チームメイトに励まされ…今季躍進したロッテ・髙部瑛斗が涙した日

チームメイトに励まされ…今季躍進したロッテ・髙部瑛斗が涙した日

パ・リーグ盗塁王に輝いた髙部瑛斗 ©千葉ロッテマリーンズ

 2022年シーズン、マリーンズは5位で終わった。苦しい1年の中、光を放ち続けた男がいる。プロ3年目の髙部瑛斗外野手、24歳だ。137試合に出場しチームトップの打率.274を記録。安打数はリーグ2位の148本(1位はイーグルス・島内選手の161本)。そして44盗塁で盗塁王に輝いた。昨年までの2年間で通算38試合に出場して9安打、4盗塁。昨年1年だけで5度の二軍落ちを経験した男が見事にレギュラーに定着し、オールスターに名を連ねる選手となった。

■リードオフマンとして確かな手ごたえをつかんだ日

「後がない気持ち。今年ダメだったら終わりなんじゃないかなという気持ちで春のキャンプをスタートした。そういう気持ちがこのシーズンに繋がったのかなと思っています」

 長いペナントレースを終えた髙部は満足そうに振り返った。マリーンズ不動の一番打者・荻野貴司が怪我で出遅れたことで3月25日、仙台でのイーグルスとの開幕戦では一番に抜擢された。切り込み隊長となる一番打者が出塁し足でかき回し、得点を重ねていくのがマリーンズの攻撃スタイル。その大事な起点を任された。

「自分のできる以上のことはできない。だから、自分のやれることを精一杯やろうと考えました。やれることをやる。シンプルに考えました」と髙部。それが今年の髙部が行き着いた境地だった。

 いきなり2安打で開幕戦勝利に貢献をすると、4月3日のライオンズ戦(ZOZOマリン)で今季初盗塁をマーク。5月13日のバファローズ戦(京セラドーム)では3盗塁をマークし2桁盗塁に乗せた。

 このバファローズ戦はリードオフマンとして確かな手ごたえをつかんだ日ともなった。レフトでスタメン出場すると初回にセンター前にヒットを放ち、二盗に成功。犠飛で先制のホームを踏んだ。3回の第2打席では四球で出塁。すかさず二塁を陥れ、盗塁に成功をすると三番・中村奨吾の一塁線を破るヒットでホームに還ってきた。5回にも左前打。8回にも四球を選ぶと、二盗。その後、三塁まで進むとスクイズでホームイン。2安打2四球3盗塁の大活躍を見せた。

「自分のやるべきことはこういうことだと見えてきた試合。自信が芽生えた」と振り返るように、この試合の活躍でマリーンズの新切り込み隊長として、その名も野球ファンの間で広く知れ渡るようになっていった。

■盗塁王は「周りの人に支えられながらできた」

 そして8月12日のファイターズ戦(ZOZOマリン)では自身が目標としてきた30盗塁の大台に乗せた。まだシーズン中盤での目標値達成。誰も髙部を止めることはできなかった。その後も走り、結果的にタイトル獲得に行き着いた。

「ここまで44個という数字を積み上げられたのは、とても大きな収穫だと思う。自分がやってきたことが評価されるという事は嬉しく思います。思い切って挑戦する気持ちであったり、一つ一つのプレーを大事にしてきたからの結果。そしてなによりもボクが走るにしても次の打者の方が待ってくれたり、サポートしてくれて走れている。周りの人に支えられながらできたと思うので、ボクの貢献というよりも周りの人と一緒に戦えたという思いが強いです」と髙部。タイトル獲得に際して周囲への感謝の気持ちを並べた。

 練習の虫で、常に身体を動かしていないと気が済まないタイプ。オフに入っても気を緩めることなく、どん欲にさらなるステージを目指そうとしている。

「打率、ヒット数、盗塁数全てにおいて、もう一段階レベルアップする事が大事になってくると思う。今に満足することなくやっていきたい。しっかりと反省をして盗塁の技術向上もしていきたい。練習で積み重ねていきたい。自分自身と戦って伸ばしていきたいと思う」と熱く抱負を語る。

■悔し涙を流したサヨナラ負け

 今年の髙部を語る上で外せない試合がもう一つある。北の大地で悔し涙を流した4月6日のファイターズ戦だ。開幕から10試合目。10安打を放ち順調に開幕から突き進んだ中で落とし穴が待っていた。同点で迎えた9回無死一、三塁のファイターズ一打サヨナラの場面。相手打者が打ち上げた打球は髙部のいる左翼方向へと高く舞いあがった。ファウルになるか微妙なあたり。場面を考えると捕球をした場合、犠牲フライが成立することも十分に考えられる。捕球してホームへの返球で勝負するか、見送ってファウルとするか。わずかコンマ数秒の間に髙部に迷いが生じた。結果は左翼線の内側のフェアゾーンにポトリと落ちるヒットとなり、サヨナラ。自らの心の準備不足が招いた迷いが最悪の結果となってしまった。髙部は肩を落とし、人目はばからず、涙した。

「あの場面では迷いがあった。ギリギリまでどうしようかと迷って、最後はボールを見失ってしまった。あそこはたとえファウルになる打球だったとしても積極的に捕って、走者をホームで刺すという勝負をするべきだった。迷ったら前に出る。そういう気持ちを前もって固めて、もっとアグレッシブにいくべきだったと反省した」と髙部。

 試合後、チームメートたちは温かく励ましてくれた。「明日も試合がある。切り替えて」「ずっと試合に出ていたら、こういうこともある」。敗戦を一身に背負いこんだ髙部を仲間たちは気遣い、いろいろな言葉で励ましてくれた。ありがたかった。そしてプロ野球とは長い月日を仲間たちと一緒に戦って、支え支えられ進んでいくものであるということを改めて感じた。なによりも自分らしく恐れずに積極的にプレーをすることを改めて誓った試合となった。髙部の原点ともいえる試合となった。

「まだまだ手応えという部分は感じられるには至ってないですが、数字が残ってきているという事に関しては凄くプラスに捉えています」と髙部。

 2019年ドラフト3位と、今年4月10日に完全試合を達成した佐々木朗希投手と同期入団。「髙部さんは本当にすごい」と佐々木朗希も一目を置く背番号「38」のサクセスストーリーは今、始まったばかりだ。ここまでの挫折や失敗を乗り越えて、マリーンズの新時代を築いていく。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/57731 でHITボタンを押してください。

(梶原 紀章)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    文春が怨念まみれ記事を執拗に拡散することで閲覧数稼いでガッポリウハウハって、自慢する記事とかあった? マネする寄生獣いっぱいマンエンして楽しいだろ?

すべてのコメントを読む