「スペインのディフェンスは世界のトップではない」「三笘を使え」W杯スペイン戦 ドイツ記者が語る日本“勝利のカギ”

「スペインのディフェンスは世界のトップではない」「三笘を使え」W杯スペイン戦 ドイツ記者が語る日本“勝利のカギ”

ドイツ戦に挑む日本代表 ©時事通信社

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、1次リーグE組の日本はドイツに歴史的勝利を挙げた後、コスタリカに痛恨の敗戦を喫した。決勝トーナメント進出の条件は、12月2日(日本時間午前4時)のスペイン戦で勝利すれば確定、引き分けた場合はドイツ―コスタリカ戦の結果次第となる。日本はスペイン戦をどう戦えばよいのか、海外の記者たちが「 週刊文春 」に“勝利のカギ”を語った。

■日本にとって重要な勝利のカギ

「スペインは常に高速パスを回し、ロングボールでプレーしようとはしません。キーパーからミッドフィールドまで、短いパスでつないでくる。そこを中盤で断ち切らないといけない」

 そう語るのは、ドイツの放送局「SPORT1」のジャーナリスト、クリストファー・ミシェル氏だ。

「スペインのミッドフィールダーのレベルは高いけれど、世界最高峰ではない。ペドリもパブロ・パエスも良い選手だが、まだ若く、今までW杯の経験がない。だから、日本は早めにスペインに攻撃を仕掛け、ミッドフィールドで競り勝つのが勝利のカギだ。あと当たり前だけど、ゴール前できっちりシュートを打つこと。日本にとってはそれが非常に重要だ。多くはチャンスを得られないだろうけれど、その少ないチャンスを生かさなければならない」

■防御を徹底しながら反撃の機会を窺えば、チャンスは訪れるはず

 勝利のためのキーマンとなるのは、鎌田大地だという。

「鎌田が良いパフォーマンスを見せなければ日本に勝ちはない。鎌田の(ブンデスリーガの)フランクフルトでのパフォーマンスは本当に素晴らしく、勝利のオーラを放っている。チャンピオンズリーグでも3ゴールを決めたけれど、このW杯ではその良さがうまく出ていない。フォーメーションのせいかもしれないし、自分自身にプレッシャーをかけすぎているのかもしれません。あまり考えすぎず、思い切りやってほしい」

 スポーツ放送局「ユーロスポーツ」のドイツ人記者、フロリアン・ボグナー氏は「日本の強みは守備と攻撃の連携が巧みなことと、控えの選手の層の厚さだ」と分析する。「日本が2人か3人のプレーヤーでチェーンを作り、コンパクトなスタイルで守り続けていれば、反撃のチャンスは何度か訪れるはず。スペインのディフェンスは良いけれど、世界のトップレベルのものではない。鎌田や浅野拓磨のような選手がうまく機能して、有利なゾーンでボールを獲れれば、カウンターアタックとカウンタープレッシングでスペイン戦でも2点は挙げられる可能性が十分にあります。さらに、日本は先発で出場できる選手が15~18人はいる。この強みを活かし、防御を徹底しながら反撃の機会を窺い、森保一監督が適切な選手を投入することが必須でしょう」

■コスタリカ戦では攻撃的なスタメンを出さなかったのが敗因

「ジャパンタイムズ」のアメリカ人記者、ダン・オロウィッツ氏は「前半の戦術選択こそが勝利のカギだ」とした上で、こう続ける。

「森保監督の最大の問題は、いじくり回すのが大好きなことだ。いつも前半の先発選手と戦術選択のミスを犯して、ハーフタイムで修正する。ドイツ戦ではそれがうまくいったが、もしスペイン戦で前半に失敗してしまったら、後半に修正する時間はない。ハーフタイムまでにリードを許してしまえば、そこで終わりです。日本の解説者のセルジオ越後氏は、『日本はスペイン戦でドイツ戦と同じようにプレーすべきで、前半は守備に回り、相手を疲れさせてから後半に反撃に出る必要がある』と語っていたが、私はそれは正しくないと思う。なぜなら、コスタリカ戦ではそれが失敗したから。何より、三笘薫選手や伊東純也選手など、攻撃的なスタメンを出さなかったのは大きな失敗だった。後半の攻撃は良かったけれど、本当は前半でやるべきだった。スペイン戦でコスタリカ戦と同じような戦略をとったら、確実に負けます。可能な限り最高の選手が必要だと思います」

 そして理想とする試合として、2018年ロシアW杯の初戦のコロンビア戦を挙げる。

「あの試合で日本は早い時間に攻撃をスタートし、相手にハンドのファウルをさせてPKで1点をとった。あれで試合の様相が一変しました。同じように、スペインをいかにイライラさせるか、フラストレーションを溜めさせるかが重要です。そうしてミスを誘発させなければいけない」

■日本の強みは組織力

 勝利のためのキーマンは、ずばり三笘だという。

「彼から反撃を始めたい。ドイツ戦、コスタリカ戦で彼がピッチに出た瞬間、相手にとっては大きな脅威になった。 2人の選手にカバーされても、創造的なプレーで打開し、相手にとっての混乱を作り出すことができる。あと、冨安健洋の怪我の状況はわかりませんが、彼もスペインの攻撃を止める上で重要な役割を担うでしょう」

 スペインの日刊スポーツ紙「マルカ」のセルヒオ・サントス記者は、日本の強みと弱点についてこう分析する。

「私は東京五輪にも取材に行き五輪代表も取材した。その時にも感じたことだが、強みは日本の組織力だ。特に統制された守備の素晴らしさ。中盤から最終ラインまでオーガナイズされているし、どんな国であってもこれを破るのは簡単なことではない。アーセナルの冨安の個人能力は素晴らしいし、酒井宏樹も攻守に高いレベルでのプレーを見せてくれる。攻撃面でも鎌田や久保建英など、個の力で局面を打開できる選手がでてきた。逆に弱点は、攻めてくる強国に対しては素晴らしいパフォーマンスをみせるものの、引いてくる格下の相手に思わぬ苦戦をする点。これはアジア予選でも経験したことだろうし、実際にコスタリカ戦でも明らかになった。引いた相手を崩せずに自滅するパターンだ」

■スペインに勝つための戦術は

 スペイン戦で注目する選手は、久保だという。

「攻撃面では久保の力が必要でしょう。コスタリカ戦で出番がなかったことには正直なところ驚いた。あのような展開では久保の技術、個人能力が活きたと思う。フランクフルトで活躍している鎌田も能力が高く、久保と同じく何かを生み出せる選手だ。守備面では冨安と板倉滉。五輪からの成長をみても、年齢的にも、このW杯だけでなく今後の日本の守備を支えていく存在になるはずだ」

 そんな日本がスペインを倒すためには、どんな戦術を取るべきか。

「ドイツ戦と同じく、組織を整え冷静に試合に入ること。スペインがボールを支配するのは確実だ。スペインは通常通り70%近くボールを保持して攻めるだろう。日本としてはそこで焦らずに、とにかく耐えること。そして時を待つ。90分で何度か訪れるカウンターのチャンスにすべてをかけるべきだ。勝敗予想は難しい。ドイツに勝つことなど誰も想像できなかった。しかし今大会のスペインは先発が固定されていない。3戦目ということで何人かメンバーを変える可能性は高いが、それでも交代の選手はかなり高いモチベーションで日本にぶつかるだろう。最終的にはスペインが勝つのではないか」

 苦戦はまぬがれないだろうが、森保監督には4年間で築いてきたチームの集大成をここで見せてほしい。

 11月30日(水)12時配信の「 週刊文春 電子版 」および12月1日(木)発売の「週刊文春」では、学生時代にイジメや不登校などを乗り越えてきた森保監督の「耐える力」や、堂安律、浅野拓磨、吉田麻也、長友佑都など日本代表の知られざる秘話、本田圭佑が抱く野望、さらに代表の美人妻の素顔など、「W杯日本代表の逆転人生」を描く記事8本を掲載している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年12月8日号)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?