「デパートの便器やバスタブを割ることもあった」…体重198キロだった安田大サーカスHIRO(45)が語る、痩せて一番良かったこと

「デパートの便器やバスタブを割ることもあった」…体重198キロだった安田大サーカスHIRO(45)が語る、痩せて一番良かったこと

芸歴1年目のHIRO

脳出血で倒れ、医者から「生きる確率は20%」と…100キロ減のダイエットから5年! 和歌山に暮らす安田大サーカスHIRO(45)の現在 から続く

 2017年6月に左脳室内出血と診断された、お笑いトリオ“安田大サーカス”のHIRO(45)。治療後に故郷・和歌山で休養しながら100kgの減量に成功、以前の姿からは想像ができない痩身ぶりが話題に。

 あれから5年が経った現在も和歌山に暮らしている彼に、すっかり変わったという食生活、太っていたことで生じていた思わぬ問題、安田大サーカスの現況などについて、話を聞いた。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■現在の体重は?

ーー全盛期の198kgから93kgまで落としたのにSNSで「痩せ過ぎだ」と言われて、少しずつ体重を上げていくうちに120kgになったと。現在もそのラインをキープされているのですか?

HIRO そうですね。キープしています。

ーーHIROさん的にも、120kg前後がベストな感じですか?

HIRO どうなんでしょう。僕、体重が増えても減っても、そんなに体調がどうこうってないんです。ただ、昔は悩んでいた片頭痛はまったくなくなりましたね。

 体調よりも、やっぱり見た目重視です。93kgで見た目がよろしくないと言われるうちに、自分でも「この顔は嫌やな」と思うようになったところがあったんでね。

ーーいまの食生活は、どんな感じなのでしょう。

HIRO コロナ禍っていうのもあって、外に出る機会がグッと減ってしまって。で、自炊するようにもなっているので、以前ほどじゃないけど多く食べてるなという感じはしてますね。

 朝だったら、簡単なサンドイッチを作って食べてます。卵を焼いて、パンで挟んで。昼はお仕事でテレビ和歌山に行くので、そこで食べて。夜は基本的に食わなくなりましたね。

 ダイエットを始めてから、夜はあんまり食べないようにしてたんです。その日の朝、体重をチェックして前日より体重が減ってなかったら「今夜は抜こう」と決めて。週に6日ぐらいは抜いてましたね。そこから夜ご飯はほぼ食ってないです。今日も朝とお昼は食べましたけど、夜は食わないです。それは慣れましたね。

 でも、お腹が減ってイライラすることもあるんですよ(笑)。そういう時はこんにゃくゼリーとかゼロカロリーようかんとかを食べて、お口の寂しさを紛らわすという。

ーー白米の量はどうですか? ダイエット中は100gに抑えていたとおっしゃってましたが。

HIRO 100gよりは増えましたけど、ダイエット前の丼飯2杯とか1kgはないくらいの量ですね。普通のお茶碗で1杯。

ーーインスタを拝見すると、家庭菜園をやられていますよね。

HIRO 味覚が変わって、野菜が好きになった影響です。食べておいしいと思った野菜を自分で育てたら、さらにおいしいんちゃうかっていう。いま、大根、白菜、キャベツをやってます。ほんで、焼き肉に行ってもご飯は食べないようにしてます。まず肉でお腹を膨らませて、炭水化物を食べるのをやめておく。

 腹八分目じゃなく、腹五分目で済ませてますね。でも、ダイエット前の半分くらいの量は食べているので多いことは多いんですよ。なんで、体重は増えていってるんですけど(笑)。

■中古物件を購入し、DIYで改装

ーーウォーキングは続けられていますか。

HIRO 痩せたら、ピタッと歩かなくなった。脳出血をやった後は、数ヶ月は車に乗ったらあかんって先生に言われてたので乗らなかったんですけど、いまは車もバイクも乗るので。

 ウォーキングといったら、ロケで歩くぐらいですね。和歌山の番組でロケというと、街じゃなくて山や川が多いんですよ、それもあって歩くんですよね。

ーー趣味だった、売り物件のチェックもされなくなった。

HIRO ウォーキングの時に目を付けていた物件を買いました。家から車で、20分か30分ぐらいのところ。歩いたら3時間ぐらいかかったかな。そこを見に行ったら「ああ、ここいいな」って。3ヶ月くらい様子見してたら、どんどん値段が落ちてきて「いまや!」と思って買っちゃったんです。

 和歌山って、結構物価が低くて中古の家も安くて良い物件があるんですよね。まだ、買ってから2年も経ってないんちゃうんかな? ガレージとして使っていて、DIYでいろいろと改装してます。

 お風呂場やって、トイレやって、シャッターガレージもやって、屋根もやって、もともと畳の部屋だったのを床張りにして。キッチンもきれいにしたし、風呂もシャワールームにしたし、あとはなにやろうかなってところまできていて。そろそろ、次の物件を探そうかなっていう。

ーーインスタを拝見すると、和歌山での生活を大満喫されていますよね。

■2019年に母が他界、残された父の面倒を見る

HIRO 最近やったら車中泊やキャンプも流行ってるけど、それができる場所はいっぱいあるし。遠くに出かけるにしても、東京やったら仲間みんなで一緒に行こうってなるけど、こっちだったら僕しかおらんから気を使わずに済むしね。

 東京は遊ぶところはいっぱいあるけど、お金もかかるでしょ。和歌山だと、山に川にと無料で遊べるところばかりだし、お金がかかったとしても安い。

 あと、世界遺産の高野山もあるし、海のものも山のものも美味しいし、アドベンチャーワールドにはパンダもおるし、めちゃくちゃ良いとこなのにあんまり人が来てくれない。せめて僕がいる間は、SNSなんかで和歌山の良さを広めたいなって。

ーー東京と和歌山の2拠点生活は考えませんでしたか。

HIRO 人が多いのが苦手で、それでいつかは和歌山に帰りたいっていう気持ちもあったんで。僕、メッチャ人見知りするんですよ。女性だと特に人見知りしちゃって。お仕事やったら目を合わせられるのに、プライベートになると合わせられない。小さい子は大丈夫だけど、それ以外は同世代でも上の世代でも女性だと緊張する。

 まぁ、人見知りが激しくて、それを克服できるようにって芸人の世界に入ったのもあるんですけどね。芸人になれば人としゃべれるやろうって。実際、昔よりは全然しゃべれるようになりましたから。

ーーお仕事に関しては、和歌山のほかは名古屋や大阪が中心になるのですか?

HIRO いやいや。東京にもちょいちょい呼んでもらってますし、呼ばれたら車で行っちゃう感じですね。なんで、東京におっても、和歌山におっても、仕事の量がそんなにメチャクチャ変わった感じはないんです。それなら和歌山のままでいいんかなとも思ったり。

 さっきも話したけど、東京におった頃も、いずれは和歌山に帰りたいなって思ってたから。脳出血とダイエットというタイミングが、それを実現させるきっかけになったというか。脳出血はちっとも嬉しくないけど、まぁ、よかったんかなと。

 それとおかんは2019年に亡くなったんだけど、親父はまだいるんで。兄貴がいるんやけど、長距離トラックを運転する仕事をしてるから家にあんまりいられないので、俺が親父を見とかなあかんし。

■デパートや公共施設のトイレの便器を割った

ーーきっかけとなった脳出血はもちろん、減量成功に対する否定的な意見もありましたが、ダイエットによって得るものは大きかったと。

HIRO 痩せて一番ええことは、バイクのタイヤの減りが遅くなったことっていう(笑)。車もバイクも大好きだからよく乗るんだけど、バイクはタイヤがどんどん減るんですよ。

 タイヤって、だいたい1年か2年は持つじゃないですか。僕の場合は、半年ぐらいで交換しようってなっちゃうんで。体重が重い時は特にそうで、パンクもようしますからね。

ーーちなみに便器やバスタブが壊れたことってありますか。

HIRO ダイエット前は割ってました。いまは割れることないですけど。デパートや公共施設のトイレで便器を何回か割ってしまって、平謝りしたり、弁償したりしてます。体重が120kg以上やと割れちゃうんで。180kgを超えると、今度は風呂桶が割れちゃう。

 そういうのを経験してるから、デブなりのいろんなテクがあって。個室の壁に両腕をつっかえるようにして、便器に体重を完全にかけないようにするんですよ。

ーーベッドはどうですか。

HIRO いまのころ、ホテルとか外でベッドがつぶれたことはないですね。家のベッドは、何回かバキッと折れたことありますけど。で、その下に「少年マガジン」とか「少年ジャンプ」を敷いて支えてます。

 まぁ、デブは大変ですよ。駅の改札をまっすぐ通れないとか普通なんで。品川駅の改札で、まっすぐ通れないから横向きで通ったら「FRIDAY」に写真を撮られて「HIRO、まともに改札を通れない」みたいな記事にされて。メッチャ恥ずかしかったし、どんだけネタなかったんやって(笑)。

ーー新幹線や飛行機の席などは。

HIRO 新幹線の自由席は、隣の人に思いっきり肩が当たっちゃうので座れないんです。なんで、グリーン車に乗らせてもらってました。飛行機は2席取ってもらうようにして。2席で1.5倍の料金で座らせてもらえる、本来は妊婦さんに向けた割引みたいなのがあるんですよね。

 昔は衣装だって大変でしたもん。オーバーオールも僕が穿けるサイズがなかったので、親や手先が器用な友達に頼んで、ほかのものと繋げてもらって大きくしてましたよ。

■結成から21年、安田大サーカスの現在は?

ーー家系的に体の大きい方が多いのですか?

HIRO 兄貴は90kgぐらいかな。おかんは、150cmで細身の人でした。親父は、身長が170cmちょっとないぐらいで、体重が60kgかな。兄貴がちょっと大きいくらいで、近所にいる従兄弟もスラッとしていて、親父の兄弟も大きい人いないし。これだけでかいのは僕だけ。なんなんでしょうね。

ーー特に女性が相手だと人見知りが激しくなるとお話しされましたが、なにかトラウマみたいなものがあったりは。

HIRO トラウマというか……こういう体してるじゃないですか。なんで、女性に近づいたら「臭そう」とか思われたりするんじゃないかと考えちゃうんですよ。実際、デブが嫌いな人もいるから。そういうのもあって、すべてをマイナスに考えちゃってたんですよね。

「この人、俺のこと暑苦しいとか思ってるのかな」「この人、俺のこと風呂に入ってなさそうって思ってるのかな」「この人、俺が臭うとか思ってるのかな」とか。昔はそんなことばっか思っていて、それがまだちょこっと続いてる感じですね。芸人になってから、そういうのはだいぶマシになりましたけど。この体を笑いにできるようになったのは大きいかな。

 いまは3回以上会った女性とは、普通にしゃべれます。慣れるまでがちょっと時間がかかるっていうだけで。

ーー和歌山に戻られて5年が経ちますが、安田大サーカスの活動に支障は?

HIRO そこは団長とクロちゃんが、どう思ってるのかわからないですけど。コロナの影響で、営業もテレビに出るのも厳しいなっていう時期がありましたけど、最近は週1ぐらいでふたりとは会ってますね。営業的な仕事があるんで。意外と3人でいる機会は多いんですよ。クロちゃんが『水曜日のダウンタウン』で目立ってるから、3人のイメージが薄れているだけで(笑)。

ーーお話を伺ってみて、現在の生活に大満足されているなと。

HIRO 最高です。和歌山、最高です。和歌山、来てください。

(平田 裕介)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?