〈写真あり〉史上初!「三冠馬3頭対決のジャパンカップ」を制した最強牝馬・アーモンドアイの勇姿

〈写真あり〉史上初!「三冠馬3頭対決のジャパンカップ」を制した最強牝馬・アーモンドアイの勇姿

2020年のジャパンカップを制したアーモンドアイ (写真:時事通信)

 競馬史上初となる3頭の三冠馬対決――2020年のジャパンカップを見事制したアーモンドアイの勇姿をお届け。三冠馬のコントレイルとデアリングダクトとの厳しい戦いを彼女はどう制したのか?

 競馬ライター小川隆行氏の新刊『 競馬 伝説の名勝負 G1ベストレース 』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■「つまらない」――コロナが競馬にもたらしたもの

 世界中を襲った2020年のコロナ禍。感染による死亡者が増えるにつれ、世の中は一変した。人との接触を避けて身を守る。これにより日常生活は大きく変わった。

 通勤・通学者は大きく減り、飲食店から灯りが消えた。街を歩く人の数は減り、救急車のサイレンを毎日のように聞くようになった。

 センバツ高校野球は中止、プロ野球は開幕が遅れた上に無観客開催。野球以外のスポーツも軒並み開催を見送った。

 競馬は中止にこそならなかったが、プロ野球同様に無観客。GIレースにつきものの大歓声は消え、静寂の中でレースが行われる。応援する馬、馬券を買った馬の走りを生で見ていたファンは、その興奮を味わえなくなった。

「競馬がつまらない」――こんな声さえ聞こえてきたが、現場派の私も同感だった。地元の中山や、少し離れた東京に足を運べず、パドックと返し馬が映像でしか見られない。馬券を当てた興奮の度合いも以前より小さくなっていた。みんなで声を出しながら馬券を買い、当たっても外れても仲間と酒を飲む。こうした週末の楽しみが不可能となってしまった。

 そんな中、信じられぬ奇跡が起きた。秋華賞でデアリングタクトが史上6頭目&史上初の無敗三冠牝馬になると、翌週の菊花賞で史上8頭目の三冠馬コントレイルが誕生。さらに翌週の天皇賞・秋で、GI7勝の三冠牝馬アーモンドアイが8勝目をマークした。史上最強馬と言われたシンボリルドルフとディープインパクトを上回る新記録である。

 3週連続で起こった奇跡は競馬界を明るくしてくれた。同時に世の中の感染者も減少したことで、入場制限付きで競馬場が開放された。

 そして、競馬史上初となる3頭の三冠馬対決が、ジャパンCで実現した。

 過去に三冠馬対決は4回行われている。ミスターシービーとシンボリルドルフ(1984年ジャパンCと有馬記念、1985年春の天皇賞)、オルフェーヴルとジェンティルドンナ(2012年ジャパンC)。

 この2回は三冠馬が2年続けて誕生しており、ファンは異世代対決に酔いしれたが、3頭対決など例がない。しかもアーモンドアイにとっては引退レース。競馬ファンにとって夢のような歴史的対決であり、出走馬のレーティングもアーモンドアイ128、コントレイル124、デアリングタクト123と史上最高級だ。

 アーモンドアイは2年前のジャパンCを2分20秒6という世界レコードで勝っている。

 コントレイルは前走の菊花賞でアリストテレスのマークを凌ぎ無敗の三冠馬となったが、前走で体力を使い果たした感じがした。

 デアリングタクトは2頭より軽い53キロの恩恵がある。それぞれの実績や買い材料、マイナス点を比較するだけで興奮した。

 一体どのようなレースになるのだろう。普段はオッズを加味して馬券を購入するが、このレースだけは何も考えずに馬券を買った。「当たりハズレなどどうでもいい」――今になって思えば、それは競馬を始めた40年前のワクワク感と似ていた気がする。

■キセキが逃げた! ジャパンカップの結果は…

 ハナを切った菊花賞馬キセキが大逃げを打つと、好スタートのアーモンドアイは4番手に控えた。2馬身後ろの7番手にデアリングタクト、さらに2馬身差でコントレイルという並び順は前半1000m57秒9のハイペース。

 4コーナーを回っても衰えなかったキセキの脚色をみて「カツラギエースの再来か!」と感じたが、数秒後にアーモンドアイが抜き去り、同馬をめがけてコントレイルが迫りくる。さらに内からデアリングタクト。

 わずかな歓声が響く中、2頭の無敗三冠馬を尻目にアーモンドアイが先頭でゴールイン。

 1馬身差の2着にコントレイル、クビ差でデアリングタクトと、史上最高レースは人気順通りに決着した。3頭ともゴールインした直後、なぜだか涙があふれてきた。

 競馬で泣いたのは3度目である。最初はオグリキャップの引退レース・有馬記念。まだ競馬のケの字も知らぬ若造は、中山競馬場で競馬仲間の友人とともに感動で体が震えた。2年後には大好きだったホワイトストーンが復活したアメリカジョッキークラブCで、同馬の勝利にはちきれんばかりの感動を覚えた。

 この2回とも単勝馬券を握りしめていたが、今回は馬券を外している。それでも感慨にふけったのは、史上最高レベルのメンバーによる味わい深いレースであり、競馬を覚えた若き時代に戻ったからかもしれない。コロナによる辛さも一瞬だが忘れることもできた。愛馬を出走させてくれた関係者に、感謝の意を覚えたのも初めてだった。

■残されたデアリングダクトの未来は…

 あれから2年。アーモンドアイは繁殖入りし、初年度にエピファネイアを種付けされた。コントレイルは翌年のジャパンCを制しGI5勝目を挙げて種牡馬入り。

 デアリングタクトは1年の休養を経て、2022年5月ターフに戻ってきた。復帰戦のヴィクトリアマイルは6着、宝塚記念3着、オールカマー6着、エリザベス女王杯6着とかつての切れ味は陰を潜めている。 

 先輩三冠馬が連続して優勝したジャパンCを、この秋、残る1頭の三冠馬デアリングタクトが順番通りに制して三冠馬対決は終焉を迎える。そんな思いを密かに持っている。

 この本が発売されるころには結果も明らかになっているだろう。出走できるだろうか。出走したら私の単勝馬券は当たるだろうか。楽しみである。

「ディープインパクト敗れるー!」無敗の帝王を「4番人気の馬」で打ち破ったルメールの天才性 へ続く

(小川 隆行)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?