 同じところに行くんです。

香取 歯医者も同じところ。

三谷 人生の残り時間とか考えます?

草彅 この前、泉谷しげるさんとご一緒した時に、「俺は自分がどこまで疲れられるか試すんだ」と仰っていて、ああロックンロールだ、いいなあと思いました。

香取 僕は「あと何年」ということは若い頃からずっと考えてますね。以前はコンサートツアーを2年に1度とかやっていたんですが、僕は演出を担当していたので、「2年に1度と計算していくと、年齢を考えるとあと10回やれる? 20回?」って。ソロになってからは、あとアルバムを何枚出せるだろうかと考えるし。

三谷 いくつまで生きるイメージなんですか。

香取 生きるイメージというより、100回という数字を若い頃から意識してました。100回はやりたいんだけど、年齢から逆算すると、どう足搔いてもできない現実に、考える度に驚く。

三谷 僕も同じだな。若い頃は無限の未来があるイメージだったんだけど、40代、50代でそうでもないとわかってきて、今はたしかに、あと映画何本、舞台何本、ドラマ何本作れるだろうと考えるようになった。大河ドラマは流石にもうやらないだろうなとか。草彅さん、眠いんですか。

草彅 いやいや、聞いてるんです。話し上手は聞き上手なんでね。

■香取さんは「偏屈ジジイになってそうな気も」

三谷 僕、90歳になったときの草彅さんのイメージが湧くんですよ。たぶん今のまんま。

草彅 この仕事って、役があったら何歳でも輝ける。100歳まで生きれたらいいなと思います。

三谷 一方、香取さんは90になった時のイメージが湧かないんですよね。ずっとこのままのような気もするし、ものすごい偏屈ジジイになってそうな気もする。

香取 昨日もちょっと考えていたんですけど、僕はこの数年、歌とかアートとか、自分でやりたいことがどんどんできるようになっていて、誰かに引っ張り出してもらわないと苦手なことはやらなくなるなと。で、一番苦手なのは、やっぱりお芝居なんです。

※香取さんが語る大河ドラマ『新選組!』の思い出や草彅さんが『burst!』の台本を保存している理由、三谷さんの草彅さんへの“ラブコール”など、鼎談の全文は『 週刊文春WOMAN2022年秋号 』に全文掲載されています。

interview:Ayako Ishizu photographs:Wataru Sato hair & make-up: Megumi Tatsumi(Freckles/Mitani), Eisuke Arakawa(Kusanagi), Tatsuya Ishizaki(Katori) styling: Kan Nakagawara(CaNN/Mitani), Kayo Hosomi(Kusanagi, Katori)

みたにこうき/1961年東京都生まれ。日本大学藝術学部演劇学科在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。以降、舞台、映画、ドラマで活躍。現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の脚本を担当。11月7日~12月27日には福岡、京都、東京にて作・演出の舞台『ショウ・マスト・ゴー・オン』を上演する。

  

くさなぎつよし/1974年埼玉県生まれ。91年にCDデビュー。2005年橋田賞、07年読売演劇大賞杉村春子賞など受賞多数。20年の映画『ミッドナイトスワン』では日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀主演男優賞を受賞。映画『サバカン SABAKAN』が公開中。Disney+でドラマ『拾われた男』が配信中。

  

かとりしんご/1977年神奈川県生まれ。91年CDデビュー。主演映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が9月23日公開。三谷幸喜の脚本・演出による、草彅剛&香取慎吾のふたり芝居『burst!~危険なふたり~』は10月1日から日本青年館ホールで上演される。

『burst!~危険なふたり~』  

脚本・演出:三谷幸喜 

出演:草彅剛、香取慎吾 


全く面識のない2人の男。男(香取慎吾)の家に、ある日突然、もう一人の男(草彅剛)から電話がかかってくるところから物語は始まる。一体電話の用件とは……。この電話から思いもかけない方向に物語が展開していく。

●10月1日(土)~26日(水)、日本青年館ホールにて上演

(三谷 幸喜,草彅 剛,香取 慎吾/週刊文春WOMAN)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?