『いだてん』が2倍楽しめる 生田斗真演じる三島弥彦、「華麗なる一族」の履歴書とは

『いだてん』が2倍楽しめる 生田斗真演じる三島弥彦、「華麗なる一族」の履歴書とは

『いだてん』で三島弥彦を演じる生田斗真34歳 ©getty

 現在放送中のNHKの大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(宮藤官九郎作)では、目下、ドラマ前半の主人公である金栗四三(1891〜1983/演じるのは中村勘九郎)が、1912(明治45)年のストックホルムオリンピックのマラソンの日本代表に選ばれたところだ。きょう2月24日放送の第8回では、金栗が短距離走の三島弥彦(1886〜1954/演じるのは生田斗真)とともにいよいよストックホルムに向けて出発する。

■スポーツ万能で東京帝国大学法学部卒の弥彦

 折しもきのう2月23日は三島弥彦の誕生日だった。1886年、東京に生まれた弥彦は、ドラマで描かれているとおり、天狗倶楽部というスポーツ同好会に所属した。羽田でのオリンピック予選大会には審判員として参加しながら飛び入りで競技に出場し、100メートル・400メートル・800メートルで優勝して見事オリンピック代表に選ばれる。短距離走以外にも野球、ボート、柔道、乗馬、スケート、相撲と何でもこなしたスポーツ万能の彼は、当時、東京帝国大学(現・東京大学)法学部に在学するエリート中のエリートであった。卒業後は、兄・弥太郎(1867〜1919)がかつて勤務した横浜正金銀行(のちの東京銀行、現・三菱UFJ銀行)に就職し、ニューヨーク支店支配人も務めている。

■父・通庸は山形、福島、栃木の県令(知事)を歴任

 弥彦の父は、薩摩出身の官僚・三島通庸(みちつね/1835〜88)である。通庸は1874年に酒田県(翌年に鶴岡県と改称)の県令(現在の知事)となり、76年に周辺の県が統一されて山形県が誕生すると初代県令に就任した。その後、82年に福島県令となり、翌年には栃木県令を兼任する。

 通庸はこれら県令時代を通して地域開発を推し進めた。山形県では、山形市内に新築した県庁舎から幅広い道路をまっすぐに延ばし、その両側には師範学校や警察署、製糸場など県の主要官署を建設する。道路を中心に交通体系の整備にも尽力し、とりわけ山形県の米沢から栗子山を貫いて福島に出るトンネル(栗子山隧道)は大工事となった。通庸はここからさらに東京へといたる道路の完成を急いだ。通庸はこうした開発により生まれた風景を、洋画家の高橋由一に描かせている。『いだてん』のなかでも、三島邸内に通庸の肖像画(すでに劇中の時代には亡くなっている)とともに高橋の手になる「山形市街図」が飾られているのが確認できた。

 開発にあたっては、地元への負担も大きかった。そのため、福島県内では住民の不満が募り、会津自由党を中心に反対運動が起こる。通庸はこれを徹底的に弾圧し、「鬼県令」とまで呼ばれた。彼はその後、1887年にも、警視総監として保安条例を施行し、多くの民権運動家を検挙している。このなかにはのちに衆院議員となる尾崎行雄や、戦後の首相・吉田茂の実父で自由党員だった竹内綱も含まれた。とはいえ、敵対する人々のあいだでも、通庸に一目を置く向きはあったようだ。保安条例で検挙された星亨は、通庸の訃報に接したとき「彼モ一個の偉男子ナリ」とその死を悼んだという(※1)。

■小澤征悦演じる兄・弥太郎は2度のアメリカ留学へ

 通庸は1888年10月、53歳で亡くなった。長男の弥太郎はその前月、留学先のアメリカから帰国し、すでに病床にあった父に成長した姿を見せることができた。

 弥太郎は1867(慶應3)年、鹿児島に生まれた。父の赴任にともない上京し、一時山形ですごしたのち、駒場農学校を経て1884(明治17)年、17歳にして渡米、マサチューセッツ農科大学などで学んだ。父の没後、再び渡米してコーネル大学大学院で害虫学を研究し、学位を受けている。弥太郎が最初のアメリカ滞在時に家族宛てに送った90通あまりの手紙は、彼の長男・通陽の娘婿の三島義温(よしやす)の手で公刊されている(※2)。そこには、家族から送られてきた集合写真を見た上で、ポケットに手を入れた弟を叱ったり、妹の目が「妙にさがっているので見苦しい」と注意したりと、長男としての厳しさもうかがえる。

『いだてん』では弥太郎を冷徹な人物として小澤征悦が演じているが、実際の彼は温厚な性格で、地位の上下を問わず誰にも親切に接する人だったようだ。在宅時に来訪者があれば、どんな人でも面会したし、相手が後輩や使用人でも応接間に通して、病を押しても面接したという(※2)。

■貴族院議員から銀行頭取、そして日銀総裁に

 2度目の米国留学後、さらにヨーロッパをまわって帰国した弥太郎は、農商務省、逓信省の嘱託を経て、貴族院議員を1897年から亡くなるまで務めた。議員として予算案の審議にかかわるうち、経済・金融の分野でも頭角を現す。やがて元老・井上馨の口利きで横浜正金銀行の嘱託となり、1911年には頭取にまでのぼりつめた。さらに1913(大正2)年、山本権兵衛が首相となると、大蔵大臣就任を打診されるも固辞。そこで日本銀行総裁の高橋是清が蔵相となり、それと入れ替わる形で弥太郎が後任の総裁に就いた。

 日銀総裁としての弥太郎は、積極的な金融政策をとった高橋とは逆に消極政策をとった。その慎重な姿勢は、1914年に第一次世界大戦が勃発し、輸出増加により日本が債務国から一転して債権国になっても変わらなかった。国際収支の黒字を持続しながらも、通貨が膨大となり物価が暴騰しないよう工夫を重ねている(※3)。

■白石加代子演じる母・和歌子は「女西郷」と呼ばれた

 弥太郎は1919年、日銀総裁に在職のまま51歳で死去する。このとき母・和歌子(1845〜1924)はまだ存命であった。『いだてん』では白石加代子が演じる和歌子は、「女西郷」と呼ばれるほどの女丈夫であったらしい。ドラマでは、和歌子が杖に仕込んだ刀を抜くシーンも出てくるが、事実、和歌子は夫の通庸が幕末に刺客から付け狙われたときなど、一緒に外出する際には仕込み杖をしのばせて先に立って歩いたという(※4)

『いだてん』第3回(1月20日放送)では、徳冨蘆花のベストセラー小説『不如帰(ほととぎす)』(1900年)で嫁をいびる姑のモデルは和歌子だという世評に、彼女が憤慨するエピソードがあった。かつて長男・弥太郎に陸軍大将の大山巌の令嬢が嫁いだものの、半年ほどで離婚したという事実があったため、そんな噂が立ったのだ。しかし弥太郎の長男・通陽は、《小説のいうものは一方には必らず敵役がなければ、人の涙を誘う事にならないから、殊(こと)にああした性格に書いたのでしょうが》と前置きしたうえで、祖母である和歌子にまつわる噂を次のようにきっぱりと否定している。

《祖母が若(も)しモデルだと云うなら実際の祖母は決してあんな冷酷一点張りの悪婦でなかった事は、皆が証明する所です。私はあの小説は別の意味で愛読したものですが、然(しか)し小説を真に実際の人間に結びつけて想像する事は、非常な間違であるし、祖母も生前よくその事に就いては不服を申しておりました》(※4 引用文中の旧仮名遣いは現代仮名遣いに改めた)

 通陽によれば、和歌子は子供や孫たちのしつけに厳しかった一方で、女中が病気をしたときなど自分の体など考えず看病するなど心優しい一面もあったようだ。

■麻生太郎も三島家の血を受け継ぐ

 和歌子は通庸とのあいだに六男六女を儲けた。なかには夭折した子供もあったが、長男の弥太郎や五男の弥彦ら息子たちは華々しい活躍を見せ、娘たちも良家に嫁した。その子供や孫たちからも、ボーイスカウト日本連盟の総長を務めた前出の三島通陽など各界で活躍する人物が輩出された。

 通庸と和歌子の次女・峰子は、大久保利通の次男で外交官・政治家の牧野伸顕に嫁した。牧野は文部大臣やパリ講和会議全権などを歴任、大正末から昭和初期にかけては内大臣を務め、親英米派の宮廷勢力の中心として活躍した人物である。その牧野と峰子の娘の雪子は、外交官で、のちの首相・吉田茂と結婚する。現・財務大臣の麻生太郎はよく知られるとおり吉田の外孫だが、麻生にとって峰子は曾祖母、通庸・和歌子夫妻は高祖父母にあたり、三島家の血を受け継いでいることになる。そういえば、麻生は政治家になる以前、クレー射撃でモントリオールオリンピック(1976年)に出場した経験を持つ。これは案外、日本初のオリンピック選手を生んだ三島の血なのかもしれない。

※1 幕内満雄『評伝 三島通庸 明治新政府で辣腕をふるった内務官僚』(暁印書館、2010年)
※2 三島義温編『三島弥太郎の手紙』(学生社、1994年)
※3 吉野俊彦『歴代日本銀行総裁論 日本金融政策史の研究』(講談社学術文庫、2014年)
※4 尚友倶楽部史料調査室・内藤一成編『三島和歌子覚書』(芙蓉書房出版、2012年)

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)