「あれだけ飛ばすのは松井秀喜以来」 巨人の秘密兵器、イスラエル・モタの破壊力

「あれだけ飛ばすのは松井秀喜以来」 巨人の秘密兵器、イスラエル・モタの破壊力

3日の阪神戦で8回3失点で今季1勝目をマークしたメルセデス

 4月4日の東京ドーム。試合前に評論家の権藤博さんと話をしていたら、権藤さんならではの面白い視点で前日の試合のポイントを教えてくれた。

「あれはねえ、ベンチが止めてやらんといけないんですよ」

 こう振り返ったのは3日の阪神戦で先発した巨人のCCメルセデス投手のある行動だった。4対0とリードした7回裏の巨人の攻撃。2死から阪神投手陣の乱調につけ込み、3つの四球に岡本和真内野手の二塁打で2点を追加した。

 そのときのベンチ前での出来事である。

「4点差が6点差になって、もう『よっしゃー』って感じですよ。いきり立ったようにベンチの前で投球練習していましたから。50球近く投げたんじゃないですかね。これは危ないぞ、と思っていたんです」

 そう。2死になったのでベンチ前に出てきたメルセデスが、8回のマウンドに備えてウォーミングアップをしていたのだ。ただ、そこから四球、四球、四球で二塁打である。かなり長い時間、メルセデスはマウンドではなく、ベンチの前で投げ続けた。

「しかも軽くヒューっと投げていればいいけど、ああいうタイプのピッチャーは、そうはできない。あれじゃあ疲れますよ。あそこはベンチが『おとなしく座っとれ』と言ってやらないと」

 権藤さんが危惧したように8回のメルセデスは、途端にボールが高めに浮いて5安打を浴び3失点。完投ペースだったが、ベンチ前で完投分を投げ切って、8回で降板という憂き目にあった。

 それでも8回で113球を投げての今季初勝利。力のあるところはしっかり見せて、白星で今季の第一歩を踏み出した訳である。

■メルセデスの獲得をひと目で決めた理由

「1次テストで良くて、2次のテストではリキんでボールがあっちこっちに散らばってまったくダメでした。でも、実は1次テストで見た瞬間に獲ることは決めていたんです」

 こう振り返ったのは外国人選手の獲得を担当する大森剛国際部課長だった。

 メルセデスが日本にやってきた経緯は、すでにかなりのメディアで紹介されている。ドミニカ共和国で行なったテストで見出されて、育成契約の年俸200万円強で巨人に入団。そこから這い上がって、いまや1軍投手陣の柱の一人となった。

 ただ、なぜメルセデスだったのか?

 入団テストの試験官だった大森課長はひと目で獲得を決めた理由をこう説明する。

「中南米の投手って地肩の強さを頼って上半身で投げるタイプばかりなんです。でもメルセデスは最初に見たときに、右肩の使い方が非常に印象的でした。右肩が全然、開かないで我慢できる。これなら日本に連れていって色々なことを教えれば、勝てる投手になれると思った。ひと目、投げ方を見て決めました」

 3日の阪神戦でも球速は140キロ前後。来日当初はブルペンの投球を見て「ボールが速くない」と酷評された。ただ、テンポのいい投球スタイルと、何より右肩が開かないので真っ直ぐもカット気味に強烈に動いて曲がり、スライダーのキレも鋭い。

 オーバーではなく1軍で勝つのには、それで十分だった。

「せっかく育成で獲るなら、こぢんまりまとまった選手なんて獲る気は全くないですね。何か特別に光るものがある。一芸に秀でた選手がいないか。見ているのはそこだけです」

 大森課長は言う。

 その視点でドミニカ共和国のテストを経て育成契約したサムエル・アダメス投手やホルヘ・マルティネス外野手も支配下登録されて一軍出場を果たしている。

 そして大森課長が一押しなのが、昨年のドミニカ共和国でのテストで獲得を決めた二人の選手の一人、イスラエル・モタ外野手なのである。

■「あれだけ飛ばすのは松井秀喜以来ですよ」

 モタの一芸は規格外れの飛距離だ。

 2月の沖縄キャンプでは、フリー打撃で沖縄セルラースタジアムのバックスクリーンを直撃する特大アーチを放つと、その後の宮崎のひむかスタジアムでも場外弾を連発。2軍の公式戦開幕直後のジャイアンツ球場での打撃練習では、打球がバックスクリーン横の電光掲示板を直撃。しかも4番の名前部分を破壊するというマンガのような離れ業も見せている。ちなみにジャイアンツ球場の電光掲示板直撃弾は、阿部慎之助捕手と岡本和真内野手と巨人の4番打者を務めた2人のバッターが放った過去がある。モタがそのレジェンドたちに加わる一撃でもあったわけだ。

「とにかく日本人であれだけ飛距離を持っている打者はなかなかいないと思います。打撃練習でも、あれだけ飛ばすのは松井秀喜以来ですよ」

 実はモタは2017年のトライアウトで「まだ身体ができていなくて線が細かった」(大森課長)と1度、落選している。それからドミニカの社会人野球で野球を続けながら浪人生活を送り、トレーニングを積んで188センチ、98キロまで身体を作り上げて昨年のテストに再挑戦して入団にこぎつけた。浪人中には日本のアニメにハマって「ワンピース、ナルト、ドラゴンボール、七つの大罪……。みんな面白いしとてもいいです」とオタクぶりを披露。同時にラーメンにカレーライスなど日本の食事も大好物と日本文化に溶け込む速度も急ピッチだ。

 3月31日のロッテとの2軍戦では「7番・指名打者」で先発すると、9回には待望の公式戦初アーチとなる2ランも放っている。

「とにかくドミニカの選手はハングリー。モタも『金はいいからチャンスをくれ』と年俸ではなく成功を夢見て日本にやってきた。何か秀でた一芸がある上に、そういうハングリーさがあるからこれから(ドミニカの選手は)どんどん出てくると思います」

 大森課長は確信的にこう語り、言葉通りにメルセデスはベンチ前で必死に投げ続けてしまうのである。

■ドミニカ共和国から始まった巨人の一芸補強

 実は一芸補強は、巨人にとってドミニカ人だけの話ではないはずなのである。

 直近の巨人の黄金時代といえば2007年と2012年からそれぞれ始まった2度の3連覇の時期だった。最初の3連覇には小笠原道大内野手とアレックス・ラミレス外野手がいた。2度目の3連覇は阿部慎之助捕手の全盛期だった。

 ただ、そのときチームを下支えしていた脇役には、同じように「一芸に秀でる選手を」という方針の下に、育成枠で獲得した松本哲也外野手や山口鉄也投手という選手たちがいたのである。

 2011年にいわゆる「清武の乱」が勃発。一芸補強を掲げた清武英利元代表が去ったことで、そうした下支えの補強が途切れた。そのこともその後の低迷の隠れた一因だった、と言えるのかもしれない。

 遠くドミニカ共和国から始まった巨人の一芸補強はチームにどんな変化をもたらすのか。大型補強と同時に「育成の巨人」と言われた2000年代から2010年代前半のチーム編成を取り戻すことは、巨人ファンにとっても心からの夢であるはずだ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/11219 でHITボタンを押してください。

(鷲田 康)

関連記事(外部サイト)