米国の2大トレンドは「陰謀論」vs「道徳回帰」 中二病化するアメリカ人たち

米国の2大トレンドは「陰謀論」vs「道徳回帰」 中二病化するアメリカ人たち

映画『マトリックス』の一場面 ©Getty Images

 公開20周年を迎えた映画『マトリックス』がアメリカで注目を集めている。「トランプ後の世界を予言していた」とする論評も出るくらいだ。

 たとえば、劇中「隠された真実を知るための錠剤」として出てくる「レッド・ピル(Red Pill)」は、今やアンチ・リベラル界隈を中心にインターネットで動詞化している。「この世界では女性や有色人種が差別されていることになっているが、真に抑圧されているのは白人男性である」──このような“真実”に目覚めることが“Red-Pilled”と表現される、という要領だ。

 こう書くと『マトリックス』再ブームがトランプ支持者およびオルタナ右翼寄りの話に思えてくるが、そうとも言えない。『マトリックス』が「予言」とされる理由は、もっと大きな規模で起きている、テクノロジーへの不安を表現しているからなのである。

AIアルゴリズムに“心をハック”されるリスクが露見した

『マトリックス』は、自分の生きる世界に違和感を抱く主人公ネオが“真実”を知る物語だ。レッド・ピルを飲んだネオは、現実だと思っていた世界がコンピューターにつくられた仮想現実だったと知る。本当の世界では、人類がコンピューターの奴隷にされていたのである……このSF英雄譚は、2019年現在、より“真実”に近づきつつある。

「21世紀を生きるにおいて知るべき最重要事項は、われわれ人間が“ハック可能な動物”だということです」──これは『サピエンス全史』著者ユヴァル・ノア・ハラリが WIRED で放った警告だ。

 ドナルド・トランプの勝利に終わった2016年大統領選挙では、Facebookの性格診断データを用いて対象ユーザーの心を狙い撃ちにするケンブリッジ・アナリティカ社のターゲティング広告が注目を浴びた。フィルターバブル問題(*)は前々から指摘されていたが、この件により、AIアルゴリズムにかかれば人間の思想や認識は簡単に変えられてしまう可能性が露見したのだ。

こうしたAI研究では、人間の瞳孔の動き一つでささいな緊張や感情変化を読み取れるようになると言われている。ユヴァルは語る。「人間は操作されないなどと幻想にすがっていたら、あっという間に感情を操られる人形となります」──まるで『マトリックス』ではないか。

 テクノロジーを発端とした「不安」は日常に浸食している。顔認証による監視やフェイクニュースはもちろん、バーチャル・インフルエンサーがInstagramの人気者になっているような光景も「現実とシミュレーションの区別がつかない不安」を形成してゆくだろう。“現実”や“真実”といった概念が揺り動かされる今、世界は不確実性に満ちている。

*……検索エンジンやSNS上で利用者の好みに応じた情報が選択的に提示されることにより、利用者が思想的に孤立する問題

「警告:これから目撃するものは、貴方を錯乱させ、傷つけるでしょう。それは人間のダーク・サイド。 検閲官が隠してきたものですが……我々はお見せ致します。自己責任でご覧ください」(Vetements 2019年秋冬コレクションより)

 この警句は、デムナ・ヴァザリアによるファッション・ブランドVetementsのダーク・ウェブ・コレクションからの引用だ。このような、世界に隠された“真実”を暴く陰謀論チックな「レッド・ピル」的コンテンツがアメリカを中心に増えつつある。

大ヒットドラマにあらわれる、陰謀論モチーフの数々

たとえば、トランプ当選時にも話題になったNetflixの大人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』は、古典的な陰謀論のような物語だ。

?

 1980年代アメリカの田舎町に暮らす少年たちは、あやしい国立研究所から脱走してきた超能力少女と交流するなかで、現実とは別次元の「裏側の世界」があることを知る。劇中、失踪した息子を探す母親はいち早く異世界の存在に気づくが、周囲からは陰謀論に取り憑かれた狂人として扱われる。


 同じNetflix作品の『ブラックミラー:バンダースナッチ』は、「視聴者が選択肢を選んで物語が分岐するインタラクティブ映画」であることを活かし、1980年代に生きる主人公が“何者かによって行動が操られている陰謀論的な感覚”に苦しむ様を描いている。

 捉えようによっては、アメリカで「新時代ホラー」と絶賛された映画『へレディタリー/継承』も、登場人物の人生が闇の勢力に操られていた、という構図をとる「レッド・ピル」的作品と言えるかもしれない。

 これらのコンテンツは、近未来をクールに描いた90年代の『マトリックス』とは対照的に、最新技術の存在を排したノスタルジックな舞台設定を特徴とし、陰謀論モチーフにも意識的である点が目立つ。

陰謀論を信じることが、不安や恐怖への対処法に

陰謀論というもの自体、不安感情が信奉の引き金になることが 研究 でわかっている。「何者かによって操られている」と説く大袈裟なセオリーは、不安や恐怖を引き起こす問題への心理的な対処方法として機能するのだ。

 2018年、 アメリカ精神医学会の調査 において「去年より不安が増大した」と回答したアメリカ人は39%にのぼった。最も大きな不安要素は安全と健康とされており、半数以上の回答者が政治問題をストレス要因にあげている。

 現代人の抱える不安は、日常的なデジタルとSNSへのアクセス等によって、 より複雑になった とされる。ダークでノスタルジーな「レッド・ピル」カルチャーは、脅威の源である最新テクノロジーの存在をほぼ描かぬまま、現代社会の不安を映しているのではないだろうか。

 しかしながら、その一方、増大する社会不安を反証するかのように、アメリカのポップカルチャーでは「道徳回帰」の流れも起こっている。

「君も実践してごらん? 人生の大事な哲学? 周りの人を愛そう? そうすればハッピー? 誘惑に負けず? ケンカせず? 真面目にコツコツ生きよう」(映画『パディントン2』より)

「道徳回帰作品」の特徴は、ミクロでやさしい世界観、善人ばかりのキャラクター、ポジティブな楽観と利他主義、エモーショナルかつパーソナル、共感と理解の重視など。

?

「ナイスコア」とも呼ばれるこのムーブメントの代表作には、人気ドラマ『グッド・プレイス』や『ブルックリン・ナイン-ナイン』が挙げられるが、英仏共同製作映画『パディントン』シリーズや以前文春オンラインで紹介した『 テラスハウス 』など、米国にとっての国外作品も多い。

「より善き人間になるには」を指南する番組が流行

 視聴者がより善き存在になるための“テクニック”を紹介する「ナイスコア」コンテンツ人気も高まっている。たとえば、ゲイの5人組ファブ5(ファイブ)が困っている人々を助けるNetflixの人気リアリティショー『クィア・アイ』。このポジティブでやさしい番組が伝授するものは、最先端ファッションではなく「セルフケア」、自分自身を愛し慈しむ方法だ。

?

 予告編を見てみよう。「自信がない自分を捨てて好きになってあげよう」、「助けを求めてもいい」……まるでソーシャルワーカーのようなファブ5に肯定された人々は、こぞって涙していく。「自分を気遣うことのすばらしさに気づいた」と。????????

 文春オンラインでも紹介したように、破局を「成長の糧」と定義するアリアナ・グランデのヒット曲『 thank u,next 』、そして近藤麻理恵による番組『 KonMari 〜人生がときめく片づけの魔法〜 』にも「セルフケアのテクニック」を授ける側面がある。「ときめき」重視の片づけとは「安心できる場所を整えること」でもある。それゆえ、近藤にメソッドを伝授された依頼者は「これで人生の新しいスタートが切れる」と感涙するのだ。

 こうしたコンテンツは、近年テック業界を発端に注目されている「ウェルビーイング」をレッスンするポップ・カルチャーとも言えるだろう。

安寧を確保できる領域は、パーソナルな空間に

New York Times は「景気後退後のセルフケアとは挑戦」だと呈している。現代人の1日は、フルタイムの仕事やSNS上の自己演出であっという間に終わってしまう。しずかに自分を見つめて慈しむ時間は貴重になったのだ。そのため、再生するだけで癒しの時間や自己受容テクニックを与えてくれる「ウェルビーイング」なコンテンツは需要がある。

 さらには、政治経済や情報が混乱し(*)、今までの“現実”や“真実”の概念が揺らぐ『マトリックス』時代、人々が安寧を確保できる領域は、自らがコントロールできるパーソナルな空間に限られつつあるのかもしれない。

*……「ナイスコア」の名づけ親であるIndieWire のデヴィッド・エールリッヒやVoxのコンスタンス・グラディなど、「ナイスコア」ムーブメントやTV界の「道徳回帰」傾向をトランプ政権に紐付ける識者もいる

■不確実性に揺れる世界への“正”と“負”の反応

「道徳回帰」トレンドの代表作とされる映画『パディントン2』では、疲弊した観客をやさしく癒すかのように、ちいさなクマがこんな教えを説いてくれる。「あなたが親切になれば、世界はやさしくなる」

『マトリックス』的世界におけるダークサイドにライトサイド……と書くとなんだか中二病ファンタジーのようだが、陰謀論的で壮大な「闇」カルチャーにせよ、道徳的でミクロな「光」の文化にせよ、共通しているのは「不確実性に揺れる不安な世界への反応である」という点かもしれない。政治変動にAIの侵蝕──世界はどこに向かうのだろうか。

(辰巳JUNK)

関連記事(外部サイト)