どんなときも「優勝」と言い続ける男、中日・与田剛監督の言葉を使った意識改革

どんなときも「優勝」と言い続ける男、中日・与田剛監督の言葉を使った意識改革

「有能な“広報マン”」の与田剛新監督

 いよいよペナントレースが開幕する。宣言しよう。2019年、我らが中日ドラゴンズは優勝する。優勝するに決まってる。間違いなく優勝する。優勝だァァ!

 現実逃避しているわけでも、正気を失ったわけでもない。チームの仕上がりにはたしかな手応えがある。オープン戦、最後の6連戦は3勝1敗2分で乗り切った。特に最後の楽天戦は2対7の劣勢から新キャプテン・高橋周平の3ランなどで一気に追いついた勝ちに等しい引き分けだった。今年の周平は明らかに違う。そばを食べずにうどんを待ち続けた甲斐があったものだ。

 投手陣も踏ん張っている。防御率は3.23で、なんと12球団中2位(セでは1位)! 最大の課題と言われているリリーフ陣も安定しており、守護神の鈴木博志と守護神復権を目指す田島慎二が揃って防御率0.00を記録した。与四死球も格段に減っている(12球団で4位の46個)。昨年、打率リーグ2位だった打撃陣と合体させれば、ドラゴンズがもっとも優勝に近い場所にいるチームだと誰だってわかる。文春野球のチームメイト・CBC若狭敬一アナの2度目の滝行以来、ドラゴンズは負けなしというところも見逃してはなるまい。

■ガラッと変わった中日ドラゴンズ

 評論家の順位予想は限りなく低い。んなこたぁ知っている。もはや毎年の恒例行事だ。元監督の谷繁元信さんは6位予想、山田久志さんも5位予想だった(地元番組『サンデードラゴンズ』では4位)。大本営・中日スポーツは1面で「AI予想」をぶち上げたが、結果は5位予想。何がしたかったんだろう……。

 評論家の予想なんて、あてにならないのは承知の上。そんな中でもドラゴンズを上位に予想している評論家だっている。元エースの川上憲伸さんは堂々の2位予想、レジェンドの岩瀬仁紀さんは3位予想、いぶし銀の仁村徹さんも3位予想だ。仁村さんは与田剛監督による新体制でのプラス作用を根拠として挙げていた。

 根尾フィーバーと前年から続いた松坂大輔フィーバーによる観客動員ばかりが話題になったドラゴンズの春季キャンプだが、実際に見た人のほとんどが口にするのが「非常に雰囲気が良くなった」ということだ。筆者も足を運んだが、たしかに選手たちからは非常によく声が出ていた。スポーツ報知の選手名鑑に「何かとソリが合わなかった旧首脳陣が去った今季、宴会部長の復権なくしてチームの浮上はない」と書かれてしまった大野雄大の笑顔をブルペンで何度も見た。キャンプ皆勤、御年93歳のドラゴンズ国宝、杉下茂さんも「今年は選手がハツラツとしている」とお話しされていた。

 チームの雰囲気の良さを作り出しているのは、間違いなく与田監督以下、コーチングスタッフの功績だ。与田監督は何よりコミュニケーションを重視している。監督就任直後から「チーム内でコミュニケーションを取ろう」という方針を打ち出し、コーチ陣にも浸透させた。短期間で選手との信頼関係を作り上げるためだ。

 投手陣の好調ぶりは、1軍投手コーチの阿波野秀幸、赤堀元之両コーチによる選手との密なコミュニケーションの賜物だろう。自他ともに認める優れたコミュニケーションスキルの持ち主・門倉健2軍投手コーチも「指導法に『これが正しい』という絶対の正解はない。だからこそ与田監督が言うように、コミュニケーションが大事」と語る。与田監督自身も春季キャンプではブルペンに入り、投手陣に積極的に声かけしていた。

 ドラゴンズの雰囲気が「ガラッと変わった」と評する金村義明さんは与田監督を「有能な“広報マン”」と表現している。与田監督は選手だけでなく、メディアとも積極的にコミュニケーションをとる。これは与田監督が師と仰ぐ星野仙一元監督の方法論と一緒。メディアにどんどん情報を出してチームの味方につけてしまうのだ。与田監督も星野さんもスポーツ番組のニュースキャスター経験者であり、いずれも明快な言葉を操る達人である。(名前を出すのもくやしいが)原辰徳、梨田昌孝ら、ニュースキャスター経験者は名監督が多い。

■どんなときも「優勝」と言い続けること

 与田監督はこれまでいつどんなときでも「優勝」と言い続けてきた。監督就任記者会見では「優勝、それだけを目指して戦っていきます」と語り、秋季キャンプでも選手やコーチらを前に「優勝したい。勝ちたいんだ」と訓示した。年が明けてからの球団の年賀式では「誰に何と言われようと、遠慮なく優勝の二文字を目指して戦っていきたい」と高らかに宣言。春季キャンプ最後の練習試合で巨人に手痛い逆転サヨナラ負けをくらったときも、「このままでは、とても優勝なんかできない」と優勝を引き合いに出して選手たちを叱咤した。

 開幕を3日後に控えても与田監督の姿勢は変わらない。色紙を渡されると「優勝しか書かないよ」と言ってペンを走らせた。書いた言葉はもちろん「優勝」。与田監督は今年1月に開かれた激励会で「われわれがその(優勝という)言葉、そのポジションを狙わなければ、絶対に選手たちも意識が強くなっていかないと思う」と語っていた。つまり、「優勝」という言葉で意識改革を行っているのだ。与田監督につられる形で91歳の白井文吾オーナーまでも13分間のスピーチで26回も「優勝」と口にしたらしい。熱はファンにも飛び火しており、ナゴヤドームはオープン戦から連日満員、ファンたちが集まって「優勝」と怪気炎をあげることも増えてきた。優勝だァ!

 与田監督は厳しいことも言い続けてきた。就任早々、1軍の選手には「自分が今のカープに入ったとき、レギュラーになれるのか」という問いを突きつけ、2軍が定位置になっている選手たちには「それだけ力がないことを自覚してほしい」と檄を飛ばした。インタビューでは「結果が出せないということは当然、個々の能力が低いと思う」と指摘し、複数ポジション制を提唱して「やりもせず無理と言うな」と煽り立てた。2軍からキャンプスタートした藤井淳志、平田良介、大島洋平らベテラン選手たちにも「勘違いをするなよ」と釘を刺している。ただし、突き放すようなことは絶対に言わない。与田監督のインタビュー(だいたいどれも長い)を熟読すれば、そこには丁寧なロジックの積み上げがあり、指導者と選手とのコミュニケーションによって課題を見つけ、クリアしていこうという呼びかけが必ずある。内部(選手)にはシンプルで簡潔に、外部(メディア)には長く丁寧に語るのが与田監督のコミュニケーション術だ。

 もともとドラゴンズの選手に力がないわけじゃない。岩瀬さんは「優勝できるだけのポテンシャルは十分あります。ただし、その可能性を高めるためには、選手個々の意識を変えることが絶対条件」と語っている(『ドラゴンズぴあ2019』より)。ドラゴンズ優勝に必要不可欠なのは「意識改革」なのだ。

 コミュニケーションを重視して選手の力を引き出し、「優勝」を連呼して士気を上げる。与田監督の「言葉による意識改革」は確実に進んでいる。大事なのは言い続けること。そして、それを信じ抜くこと。我々ファンは、根尾昂を引き当てた与田監督を信じてついていこう。順位も「下から二番目」なんてまっぴらだ。今年の中日ドラゴンズは絶対に優勝するのだァァァ!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/11191 でHITボタンを押してください。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)