車中キス写真を投稿も…華原朋美が“DV疑惑”のマネージャー夫と極秘離婚していた

華原朋美が大野友洋氏と離婚していたと文春報道 大野氏には前妻へのDV疑惑も

記事まとめ

  • 華原朋美が、前妻への"DV疑惑"が報じられた大野友洋氏と離婚していたと報じられた
  • 二人の知人は「本当に離婚していたのです。大野さんは別のマンションに」と告白
  • 華原は電話での取材に「してないですよ。してたら一緒にいないでしょうよ」と回答

車中キス写真を投稿も…華原朋美が“DV疑惑”のマネージャー夫と極秘離婚していた

車中キス写真を投稿も…華原朋美が“DV疑惑”のマネージャー夫と極秘離婚していた

時々、歌手としての活動も ©共同通信社

 華原朋美(48)が、5月に小誌が前妻への“DV疑惑”を報じた夫・大野友洋氏と離婚していたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。

■SNSにあった大野氏の写真もすべて削除

 華原は2020年8月に大手事務所から独立し、翌年、芸能事務所「伝元」に所属。その事務所社長の大野友洋氏と結婚したのは、2021年8月のことである。

 だが実は大野氏には結婚歴があり、その前妻への“DV疑惑”を小誌は5月11日発売号で報じた。

「大野さんは口論になると、元妻に『殺すぞ』などと怒鳴り、顔や頭を子供の前でも殴っていた。彼女のおでこは骨が変形しています。三人の子への養育費も支払っていない」(前妻の知人)

 取材に対し大野氏は養育費を支払っていない理由を、「連れ子なんで」と嘯(うそぶ)き、華原も大野氏が結婚していた事実を否定。だが、彼女は事実を知らされていなかっただけであった。

 すべてを知った華原はYouTubeで「知らずに籍入れちゃって、バカみたいだなと今思ってます」と発言。大野氏が前妻に窓ガラスが割れるほどのDVをしていたとして、「ちょっと怖い」と語った。さらにSNSにあった大野氏の写真もすべて削除したのだった。

■離婚の切っ掛けはDV報道

 だがここにきて華原は大野氏とのラブラブな様子をブログやSNSで投稿し出したのだ。一緒に車で出掛けた写真や、車中でキスをした写真をアップしたり……。一方、9月30日には、大野氏の事務所から独立し、個人事務所「オフィス華原」を設立したと発表したのである。

 一体、何が起こっているのか。

「実は離婚しているんです」

 と、語るのは二人の知人。切っ掛けはやはりDV報道だったという。

■華原に電話で聞くと…

「5月17日、ファンクラブのチャットで華原は〈人妻じゃなくなります。あと1時間ちょっとで〉と語っていました。その後、冗談だったと濁しましたが、本当に離婚していたのです。大野さんは別のマンションに住み始めました」(同前)

 華原に電話で聞いた。

――大野氏と離婚したと聞いている。

「してないですよ。してたら一緒にいないでしょうよ」

――では独立したのは?

「私は昔、プライベートと仕事を一緒にしたために、痛い目に遭ってるじゃないですか。でも、もしかしたら、もう伝元に戻るかもしれません」

■個人事務所は2020年に設立していた

――そうなんですか?

「主人が戻って来て欲しいってずっと言ってるんで。明日、発表しちゃうかもしれない」

 前出の二人の知人が言う。

「大野さんにとって彼女が事務所に所属しているかどうかは死活問題。だから必死で戻って欲しいと言っているのでしょう。ただ彼女も彼女で、個人事務所を『設立した』と言っているが、実際には2020年に作っている。呆れるしかないですね」

 このほか、華原と大野氏の近況、大野氏と前妻の間で起こっている調停、大野氏への直撃など10月5日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および10月6日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年10月13日号)

関連記事(外部サイト)

  • 3

    例の火病がいるよ。 異常な遺伝子は、ゼニゲバとかエログロという言葉が大好きなようだな。 反日がなぜ日本にしがみ付いているんだ? 自分の国を追い出されちゃった?  ↓

  • 2

    このメディアのゼニゲバエログロもカルト宗教国家Crazy kamikaze missionの一環だよね。

  • 1

    三流ゴシップ誌が息巻いとるな。

すべてのコメントを読む