〈アントニオ猪木さん死去〉ジャイアント馬場との絆「最後に来た手紙が『三途の川で待っている』と…」

〈アントニオ猪木さん死去〉ジャイアント馬場との絆「最後に来た手紙が『三途の川で待っている』と…」

アントニオ猪木さん(享年79)

 10月1日、元プロレスラーのアントニオ猪木さんが自宅で死去した。79歳だった。

 プロレスラーとして先輩であり、ライバルだったのがジャイアント馬場だった。馬場の没後20年で猪木が見せた“男気”を報じた「 週刊文春 」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2021年12月9日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

「(ジャイアント馬場から)最後に来た手紙が『三途の川で待っている』という。挑戦を受けるべきかどうか、逆に私が困りました。(リングに)上がったら挑戦状を受けたということなんで、今日は下からで」

 2月に両国国技館で行われた全日本プロレスのジャイアント馬場没後20年追善興行。リング下でマイクを握った“燃える闘魂”アントニオ猪木参議院議員はそう語った。だが、当日会場を訪れた、猪木氏の娘婿であり、元新日本プロレス社長のサイモン・ケリー猪木氏は言う。

「リングに上がらない猪木さんを見て、本当は足がちょっと良くないんだろうなと思いました。数年前から人の肩を借りないとリングから降りられない状況。挨拶しようと控え室を訪ねたのですがスタッフに断られ、会えませんでした」

 追善興行の2日後には、国民民主党会派に加入することを発表した。

「男性スタッフの肩を掴んで壇上へと上がる猪木さんを、記者らは不安げに見ていました。体調は大丈夫なのかと危ぶむ声も挙がった」(政治部記者)

 猪木氏が表舞台に立つ機会も減っている。

「かつてはイベントのギャラがビンタ1発100万円といわれ、講演料の所得も年2000万円近くあったが、最近は激減。肖像権を管理していた個人事務所も昨年閉鎖され、テレビ出演も減りました」(スポーツ紙記者)

 猪木氏とは40年来の仲である、元新日本プロレス取締役・永島勝司氏が証言する。

■「あいつの生き方そのもの」

「数カ月前に赤坂の整体で会った。彼は腰の大手術をしたんです。以前は『5歩くらい歩くとキツいんだ』と話していた。猪木は悪いところを庇いながらやってきた。人の前では弱音を吐かないのが、あいつの生き方そのもの」

 猪木氏の右腕として、かつて「猪木vsアリ戦」を実現させた、元新日本プロレス専務取締役・新間寿氏も言う。

「あの人のプロレスはすごかった。ある時『本当なら、こんな闘いをしたら10年持つかどうか。俺はそれだけ真剣にやっている』と。それを30年以上も続けた。相当無理をしたと思う」

 馬場とともに昭和のプロレスを背負い、ストロングスタイルで体をいじめ抜いてきたダメージの蓄積は計り知れない。

 今夏に参議院議員としての任期が満了するが、痛めた体を押し、次も出馬するのか。国民民主党の玉木雄一郎代表はこう語る。

「選挙の公認については猪木さんと正面から話していません。有名な方ですし、プロレスファンとして出ていただきたいという思いはあるが、本人の意向を尊重してということになる」

 猪木氏の体調や進退について代理人に問い合わせたところ、以下のような回答だった。

「(馬場追善興行でリングに上がらなかったのは)『夢のオールスター戦』(1979年)で、次にこのリングに上がるときは対戦するときです、と約束した。それを大事にしているから上がらなかっただけです。心配はいらないです」

 76歳となった燃える闘魂が、今一度“国会に卍固め”をかけるのか、あるいは赤い闘魂タオルを投入するのか――。泉下の馬場さんも、大いに気になっているに違いない。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年12月9日号)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    文春はいつも死人ネタに巣くって土足で踏み潰す下品な表現ばっかり。 規範意識欠落ゼニゲバエログロ追求で着眼も取材力も最悪なのに図々しい

すべてのコメントを読む