「本物を目にしたとき、手が震えた」 幻の神品「五馬図」はここが凄い

「本物を目にしたとき、手が震えた」 幻の神品「五馬図」はここが凄い

『李公麟「五馬図」』(板倉聖哲編)

「本物を目にしたとき、手が震え、汗が一瞬にして吹き出てくるのを感じました」

 これまで多くの名作に触れてきた中国絵画研究の第一人者、板倉聖哲さんはそのときの衝撃をこう振り返る。

 北宋時代を代表する画家、李公麟(りこうりん/1049?〜1106)の「五馬図」。清王朝終焉の混乱期に日本へ渡り、昭和3(1928)年、昭和天皇御即位大礼の祝賀記念展覧会で公開され重要美術品に指定された。しかし、それ以降は表舞台から姿を消す。世界中が「幻の神品」の在処を探しながら、約80年もの間、その行方は杳として知れなかった。

 昨年、クリスティーズのオークションで宋代に蘇軾(そしょく)が描いた水墨画が約68億円で落札されたが、この「五馬図」は「値段がつけられないほど貴重なもの」だという。

「現在、中国絵画の最高傑作といわれている作品でも、当時の評価は決して高いものではありませんでした。しかし、『五馬図』は南宋内府に所蔵され、元時代の文人たちの憧憬の的となり、清の乾隆帝に愛蔵されてきました。つまり、歴代王朝において、常に神品として君臨し続けてきた王道の作品なのです」

 現在は東京国立博物館に所蔵され、顔真卿(がんしんけい)展で公開されたが、『李公麟「五馬図」』として原寸オールカラーで羽鳥書店より3月に画集が刊行される。解説を担当した板倉さんをはじめ、撮影・デザインも日本最高峰の顔触れを揃えた。その色鮮やかさ、筆の流麗さには思わず息を呑む。

■「肉だけでなく骨まで描く」

「『五馬図』は、これまでモノクロのコロタイプ版しか残されていなかったのですが、奇跡的な保存状態で再び世に姿を現しました。従来の北宋絵画の理解を超えた作品であり、『五馬図』の登場により、これまでの研究は塗り替えられていくことになるでしょう」

 描かれている馬は、北宋の宮廷に西域から献上されたもの。李公麟が描いた馬が魂を吸い取られ、直後に死んでしまったという伝説も残っているほど、当時からその技術は畏怖の対象だった。蘇軾は「肉だけでなく骨まで描く」と李公麟を評している。

「馬は常に人と近いところにいました。それと同時に、飛馬、天馬といったペガサスのような想像上の空翔ける生き物につながる存在でもあります。李公麟は文人官僚でしたが、馬ばかりを描いていたため、禅僧にたしなめられ、仏画に専心するようになります。馬と観音というと、かけ離れたもののようにも思えますが、『五馬図』の馬の筆遣いを見ると、どちらもヌードに近い曲線で構成されているという共通点を感じますね」

 書家の家に生まれ、幼い頃から本物の芸術作品に触れてきた板倉さんもかつてない昂揚感に襲われた「五馬図」の全貌が明らかになる一冊だ。

いたくらまさあき/1965年千葉県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科美術史学専攻、博士後期課程中退。研究領域は中国を中心とした東アジア絵画史。著書に『故宮博物院 第四巻 明の絵画』(日本放送出版協会)『台北 國立故宮博物院を極める』(新潮社)など編・著書多数。

INFORMATION

板倉聖哲編『李公麟「五馬図」』(羽鳥書店) 
原寸、縮尺全図、拡大部分図と板倉さんの論文、中国語対訳、英文サマリー付。
A3判 28000円+税
http://www.hatorishoten.co.jp/items/16738019

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年3月7日号)

関連記事(外部サイト)