“平成生まれっぽくない”女優の木竜麻生が、5年かけてお父さんにデビューを認めてもらうまで

木竜麻生が女優を目指すまでを語る 木竜家の家訓「1回始めたことを途中でやめない」

記事まとめ

  • 木竜麻生が上京したばかりの学生時代や、女優を目指すまでをインタビューで語った
  • 木竜は「好きなものや、逆にあまり好きじゃないものも、もっと知りたい」と明かす
  • 『まほろ駅前狂騒曲』で映画デビューし、『 菊とギロチン 』『 鈴木家の嘘 』など出演

“平成生まれっぽくない”女優の木竜麻生が、5年かけてお父さんにデビューを認めてもらうまで

“平成生まれっぽくない”女優の木竜麻生が、5年かけてお父さんにデビューを認めてもらうまで

木竜麻生さん、1994年生まれ

 映画『 菊とギロチン 』や『 鈴木家の嘘 』でヒロインに抜擢され、昨年は映画賞の新人賞を次々とさらっていった女優の木竜麻生(きりゅう・まい)さん(24)。落ち着いた佇まいで、どことなく平成生まれっぽくない木竜さんが「新潟の普通の女の子だった」頃から、上京したばかりの学生時代、そして女優を目指すまでを聞きました(全2回の2回目/ #1 より続く)。

■あんなにピリピリした父を見たのは、後にも先にも一回きりです

――さっき外で撮影していたときに、「むしろ寒いほうがいいくらいです」って。新潟ご出身なんですね。

木竜 そうなんです。大学進学のタイミングで、上京しました。

――上京しようとか、東京の大学に行こうと思ったきっかけはありましたか。

木竜 新潟にはあまり大学も多くないので、高校の頃にはぼんやりと「上京するのかなあ」くらいに考えていましたね。もともとは東京に行きたいという気持ちも、正直それほどなかったかもしれないです。ただ、中学校2年生、14歳の時に東京へ遊びに行った時、今の事務所から声をかけていただいて。

――そうですよね、原宿でのスカウト

木竜 クレープを食べたりして、竹下通りのあたりをぶらぶらしていたときだったと思います。一緒にいた母に名刺をくださって。当時、私は新体操部だったんですけど、父が私たちに「絶対に守らなくてはいけない」と唯一言っていたことがあって。

――木竜家の家訓でしょうか。

木竜 家訓みたいなものですよね(笑)。「1回始めたことを途中でやめない」という言葉でした。いったん中学で部活を始めたのならば、3年生の引退まではきちっとやりきりなさい、と。やめることはいつでもできるので。

――そのあと、スカウトのお話はどうなったんですか?

木竜 後日、車で5時間かけて事務所の社長が新潟の実家まであいさつに来てくださって。ただ、芸能の仕事をする事務所への警戒があったのか、あんなにピリピリした父を見たのは、後にも先にも一回きりです。

 新潟県内の高校に進学するつもりだったので、事務所に名前だけを置かせていただいて、ずっと待ってもらっていたような形だったんです。だから「東京に出るという道もあるんだ」という意識はありました。たまに東京へ行ったら事務所の方にお会いして、近況報告するくらいで。きちんとお仕事をさせていただいたのは、大学生になった19歳。スカウトから5年後です。その頃は、テレビCMや映画のお仕事でした。

■関ジャニ∞のライブに行ったり、年相応にミーハーな感じ

――初めての東京って、どんなところでしたか。

木竜 14歳の発想で東京といえば、渋谷、原宿、浅草、東京タワーみたいな(笑)。ディズニーランドが東京にないっていうのもその時知ったくらいでした。母と、新体操をやっていた幼なじみの女の子と、その子のお母さんと4人で遊びに来ていて。前日には、もともと好きだった関ジャニ∞のライブに行ったんですよ。年相応にミーハーな感じでした。

――女優になってみたいという気持ちは?

木竜 その頃、やってみたいっていう気持ちはなかったんですよね。新潟の普通の女の子だったので……。母と兄がよく映画を観る人だったから、一緒に観たり。興味はあったけど、自分が女優になるっていうことはスカウトのあともあまり想像していなかったです。

 私は3人兄弟の真ん中で、兄と弟がいます。父は宮藤官九郎さんの脚本が好きで、「池袋ウエストゲートパーク」とか「木更津キャッツアイ」などのドラマを家族でよく観ていました。夕方5時くらいの再放送ドラマもけっこう好きで、母の世代が観ていたような「きらきらひかる」「ケイゾク」を家のテレビで観ていて。

――そして2013年の春、大学生に。

木竜 大学は文学部で、国文学科に行ってました。大学1年〜2年くらいまでは、わりとまんべんなく古典や漢文も。あとは詩の授業をとったり。私、理系が本当にだめで。でも国語の授業は好きだったんですよね。教科書に載っている小説を、まだやらないんだけど先に読むのが好きでした(笑)。国語の先生とおしゃべりするのも好きでしたね。

■ふとした時に読み返すのは、散文より詩が多いかもしれない

――好きな作家や詩人はいましたか?

木竜 最初に好きになった詩人は、谷川俊太郎さんです。大学に入ってから詩集を買ったりして。それまでも知らないうちに、谷川さんが翻訳された「ピーナッツ」にふれていて、気になって。

 茨木のり子さんや室生犀星の名前はすごくよく覚えています。今でも詩は好きですし、本はまだまだ読まなきゃいけないなあ、と。大学の授業では文庫本を1冊取り上げて進めるコマがあって、その時に読んだ江戸川乱歩は面白かったですね。

――江戸川乱歩。

木竜 はい。面白いというか、かなりシュールだと思ったのは「人間椅子」。「お勢登場」もなんかこう、「この人何考えてるんだろう」って作者に対して思ったりしていましたし(笑)。「D坂の殺人事件」も。『 江戸川乱歩短篇集 』(岩波文庫)に収録されたお話はどれも印象に残っています。

――詩に惹かれるのは、どうしてでしょう。

木竜 谷川俊太郎さんの詩が好きです、という話を知人にしたら、「じゃあもしかしたら茨木のり子さんって方、好きかもよ」と言われて。たまたまその話をしたちょっと後くらいに、古本屋さんで茨木のり子さんの詩集を見つけました。「倚りかからず」と「自分の感受性くらい」を読んで、「ああ、やっぱり好きだな」と思って。ふとした時に読み返すのは、散文より詩が多いかもしれないですね。

――卒業論文は、「雑誌から生まれた造語」をテーマに書いたそうですね。

木竜 そうなんです。こんなに詩のお話をするなら、詩にすればよかったかもしれないんですけど(笑)。その時は、例えばファッション誌の中でしか使わないような言葉をあれこれ取り上げたいと思って。服やメイクのことを表現する時にだけ生まれるような言葉を書き出して、自分なりに統計を作りました。

――例えばどういう言葉ですか?

木竜 なんだろう……。「洒脱」とか。なかなか日常会話では使わない言葉を集めていましたね(笑)。

■「あまった卵焼きは夜ご飯にしよう」とか考えながら

――上京して、初めての一人暮らしでしたよね。

木竜 はい。大学生の頃は、パン屋さんでアルバイトしていました。それからカフェのホールスタッフ。高校の時にも内緒で喫茶店のホールのバイトを(笑)。もともとそんなに外食をするタイプじゃなかったので、なるべく自炊をするようにしていました。時間がある日には、がんばって大学にもお弁当を。

――それはすごい。きちんと料理していたんですね。

木竜 高校の時から、自分の分のお弁当は自分で作っていたんですよね。母の高校時代の真似っこなんですけど(笑)。母から「あとあとになって、すごく楽だったからやってみれば?」って言われて。母の横で、自分のお弁当は自分で作る。その延長という感じだったので、そんなにつらくなかったですね。「あまった卵焼きは夜ご飯にしよう」とか考えながら(笑)。なんとかやっていました。

 最近は、外でごはんも食べますけど、料理も嫌いじゃないので、作るようにしています。でも一人なので、適当ごはんですけどね。いまだに地元や実家は恋しいです。

――それでも、女優の道へ進んだのは?

木竜 原宿でスカウトされた後、実家で父が事務所の社長にこう言ったんです。「東京へ出るときに、本人にやりたい気持ちがあればお預けします」と。周りは就職活動を始めているなかで、私はそれよりも、今面白いと思っているお仕事をとことん頑張ってみたいと思いました。

――大学生で映画デビューした『まほろ駅前狂騒曲』(2014年)、初期の『アゲイン 28年目の甲子園』(2015年)、『グッドモーニングショー』(2016年)などは短いシーンの出演ですが、それぞれに木竜さんらしさがにじんでいるように思います。

木竜 ありがとうございます。ちょっとずつ経験を積んでいくなかで、「『もう限界』って思ったところからあと2つくらいは人間がんばれるかもな」って思うようになりました(笑)。

■もうちょっと暴れていこう、という気持ちがあるんです

――最近、はまっていることはありますか。

木竜 何ですかね。家族はみんな新潟なんですけど、ずーっとかわいがっている甥っ子が2人いて、犬もいて。成長の記録を送ってもらって眺めているのは、私の中でいやされる時間ですね。「次に帰省するときまで、がんばろう」って。

 あとはフィルムカメラ。祖父が趣味で写真をやっていたので、昔使っていたカメラをもらったんです。友達に、新宿にある中古のカメラ屋さんへ連れて行ってもらって、コンパクトデジタルカメラも4000円くらいで買いました。時々プリントするのが楽しいんですよね。甥っ子の写真は、プレゼントしたり。ただの趣味なんですけど、撮影で地方に行く機会があったら、散歩しながら風景や道ばたに落ちているものを撮ったり。

 そうだ、家具を買い揃えたくて、最近は家具屋さんにランプを見に行きました。照明とか家具を探すのにはまっています。ぼろぼろになったクッションを全部捨てて、断捨離しました(笑)。

――どれもこれも、楽しそうです。

木竜 ?友達があんまりいないというか、人見知りするタイプなので……。一人でも始められて、楽しめるものが多いかもしれないです(笑)。

――最後に、これからやってみたいことを教えてください。

木竜 最近、「この人の脚本が好きだな」とか「この人の語る言葉が好きだな」っていうものには、共通点があるような感じがしているんです。お仕事を続けていく中で大事にしていきたいというか、自分なりの基準のひとつになるんじゃないかなって。そういう意味では自分の好きなものや、逆にあまり好きじゃないなというもの、もっと知りたいなと思うものにふれていきたいです。

 あとは、「もうちょっと暴れていこう」という気持ちがあるんですよ。暴れるっていうとなんだか物騒ですけど(笑)。丁寧にやりながら、だけどあまり窮屈にならないように。面白そうだなと思うものをどんどん見てみたい、聞いてみたい。あまり躊躇しすぎずにやっていきたいって思っています。

( #1 より続く)

写真=榎本麻美/文藝春秋
スタイリスト=神田百実
ヘアメイク=タカダヒカル

きりゅう・まい/1994年7月1日生まれ。新潟県出身。14歳の時に原宿でスカウトされ、大学進学を機に上京。映画デビューは『まほろ駅前狂騒曲』(2014年/大森立嗣監督)。『 菊とギロチン 』(2018年/瀬々敬久監督)では花菊役で映画初主演を飾り、『 鈴木家の嘘 』(2018年/野尻克己監督)ではヒロイン・鈴木富美役を演じた。この2作品の演技が評価され、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞や、キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞など多くの新人賞を受賞している。初の写真集『 Mai 』が発売中。2019年夏に公開予定の映画『東京喰種 トーキョーグール2』への出演が決まっている。

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)