髪をショートにしたら仕事が激増…ホラン千秋 「私服はヤバめ」「手作り弁当はホラー」の意外な評判

髪をショートにしたら仕事が激増…ホラン千秋 「私服はヤバめ」「手作り弁当はホラー」の意外な評判

ホラン千秋(事務所HPより)

「今秋スタートするバラエティ『ニンチド調査ショー』(テレビ朝日系)で、初の全国ゴールデン帯のレギュラーMCとなります。さらに深夜帯でもMCを務める『出川一茂ホラン☆フシギの会』(同前)が始まります。キャスターを務める『Nスタ』(TBS系)も、夕方のニュースでは民放2位の視聴率と安定しています」(スポーツ紙記者)

 今、テレビ界で評価が高まる一方なのが、ホラン千秋(33)だ。

◆ ◆ ◆

■事務所の売り上げはホランだけで年間2億円以上

「7月には参院選特番のキャスターを『ゴゴスマ』の石井亮次と務め、太田光をうまくコントロールした。ファミリーコア層の視聴率は民放2位で、TBSでは久米宏と筑紫哲也が選挙特番をやっていたとき以来。局内の評価も高い」(同前)

 事務所もホランには万全のサポート態勢を敷く。

「『Nスタ』は約3時間の生放送で、ギャラは1日あたり50万円ほどでしょう。CMは約2000万円とされ、現在6社と契約していますから、彼女だけで年間2億円以上を売り上げている。マネージャーは2人が交替制で務めていて、運転手は別に雇っているそうです」(芸能事務所関係者)

■ロングだった髪をショートに変えると、仕事が舞い込むように

 キッズモデル出身で、14歳で大手芸能事務所のアミューズに所属してからは、ずっと女優志望だったものの、鳴かず飛ばず。

「青山学院大時代には演劇を学ぶため米留学し、帰国後はキー局のアナウンサー試験を受けるも全滅。大学卒業後はスーパーでレジ打ちのバイトをしていました。ドラマの脇役のためにずっとロングだった髪をショートに変えると、仕事が続々と舞い込むようになったそうです」(芸能記者)

 女優としての挫折が、今の彼女を作ったという。

「オーディションに落ちまくったことで、自分は“凡人”だと認識するようになった。そこからは、番組によって、どういう役割が求められているかを考えて振る舞うようになったそうです」(同前)

■プライベートの服装はヤバめ

 テレビ関係者によれば、性格はいたってサバサバしているという。

「『このコメント、私が言ったほうが良いんですかね』などと自分の意見をはっきり言います。理解が早いので、仕事が進めやすい。スタイルが良いんですが、知的イメージを守るために、スタイルを強調する衣装はNGにしています」

 では、プライベートの“着こなし”はというと……。

「洋服に興味がないのか、自宅と仕事場の移動中しか着ないという考えからか、けっこうヤバめです(笑)。若い女性の間でトップスをパンツにインするのが流行っていますが、彼女の場合、服が地味なので、オジさんがズボンに入れているように見えてしまうことも」(前出・スポーツ紙記者)

■夕食の残り物を詰めた“ホラー弁”をSNSで公開

 ホラン流の“合理主義”は他にも。

「お弁当を作ってSNSにあげていますが、インスタ映えするような流行りの色とりどりのものではありません。雑穀米にマグロの漬けをゴロンと載せたり、弁当箱いっぱいに焼きビーフンを敷き詰めるなど茶色く豪快なものが多い。夕食の残り物を詰めているそうです。ホランをもじって“ホラー弁”と呼ばれていますが、本人は気にせず“新作”を次々とSNSで公開しています」(同前)

 料理の評判は、うなぎ上りとはいかないようだ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年9月22日号)

関連記事(外部サイト)

  • 1

    文春の規範意識欠落で、コウキンばらまきとか私刑書き込みネット民との連動のホウが、衝撃だろ? 図々しい

すべてのコメントを読む