「仕組まれた試合はしない」伝説の猪木VSアリ戦 モハメド・アリの肉声テープ初公開

【アントニオ猪木氏が死去】異種格闘技戦前のモハメド・アリ氏の肉声テープを入手

記事まとめ

  • 猪木氏がプロレスラーを超えた存在になったのはモハメド・アリ氏との対戦だった
  • 週刊文春は、この戦いの舞台裏を明かすアリ氏の肉声テープを入手
  • アリ氏は「リアルにやるとすれば、猪木は殴られないように床に寝転ぶ」と話した

「仕組まれた試合はしない」伝説の猪木VSアリ戦 モハメド・アリの肉声テープ初公開

「仕組まれた試合はしない」伝説の猪木VSアリ戦 モハメド・アリの肉声テープ初公開

アントニオ猪木 ©文藝春秋

 10月1日に死去したアントニオ猪木。彼が、「プロレスラー」を超えた存在になったのは、1976年6月に行われたWBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリとの「異種格闘技戦」だった。「 週刊文春 」編集部は今回、この戦いの舞台裏を明かすアリの肉声テープを入手した。

 ゴング直後に猪木がアリにスライディングをして世紀の一戦は始まる。猪木はリングに背をつけて仰向けの体勢となり、アリの膝の裏をめがけてキックを繰り出した。試合は15ラウンド引き分け。この戦いは「世紀の大凡戦」と批判を浴びた。

 当時から、猪木・アリ戦を巡ってはガチンコだったのか、それともシナリオのあるショーだったのか、論議を呼んできた。

「週刊文春」は、世紀の一戦の前に、アリ自身が本音を打ち明けた音声テープをアメリカで入手した(音声は「 週刊文春 電子版 」で公開)。

〈私が猪木や彼のマネージャー、全ての関係者に伝えたいのは――〉

 テープが吹き込まれた時期は、試合の条件交渉中の1975年頃。アリ本人が試合へのスタンスを語ったものだ。

 アリはこう話している。

〈もし私が猪木を手加減して殴った上で、彼が怪我をしたフリをしたり、私が腕を捻られて怪我をしたフリとしたとしたら、これはリアルではないとバレてしまうだろう。私はそれには関わることができない〉

■アリは仕組まれた試合はしないと発言

 アリは猪木と対戦するにあたり、そもそも八百長などの仕組まれた試合はしないと発言している。もし、「エキシビションマッチ」であるならば、事前に周知すべきだと繰り返し語り、猪木と自分がテレビカメラの前で、そのことを話すべきだとも提案する。

 そして、アリは真剣勝負が行われた場合は、何が起こるかについても語っていた。

〈もしリアルにやるとすれば、猪木は殴られないように床に寝転ぶだろう〉

 世紀の一戦で、猪木は何を得て、何を失ったのか。

 10月5日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および10月6日(木)発売の「週刊文春」では、「さらば! アントニオ猪木」と題して、25ページに及ぶ追悼大特集を掲載。「評伝」「政治」「女性」「カネ」のテーマで稀代のプロレスラー猪木を描き出す。「猪木と私」では親交のあった各界著名人が猪木を語り、グラビアではアントニオ猪木のベストショットを掲載している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年10月13日号)

関連記事(外部サイト)

  • 2

    あたりまえだけど「肉声」は本音を意味しない ひとり言がコッソリ録音されてたら信じるけど

  • 1

    この記事は事実とは違う。 アリは通訳のケン田島に「リハーサルはいつやるんだ」と聞いている。 アリは真剣勝負をやるつもりなど全くなかった。 ところが、猪木は本気だった。 猪木の公開練習を見たアリは顔色を失う。 そしてルール変更を申し出たのである。 ほとんどすべてのプロレス技は禁止。 これを吞まなければ帰国すると脅しをかけた。 後には引けない。 猪木は手足を縛られたも同然で戦ったのである。 猪木はアリ戦でプロレスを超えた存在になったわけではない。 当時、アリ戦は世間で酷評された。 猪木が評価されたのはタイガーマスクの登場で プロレスブームが起きてからだ。 これ以降日陰者のプロレスが市民権を得ることになる。

すべてのコメントを読む