BTS・JIN(30)がついに兵役へ 韓国で芸能人の兵役が「行って当たり前」になった“身も蓋もない理由”とは【ヨン様、チャンドンゴンは免除】

BTS・JIN(30)がついに兵役へ 韓国で芸能人の兵役が「行って当たり前」になった“身も蓋もない理由”とは【ヨン様、チャンドンゴンは免除】

BTS最年長のJIN ©時事通信社

 韓国のアイドルグループ「BTS」の最年長メンバー、JIN(ジン)さん(30)が12月13日から兵役にはいる。北朝鮮との国境に近い「最前線」に配属されるという報道もあり、国中を巻き込んだ“BTS兵役騒動”はひとつの決着を迎えそうだ。

 一昔前ならば人気芸能人の中には病気を理由に兵役の免除を受けたり、兵役中に特別待遇の部隊に配属されるケースも多かったが、「芸能人だからと言って不平等だ」という男性国民の反発も強かった。2012年に歌手のRain(ピ)さんが当時交際していた女優のキム・テヒさんと密会するなど「芸能兵」が風紀を乱す行為もあり、現在は芸能人の特別部隊は廃止。兵役をまっとうに勤めあげることが芸能人が人気を維持するうえで重要になった。

 兵役では基礎訓練や武器の取り扱いに加えて、雪山で犬を捜索したり危険な薬品の嗅ぎ分けをすることもあるという。長期間拘束されるので交際相手との関係が悪化して別れるカップルも多い、韓国人男性にとってまさに人生の「難所」なのだ。

「韓国人の男性は18~28歳の間に、18カ月ほど兵役に就く義務があります。芸能人や政治家の息子がさまざまな理由をつけて免除されていたことが明らかになると、世論は批判一色になります。特に自らの青春期を奪われる男性は、その義務を免れようとする人間に対する反発は強い。それでもBTSの兵役が議論になったのは、彼らの成功が規格外だったから。国連の会議場で歌ったグループなんて世界中見渡しても彼らしかいないわけですからね。そのグループが兵役で活動停止するのは『国家の損失』という意見も最後まで強くありました」(大手紙国際部記者)

 ジンさんは12月4日に30歳の誕生日を迎えた。ジンさんが28歳になる直前の2020年12月にできた“BTS法”と呼ばれる法律によって、兵役の開始を延長することが可能になっていたが、ついにこのタイミングで兵役に就くことを決断した。

「世論調査ではBTSの兵役免除について賛否が大きく割れており、時期によっては免除賛成派が半数に迫ることもありました。しかしジンさんの30歳の誕生日が近づくにつれて『免除は不平等だ』という声が大きくなり、本人も『最初から(兵役に)就くつもりだった』と宣言しました。『最前線への配属でも躊躇しない』という発言も飛び出していたんです」(同記者)

 本人の意志も入隊の日付も決まったが、女性の間ではいまでも「もったいない」という声は大きい。ソウル在住の20代女性はこう話す。

「個人的にそこまでファンなわけではないのですが、BTSの活動停止は韓国にとって“もったいない”と思います。韓国が『世界一クールな国』扱いされることなんてこれまでなかったですよね。スポーツ選手が競技力低下の可能性があるということで兵役を免除されているのなら、芸能グループだって同じように歌やダンスの能力が落ちるかも知れない。何より、アイドルの人気は一度落ちたら元には戻りづらい。BIGBANGなど多くのグループが兵役後に再始動していますが、最盛期の人気は取り返せていませんし」

 一方で男性は「ビルボードで1位を取るのはオリンピックでメダルを取るより難しいんじゃ?」という声もあるものの「行って当たり前」という意見が大半を占めるようだ。「今の政権は保守政権ということもあり、例外を認めたら支持率低下につながる」という事情もあったという。

「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンは視力を理由に、「あなたがチュキだから」で人気になったチャン・ドンゴンは胸の病気を理由に兵役を免除になっている。しかし「免除の理由がどこまで本当なのか分からない」(前出の20代女性)と、冷たい視線を向ける国民も多い。

 こういった世論を受けてか、BTSメンバーは兵役に就くことを決断。兵役の辛さは、配属先によって全く異なるという。

「芸能人は軍隊で『いじめ』の対象になることも多く、以前は芸能の専門部隊に入ったり、警察勤務で兵役の代替をしたりと特別扱いを受ける人もいました。しかしRainさんのケースなど問題行動があいつぎ、最近はあからさまな優遇はできない状況になっています」(前出の国際部記者)

 当のジンさんはというと、北朝鮮との軍事境界線に近い京畿道にある陸軍師団新兵教育隊に入隊し、5週間の訓練を受けた後に最前線部隊へ配属される予定だという。兵役中の生活について、実際に兵役を体験した韓国人男性に話を聞くことができた。

「最初の新兵教育期間は外部に連絡するのは一切禁止でしたが、部隊に配属されてからは電話が使えるようになります。最近はさらにルールが緩和されているようです。私が配属された空軍では毎朝6時前に朝礼が行われ、射撃や戦闘の訓練をしてから部署ごとの業務をします。私の場合はコンピューターのシステム管理や、航空機の整備、機内用品や制服部品の発注などでした。片付けや掃除も含めて18時には訓練が終わり、それから食事をとって売店で買ったタバコで一服しているとあっという間に就寝時間の21時という流れでした」(35歳男性)

 兵役では生活が一変することからうつ病を発症したり、精神に不調を来す人も少なくない。いったいどのような訓練をしているのだろうか。

 「何の意味があるのだろう? と疑問に思う訓練も正直ありました。寒い国境警備に耐えられるよう、雪山に登ったり冷水を浴びる訓練がありました。震えていたり、寒いなんて言葉を上官に聞かれたりすると、罰としてスクワット3000回。しかし、雪山を登って帰ってきた人に冷水をかけるのが本当に訓練なんでしょうか……。雪山で犬を捜索する訓練もありましたが、単に上司のミスで逃走した犬を探させられただけだったように思います」(同前)

 爆発物や化学薬品を扱うなど危険な訓練の実例は多くでてきた。韓国人男性にとって「訓練のキツさ」は鉄板ネタでもある。それ以上に深刻なのが、人生の選択が詰まった20代に約2年間の空白が生まれることによる「キャリアへのダメージ」だという。

「大学を休学して兵役へ行くか、卒業してから行く人が多いのですが、どうしても社会に出るのは遅くなります。特にエリート層は大学院へ進んだり海外留学をするケースも多いので、兵役を終えて働きはじめた時には30前後という人も多い。男性が軍隊でいじめられている間もスムーズにキャリアを積める女性が羨ましいです。女性にも兵役があるべきだと思いませんか?」(30代男性)

「学生時代に好きだった女性にアプローチするタイミングを逃して、兵役が終わったらすでに別の人と結婚していた時は落ち込みました。交際相手のいた友人も入隊後に浮気されていましたし。韓国では晩婚化が深刻で30代は半分が未婚という統計もありますが、2年間も空白があれば当然ですよね」(別の30代男性)

 一方で、肯定的に兵役の存在を捉える人も意外に多い。

「ヤンキーが軍隊で更生するんですよね。あとは訓練で筋トレに目覚めるので太った人が減り、ストイックなマッチョも多くなる。韓国人男性が日本人女性にも人気なのは、兵役があるからと言えるかもしれませんね(笑)」(同同)

 しかし11月2日には北朝鮮が短距離弾道ミサイル複数発射し、うち1発は海上の境界線を越えて落下したため、数時間後に韓国軍戦闘機がミサイルを打ち返すという前代未聞の事態も起きている。韓国は北朝鮮との朝鮮戦争がいまも「休戦中」でしかなく、兵役制度への不満は多いものの、廃止についての現実的な議論にはなっていない。

「ジンさんが本当に最前線に配属されれば、その地域の情勢にファンは敏感になる。BTSは『防弾少年団』の略で、防弾チョッキのロゴマークを使用している時もあった。社会の偏見から自分たち若者の音楽や価値観を守るという意味でしたが、ジンさんが本当に弾を受ける事態は誰も望んでいないはずです」(前出の国際部記者)

 韓国成人男性が青春を犠牲にし、BTSの活動を休止させる兵役がなくなる日は来るのだろうか。

「野うさぎの親子が現れた時、気づいたら銃を乱射していて…」韓国軍内銃乱射事件で地獄を見た兵士が語る「兵役」と「いじめ」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?